意外に知られていない!?ランボルギーニの車は「牛」の名前が由来

ミウラ、ムルシエラゴ、アヴェンタドールなど個性的なネーミングが特徴的なランボルギーニの車たち。

これらランボルギーニの車の名前は造語などではなく実は「牛」の名前が由来となっています。(カウンタックなど一部モデルは除く)

さて今回はランボルギーニのそれぞれのモデルと、由来になった牛との関係についてご紹介していきます。

1.ランボルギーニの名を一躍轟かせた「ミウラ」

1966年発売となるV12エンジン+ミッドシップレイアウトを組んだランボルギーニ初のスーパーカーです。

“ミウラ”はまるで日本人の苗字の様ですが、これは有名なスペイン闘牛飼育家「ドン・アントニオ・ミウラ」にちなんだもの。

女性らしさも感じられる流線型の外観ですが、中身はその名に相応しく闘牛の様な荒々しさを持つ車でした。

フロントなどはよくよく見ると牛の様にも見えます。

2.ランボルギーニ・ディアブロ

一斉を風靡したスーパーカーランボルギーニ・カウンタックの後継機として1990年~2001年の間販売されていた「ディアブロ」。

ディアブロ(ディアボロ)はイタリア語で”悪魔”を意味します。

ランボルギーニの場合は、悪魔的な車という訳ではなく、悪魔と呼ばれていた伝説の闘牛ディアボロにちなんだもの。

ただランボルギーニの車の中でも特に挑発的なデザインを纏っており、重圧的なインテリア、怒涛のパワーと悪魔的な車という言葉も十分似合う車でした。

3.ランボルギーニ・ムルシエラゴ

ディアブロの後継機として2001年~2010年のランボルギーニのフラグシップを担当した「ムルシエラゴ」。

一風変わった名前ですがこれはスペイン語で”コウモリ”を意味します。

ただランボルギーニの場合は、19世紀に活躍した伝説の闘牛”ムルシエラゴ”の名前から採っています。

闘牛ムルシエラゴ自体もコウモリ的な特徴のある牛だったのかもしれません。

4.ランボルギーニ・アヴェンタドール

ムルシエラゴの後継機として2011年に発売され、現在もランボルギーニのフラグシップモデルを担当している「アヴェンタドール」。

名前はスペイン・サラゴサの闘牛場で1993年頃から活躍した同名の雄牛の名にちなんだもの。

ムルシエラゴに比べ性能もさることながらデザインのスタイリッシュさに磨きがかかり、新生代の闘牛を感じさせる一台です。

5.ランボルギーニ・ガヤルト

価格や性能を若干抑えた”ベイビーランボルギーニ”として大ヒットした「ガヤルト」。

車名は、18世紀に実在したスペインの闘牛飼育家”フランシスコ・ガヤルド”の名前から採っています。

6.ランボルギーニ・ウラカン

ガヤルトの後継機として2014年にデビューした「ウラカン」。

車名は、1879年において好戦的で無敵の戦いぶりを披露したスペインの闘牛”ウラカン”の名前から採っています。

7.ランボルギーニ・レヴェントン

2007年にムルシエラゴをベースに限定生産されたランボルギーニのスペシャルモデル「レヴェントン」。

20台限定発売、価格は1億6000万円と半コンセプトカーの様な希少モデルです。

車名は、1910年代頃に活躍していた伝説の闘牛士ホセ・サンチェス・ロドリゲスが飼っていた牛の名前”レヴェントン”から。

8.ランボルギーニ・ヴェネーノ

レヴェントンの実質後継機としてアヴェンタドールを改良してつくられた「ヴェネーノ」。

ランボルギーニ50周年を祝い製作させたモデルでもあり、近未来的なデザイン、ランボルギーニ至上最高スペック、3億6000万円3台限定発売といった特徴をもつ超スペシャルカーです。

ヴェネーノはイタリア語の直訳で”毒”を意味します。

ランボルギーニの場合は、闘牛士ホセ・サンチェス・ロドリゲスが戦った闘牛史上最も速く最強の牛の名前”ヴェネーノ”から採っています。

その名に相応しくランボルギーニきっての性能を纏うスーパーカーです。

まとめ

この様にランボルギーニの車の多くは「牛」の名前が由来になっています。

聞き慣れない単語だなと感じていた方はスッキリしてもらえたでしょうか。

今後もまだまだランボルギーニの新型が控えていますが、どういった牛の名前が使われるか注目したいところです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る