実際のクルマ遍歴から本音で語るボディータイプの○と×

いざ車を購入しようとした時に、まず初めに検討するのがボディータイプの選択だと思う。国産車、外車程度の選択が先に来るかもしれないが、それにしてもボディータイプを選ばないと、あまりにも多い車種を絞り込むことはほぼ不可能だ。でもこのボディータイプにしても実際に乗ってみないとなかなかその良し悪しは見えてこないのもまた事実。

今回は筆者が実際に経てきたクルマ遍歴から、ステマなしの本音で語るボディータイプの善し悪しについて紹介していきたいと思う。

 

1BOX時代(子供時代)

筆者がまだ小学生の頃、家に初めて新車がやってきた。その名はライトエースワゴン モンタナ。この名を知る方は、相当の車通か、もしくはこの車に実際に乗っていた方に限られるであろう。(12年間で同じ車とすれ違ったのはわずかに2回だけだった)

エンジンが運転席の下にマウントされたいわゆるキャブオーバータイプで、まさかの3速ATも相まって、高速道路で100キロを超えると激しい騒音で会話もままならない有様だった。

しかしながら室内スペースは背高なデザインもあり、広々としたもので、リアの二列はフルフラットになる、車中泊にはもってこいの車だった。純正で二段ベッドが付くというトヨタにしてはぶっ飛んだ発想の車だったが、ベッドの板を走行中どこに置いておくんだという真っ当な疑問に応えることが出来ずに、全く売れずにひっそりと消えた幻のモデルだった。

今はファミリーカーとして使われることがほとんど無くなってしまったが、ハイエースなどを見ればわかるように、その室内空間の広さは、かなり美点だったりする。

 

セダン時代(独身~結婚~子供一人時代)

12年の1BOX時代を経て次にやってきたのが三菱ランサーのマニュアル車だった。1500CCのマニュアル車は1トンを切る車重もあって思いの外軽快に走った。燃費も抜群で、高速だとリッター18キロを叩き出す、財布に優しい車だった。

…とここまでは親の車で、ちょっと思い出話になってしまったが、次の三菱ギャランからは自分の車なので、ガチレビューしていきたいと思う。

1361_2

リヤスポイラーは実は後付…純正鉄チンホイールだったころ

 

三菱ギャランは3ナンバーサイズの1800CC直噴エンジンを搭載したミドルサイズセダンで、実はカーオブザイヤーも獲った車である。

結婚後二人目の子供が生まれる頃まで乗っていたが、やはりセダンは(子供のいない)夫婦が似合う車だなあと今となっては強く思う。

普段は夫婦の2人乗車であれば、後席は荷物置き場として広々と使えるし、前席は思い切りリクライニングすることも出来る。ボディー剛性に優れた形状だから、ワインディングを気持ち良く走らせることもできるし、トランクの容量も十分に感じる。

1361_3

大型家電の段ボール箱とか、意外と入らない形状…

 

たまに祖父母を乗せる時にも車高が低めなのは結構大切なポイントだ。

室内空間がラゲッジと完全に分離している分、エアコンの効きも良いし、マフラー音も若干マイルドになる。

しかし子供が生まれると、一気にセダンの不便さが際立ってくる。基本的にチャイルドシートは後席に設置することになり、当然母親も後席に座ることになる。セダンの後席は普通に腰掛ける分にはあまり狭さを感じないが、子供の世話をするとなると結構しんどい。トランクスルー車であっても、荷物の出し入れの不自由さはあんまり変わらない。

 

ステーションワゴン時代(子供2人時代)

1361_4

ステーションワゴン&ルーフボックスはキャンプ場によく似合う!?

