車を相続して買取してもらう方法 相続する車の売却に必要な書類は?

人から車を譲られても、それがいらないというのであれば正直って困ってしまうものです。

人から車を譲り渡された場合の対応として、もし、その車が要らないものであれば買取業者に買取ってもらうとい方法があります。しかし、車の所有者が亡くなってしまい、その車を相続する場合は話が複雑になります。

車の所有者が亡くなってしまった場合

車の所有者が亡くなってしまい、その車を相続する場合は、車の所有者が亡くなったからと言ってもその車を勝手に売ることは出来ません。

なぜならば、その車の所有者は亡くなった人になっているからです。通常車の売却などをするときには、車の所有者が直接手続きを行うか、それができない場合には代理人に委任状を書いてあげるのが一般的です。

しかし、車の所有者が亡くなっている状態では、委任状すら書いてもらうことが出来ません。

こういった場合、車を買取ってもらうにはどうすればいいのでしょうか。

相続する車の売却に必要な書類は?

車は、住宅や株式、預貯金と同じように「財産」として扱われます。

こういった財産は所有関係が明確となっており、亡くなった人の財産を譲ってもらうためには「相続」をしなければなりません。

では、車の相続をして買取をするためにはどのような書類が必要なのでしょうか。

まずは「除籍謄本」です。

除籍謄本と言うのは、車の元の所有者が亡くなったことを証明するための書類で、役場で入手できます。

次に、相続人の印鑑証明と戸籍謄本です。

この際、相続人が何人いるかによって必要となってくる書類も変わってきます。

相続人が一人しかおらず、その人が車を相続するのであればその相続人の印鑑証明だけで済みます。

相続人が複数おり、そのうちのひとりが自動車を相続する場合には、相続人全員分の戸籍謄本と印鑑証明が必要となります。

このケースでは、遺産分割協議書も必要となってきます。

さらに、全員分の委任状も必要となってきますので、忘れずに用意するようにしましょう。どの財産を誰が相続するかを明記した書類のことです。ちなみに、相続人が複数おり、遺産を共同名義で相続する場合には、遺産分割協議書は必要ありません。

以上が、亡くなった所有者の車を相続して売る際に必要な書類です。

名義変更をする

相続をしても、その車の名義人はまだ亡くなった人のものです。

車を買取してもらうためには、名義人を相続した人の名義に変更しなければなりません。名義変更をする際には、陸運支局などに行って手続きをする必要がありますが、その際にも必要な書類があります。

必要な書類

  • 車検証
  • 申請書
  • 手数料の納付書
  • 車庫証明書
  • 自動車税の申告書

なお、車庫証明書に関しては、証明書の住所と相続人の住所が同じ場合には必要ありません。名義変更をしたら、あとは通常の買取手続きです。

名義変更の注意点

名義変更の手続きは自分で行う場合はかなり面倒な。

そのため、行政書士などにお願いをするという手もあるにはありますが、その場合にもし相続人が複数いれば全員分の委任状を取り付けなければなりません。また、亡くなった人に借金があった場合はそれも相続しなければならないので、重ねて確認しておきましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る