金融車とは?買取してもらうための方法と必要な書類

買取される車には、様々な事情を抱えたまま買取される車も存在します。

「金融車」もそのひとつです。

金融車とは何か

そもそも、金融車というのは何なのでしょうか。

金融車には大きく分けて2つの成り立ちがあります。

まずは、自動車ローンを支払えなくなった場合です。

新車を購入するとき、多くの方は現金一括払いではなくローンを組んで自動車を購入することでしょう。

実は車の場合、ローンを組んでローンを返済している間は、その人の所有物ではありません。その車の所有権はあくまでも、ローンを提供しているローン会社ということになります。

ローンを完済すれば、晴れてその車の所有権は本人のものとなりますが、ローンの返済が滞ってしまった場合にはどうすればいいのでしょうか?

その場合には、担保としてその車がローン会社によって差し押さえられてしまいます。

もうひとつは、車を担保にお金を借りた場合です。

ごく一部ではありますが、自動車を担保にしてお金を貸してくれる業者と言うのも存在します。

そんな業者からお金を借りたはいいが、返済できないとなってしまったならば、やはりその車も差し押さえられてしまいます。

成り立ちは2つありますが、どちらも借金のカタに差し押さえられてしまったと言う点では違いがありません。こういった車のことを「金融車」というのです。

金融車を売りたい

ローンを提供した会社も、車を差し押さえたからと言ってそれで借金が完全にチャラとなるわけではありません。

最終的にはローン会社も損をしているケースが少なくありません。

そんな場合、そのローン会社はどうするのかと言えば、その車を現金化するという作業をすることがあります

それはすなわち、金融車を売却すると言うことです。

しかし、車を差し押さえたからと言ってもローンの残債が完全になくなっているわけではありません。

残債が残っているケースがほとんどですが、通常はローンの残債がある車を買取することはできません。

ただしそれは、あくまでもローン会社と契約をして車を購入したユーザーが売主の場合です。

前述したように、その場合ローンを提供しているローン会社が所有権を保有していますので、ローン会社の承諾が必要となります。

そしてそのようなケースでは、まずローン会社は承諾することはありません。

一方で、買取を希望するのがローン会社自身であれば、話は別です。あくまでも所有権はローン会社にありますので、いちいちユーザーにお伺いを立てる必要もありません。

こちらのケースであれば、金融車の買取はスムーズに進みます。

金融車の買取をしてもらうためには

では、そんな金融車を買取してもらうためにはどんなことを気をつければいいのでしょうか。

まずは必要書類です

車検証やリサイクル券、自賠責保険の証書が必要となります。

車に装備されている品物や納税証明書もあれば提出をしておきましょう。

そして他に必要なものと言えば、使用者の印鑑証明書に実印、委任状などです。

この場合の使用者と言うのは、ローン会社のことではなくローン会社からお金を借りた一般ユーザーのことです。

金融車に需要はあるのか

そんな金融車ですが、買取ったからと言って人気があるものなのでしょうか。

金融車の場合、すぐには名義変更できないと言うデメリットがありますが、その分だけ相場よりも安い価格で販売されています。格安だからと言って、事故車だったりと言うことはありませんで、車の性能としては全く問題がありません。

どれくらい格安なのかと言うと、通常の7割から半額と言う安さです。ただし、金融車を買う際には十分にリスクを承知の上購入するようにしましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る