水没車とは?買取してもらえるボーダーラインは?

車の中には、様々なわけありな車があります。

事故を起こした車のことを「事故車」と言いますし、特定箇所の修復を行った車のことを「修復車」といったりします。また、ローンが支払えなくなってしまった車や担保としてお金を借りた車などは、「金融車」とも言われたりします。

そんな車の一種に水没車というのがあります。

水没車

今の車は、ちょっとやそっとの雨ではびくともしないつくりとなっています。

豪雨が上から降ったとしても、エンジンが止まることも電気系統がショートすることもありません。車は上からの水には強いのですが、下からの水にはめっぽう弱いものです。

完全に車が全部水に使ってしまった場合はもちろんのこと、ちょっと深い水溜りを通ったときでさえ、エンジンが止まったり電気系統がショートしてしまう可能性があります。

ですので、水没車になってしまう可能性というのはどの車にも十分にあることなのです。

水没車とは

ところで、水没車というのはどのような車なのでしょうか。

まずは前述してあるとおり、水をかぶったことによって電気系統がショートしてしまうということです。エンジンそのものも水をかぶってしまうと、内部が破壊されている可能性が高いです。

エンジンが止まってしまうと、マフラーから排気を出すことも出来なくなってしまいますので、マフラー内部にも水が入ってしまいます。車の外側には、雨対策はしっかり出来ているのですが、内側となると話は別です。

水が入ってしまうと、腐食してしまう可能性があるのです。外側であっても、元から少しさびが出ている箇所などはそのさびが進行する可能性があります。

カーペットやシートなども水をかぶってしまいますので、しっかり干さないと匂いが出てしまいますし、かびの原因ともなってしまうのです。

水没車であることを黙っていると

水に使ってしまった車でも、しっかりと干してしまえば意外とそれが水没車であることは分からないものです。

それならば、「水没車であることを黙って買取査定に出せばいいのでは」とも考えてしまいますが、それはいけません。買取の契約書を見てみると「虚偽申告をした場合、契約の解除をすることができる」と言う条文は必ずあります。

契約の解除だけで済めばいいのですが、その水没車を業者がオークションに出品して、その場で水没車だとわかってしまうと、オークションでの価値は大幅に下がってしまいます。

買取業者はその分損をしてしまいますので、水没車のユーザーに対して損害賠償を請求する可能性もあるのです。

ただそれは、自分が水没させた場合でありまして、自分の前のユーザーが水没させたことを自分は知らないという場合ですと、また状況は変わってきます。

水没車の買取はしてもらえるのか

こうして見てみると、水没車の買取に関しては四面楚歌といった状況ですが、そんなことはありません。

どこまで水没してしまったかによって、買取してもらえる可能性も異なります。水没車を買取してもらえるボーダーラインと言えるのが、自動車のフロアーからマフラーの穴の上くらいまでの水没です。

これ以上の水没ですとまず無理でしょう。

しかし、それ以上の水没をしたからといってあきらめは禁物。

海外への輸出をしている業者であれば、買取をしてくれる可能性は十分にあります

海外では日本よりも基準が緩く、しかも日本車の人気も高いので、多少の水没であれば問題はありません。買取を大きく左右するのが、エンジンが生きているか死んでいるか。

エンジンが動くようであれば、様々なパーツの洗浄などをして再販することも十分に可能です。エンジンが死んでいれば、壊れているパーツを交換したり、エンジンを換装するほかありません。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る