あらかじめ下取り価格が決まっている残価設定型ローン

車を購入したり買取に出したりする際には、ほとんどの方が以下のような順番で手続きを行うことでしょう。

「車を買う」→「ローンを組む」→「ローンの支払をする」→「ローンの支払が終わる」→「買い取りをしてもらう」と言うような順番です。

ローンの支払が終わらない限り、通常は買取をしてもらうことはできません。ところが、ごく一部ではありますが必ずしもそうとはいえない商品が登場しています。

残価設定型ローン

ローンの支払が終わらない限り、通常は買取をしてもらうことはできませんが、その例外として「残価設定型ローン」があります。

最近では、ディーラーでも積極的に残価設定型ローンをプッシュしてきていますので、耳にする機会も多いことでしょう。

ではこの残価設定型ローンというのは、どのようなローンなのでしょうか?

車を購入するとき、まずはローン払いにするという点は一緒です。

通常であれば、車の購入代金が300万円であれば、その300万円全額をローンで支払っていきます。

もちろん、頭金として100万円でも入れておけば、ローンでの支払いは200万円となります。

一方で残価設定型ローンの場合には、あらかじめ数年後の下取り価格を設定しておきます。

例えば、数年後、購入する車を100万円で下取りしますよと言う風に約束しておけば、ローンでの支払いは下取り価格を差し引いた200万円と言うことになります。

もちろん、頭金を100万円入れておけば、さらにローンでの支払い価格は減って100万円となるわけです。

このように、残価設定型ローンにしておくと、ローンでの支払い総額が減少するというメリットがあります

ローンでの支払が終わると、乗っている車をどうするかと言うような選択に立たされることとなります。

乗っている車を手放すと言うのであれば、下取り価格が車の支払いに回されますので、これで支払は完了と言うことです。

一方で、まだその車に乗り続けたいというのであれば、残りの100万円の支払をしなければなりません。この際には、一括で支払うか再びローンを組むかの選択をすることとなります。

下取り価格の算定方法

残価設定型ローンのミソといえば、何といっても乗っている車の下取り価格です。

果たして、どのように下取り価格は決まっていくのでしょうか。

大体相場として、新車価格の4分の1から5分の1位の価格で下取り価格と言うのは算定されているようです。

また、この期間はディーラーによっても異なりますが、3年から5年と言ったところで、その期間が経過したら改めて選択を迫られることとなります。

下取り価格は、あくまでも何の問題もない状態での価格です。残価設定型ローンでは、あらかじめ基準の走行距離の上限が決められておりまして、それ以上の走行距離となってしまった場合には、1キロメートル超過ごとに数円程度差し引かれてしまいます。

内装や外装に凹みなどが見られた場合には、その分もマイナスされてしまいますし、事故など起こしてしまえば当然大きなマイナスとなります。

残価設定型ローンのメリット

残価設定型ローンのメリットと言うのは、あらかじめ下取り価格が明記されていると言うことです。

中古車相場はどう動くか分かりませんので、数年後には自分の乗っている車の買取価格が下がっているかもしれません。そういった場合でも最初の契約どおり買取ってくれますのでありがたいです。

逆に、その車に人気が出てしまった場合には、残価を一括で支払ってその車を買取業者に売ってしまったって構いません。また、ディーラーによっては残価設定型ローンにセットできるお得な商品もあります。

残価設定型にクレジットカード、さらに自動車保険をセットにすると、事故を起こしても等級が下がらず、さらに保険の支払のポイントをローン返済に充当できます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る