買取りできない車は多走行車・低年式車・事故車・水没車・本人名義でない車

世の中にある車は、その全てが買取可能というわけではありません。

中には買い取りできない車もあります。今回は買取できない車について紹介していこうと思います。

多走行車・低年式車

多走行車とは、走行距離が100000キロメートル以上の車、低年式車は10年落ち以上の車を指します。

全国的に有名な中古車買取専門店では、こういった車はなかなか買取をしてもらえません。買取ではなく引き取りならば、こういった中古車買取店でもまだ可能性はあります。しかし、売れる見込みがないこういった車については、代車として利用されます。

車検や修理の間、代わりに乗ってもらうための車のことを代車と言いますが、車検の期限内であればおおむね引き取りをしてもらえます。車検まで2年近く期限を残しているような車であれば、買取ってくれる可能性もあります。

事故車

事故車は、買取ってもらえない可能性があります。

ここで言う事故車と言うのは、車のフレームに損傷が見られ、それをそのままにしておいたりそれを修理したりした車のことを指します。

フレーム部分にダメージがある車は「修復歴」のある車として登録されます。中古車を販売するときには、修復歴の有無をしっかりと消費者に提示しなければなりません。

修復歴のある車は、買取店の中でも買い取ってくれないところが多いです。修復歴ありの車でも買取ってくれる買取店はありますが、価格は大幅に落ちることを覚悟しておいてください。

水没車

水没車の場合、電気系統やエンジンが動かないため、通常の買取店ではまず買取ってもらえません。

電気系統やエンジンを修理するとなると、多額の修理費用がかかってしまい、それに見合った中古車販売価格をつけなければいけないからです。水没車でも買取ってくれるところと言いますと、廃車にする業者くらいでしょうか。

この業者であれば、ほぼどんな車でも買取ってくれます。水没車であろうと事故車であろうと、故障車であろうと買取ってくれるでしょう。

使えるパーツだけを販売する「部品取り車」として買取をします。それすら難しい場合でも、スクラップにして鉄くずとして販売するのです。

しかし、そんなスクラップ業者であっても買取ってくれない車があります。

本人名義でない車

本人名義でない車と言うのは、もちろん中古車買取店でも買取ってもらえません。

しかし、本人名義でない車を売るというシチュエーションはあるのでしょうか。大きく分けて2つのケースが考えられます。

まずは、ローン返済中の車です。

自動車ローンを組んで返済をしている間、その車はローン会社のものとなっており、ローンを完済して初めて、本人名義となるのです。ローン返済中で転勤になり必要なくなったので売りたいという場合でも、そのままでは買取ってもらえません。

そのローンを完済するか、ローン会社にお願いをして所有権の解除をしてもらうほかありません。もう1つ、所有者本人が亡くなった場合です。

所有者が亡くなってしまい、必要なくなった車を買取業者に出そうとしても、それは売ることが出来ません。あくまでも他人が売ることになってしまいますので、この場合にはしかるべき手続きを踏まなければなりません。

まずその車を財産として相続し、相続人の名義に変更をしてから買取してもらうという手続きです。

リサイクル料金が支払われていない車

スクラップ業者の解体費用は、あらかじめ士は割れているリサイクル料金によって賄われています。

しかし、リサイクル法施行以前の車には料金支払いの義務はありませんので、リサイクル料金が支払われていない場合も。そういったケースでは、スクラップ業者でも買取ってくれません。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る