そんなわけで、ギャランの次に乗り換えたのが、姉妹車に当たるレグナムである。フロントマスクも車内インテリアもほぼ共通の、ステーションワゴンバージョンだ。

ステーションワゴンの美点はなんといってもその積載能力の高さにある。セダンよりもリヤオーバーハングが延長され、リヤハッチがガバッと開口するので、大型の箱型荷物でも楽々入ってくれる。セダンのトランクって案外高さ方向が狭く、開口も思った以上に狭いのでベビーカーを他の荷物と一緒に積むのに結構難儀する。

セダンと決定的に違うのが、車内とラゲッジ空間が繋がっていることで、走行中にもある程度の荷物の出し入れが可能だ。

後席は可倒式で、分割して倒すことも出来る。両方倒すと大人二人でもまっすぐ寝転がれる広大なフラットな空間が出現し、車中泊も可能だ。

セダンの後席の頭上はルーフがかなり覆いかぶさってる感があるのだが、ステーションワゴンは後ろが広々している上に、ルーフもセダンよりも高めの設計になっていて、別物の開放感がある。

1361_5

1361_6

※セダンとステーションワゴン 姉妹車でも頭上空間がぜんぜん違う

1361_7

なんでも放り込める頼もしい収納力!

後ろのハッチを開ければ、そのまま腰かけることもできる。また雨が降っていてもハッチが屋根代わりになって荷物の積み下ろしにも非常に重宝する。

ルーフボックスとの相性も抜群で、車高が低めなので出し入れがしやすいし、またデザイン的にもステーションワゴンにルーフボックは似合いすぎな位なのだ。オートキャンプにはかなり使い勝手の良い組合わせだったと、ミニバンに乗っている今でも思う。

 

ミニバン時代

そんなステーションワゴンとの蜜月時代も長くは続かなかった。3人目の子供が生まれて5人家族となり、さすがのステーションワゴンでも手狭になってしまったのだ。泣く泣くかなりお気に入りだったレグナムとお別れし、新たなパートナーとして迎え入れたのが三菱グランディスである。3列目シートを備えた7人乗りミニバンで、2400ccのMIVECエンジンを搭載。可変バルブタイミング機構でミニバンで車重がやや重めにもかかわらず、難なく加速してくれるパワフルなエンジンだ。ちょっと丸みを帯びたエレガントさ重視のデザインにもかかわらず、筑波アタックでオデッセイのスポーツモデルであるアブソルートに勝利してしまったほどの走りの良さを秘めている。

筆者のグランディスはスポーツギアというSUV志向のモデルで、1.5センチ車高がノーマルより高めになっていて、僅かな差なのにちょっとしたオフロードや段差の不安が格段に少ない。

ミニバンというと、なんだか家族のための車で、パパのドライブの楽しさを犠牲にしているイメージがつきまとう。しかしコイツにはなんとスポーツモードATも備わっていて、サクサクとシフトチェンジできるし、ある程度峠を攻めても不安のないスタビリティーも確保されている。並のセダンを凌ぐドライバビリティーの持ち主だ。

エクステリアも、とても12年前に発売されたとは思えない(6年前に絶版)クオリティーを秘めていると思う。ブレーキランプはLED仕様だし、内装もいまでも先進的で、ママさん友達にも好評である。電動リアハッチが付いているこのクラスのミニバンは他にないのではないか。

3列目を収納すればステーションワゴン顔負けのラゲッジスペースも確保し、ルーフボックスを載せてもほとんどの立体駐車場をクリアする絶妙な車高。

ミニバンはなんとなく食わず嫌いだったけれど、そんな価値観をひっくり返してくれるほどの魅力をもったグランディスをオススメしたいけど、もう売ってません(笑)

 

理想のボディータイプを求めて三千里…

1361_8

※ミニバン時代の夜明けを導いた旧エルグランド…

ボディータイプの違いは、相当に使い勝手に影響するというのが乗ってみた偽らざる実感である。今の家族構成でミニバンやステーションワゴンに戻ることは出来ないし、この先子供が大きくなったら、ミニバンじゃ大きすぎるってことにもなりそうだ。

セダンもステーションワゴンもミニバンも、その時々ではそれぞれ、かなり気に入っていてずっと乗りたいと思っていた。

しかしながら全てを持ち合わせた車は存在しないので、柔軟に乗り換えて行くのもやっぱり必要だなあと思う今日このごろである。(次はD5のハイブリッド出ないかなあ…)

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る