車を買取ではなく部品取りする方法 人気のあるパーツは?

「自分の車は10年以上も乗っているし、走行距離も100000キロメートルを越えているので、なかなか買取業者に持ち込んでも値段がつかない」とお悩みの方はいらっしゃいませんか。

そんな車を持っている方は廃車にすることを検討するでしょうが、廃車にするにはまだまだ早いです。低年式の車であっても多走行車であっても、事故車であっても水没車であっても、まだまだ活躍の場はあるのです。

そんな活躍の場として「部品取り」があります。

部品取りができる車とは?

これは、車そのものとしては価値がないが、部品の塊としてみた場合に価値を見出せることができる車のことです。

インターネットオークションなどを見ていますと、部品取り車は多く出品されていますし、実際に入札されているものもあります。

部品取り車を出品しているのは主に解体業者であり、ユーザーから買取った廃車を部品取りとして出品しているのです。

しかも、部品取り車の中にはかなり貴重なパーツもありますので、貴重なパーツを持つ車であれば予想外に高く買取ってくれる場合もあります。

では、部品取りとして人気のあるパーツはどんなものなのでしょうか。

エンジン

車の心臓部として大活躍してくれるのが、エンジンです。

エンジンが壊れてしまっては車を走らせることは出来ませんので、部品取りとしてもエンジンは大人気となっております。事故車であってもエンジンに問題がないようでしたら、場合によっては高値で買取ってくれます。

特に人気の高いエンジンと言えば、やはり「旧車」と呼ばれる車でしょう。

クラシックカーと呼ばれる車たちは、その存在自体がもはやカッコいいものです。性能などは正直二の次といったこともあります。

旧車の場合には、あちこちに問題を抱えている車も多く、特にエンジン部分はいかんともしがたいものがあります。そういった場合、エンジンを丸ごと取り替える「換装」を行うのですが、換装用のエンジンとして部品取りが人気なのです。

スポーツカーの場合には、エンジンのチューンナップ用として部品取りが使われるケースが多いです。

足回り

エンジンの次に、部品取りの需要が多いのが足回りでしょう。

エンジンを心臓と例えるのであれば、足回りは文字通り車の手足です。いくら心臓が動いていても、手足が動かないようでしたら満足な動きは期待できません 。

足回りの部品取りの需要が高いのが、まずは海外輸出用の部品です。日本とは異なり、海外ではまだまだアスファルト舗装されていない車が多いものです。

砂利道や石の転がる道を走ったり、あるいは海の近くなどを走行しますと、物理的ダメージや塩のダメージなどで足回りが故障しかねません。そんなとき、日本から足回りの部品を購入しておけばまだまだ使えると言うわけです。

特に日本車の場合、エンジンは丈夫といわれていますので、足回りさえしっかりしておけばかなり長期間乗ることができます。

アクセサリー

車のアクセサリーパーツの中には、あとから購入できないものが少なくはありません。

同じ車であっても、下位モデルと上位モデルでは使われているアクセサリーパーツが異なったりします。下位モデルの車を持っている人が、上位モデルのパーツをつけたいと言う場合、上位モデルの車の部品取り車からアクセサリーを購入して付け替えるということが、よく行われています。

特定の業界の車

タクシー業界などでは、同じ車を多くの台数保有していることが多く、そんな車がトラブルになったときに備えて、まだ乗れる車を廃車にして部品取りとしている例もあります。

もちろん、部品取りとして自社に在庫がない車に関しては、解体業者から部品を調達すると言うこともあります。このように、車そのものでは価値を見出しにくい車であっても、部品取り車であれば十分に価値があることが分かります。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る