作る意味ある!?ETCカードの特徴、メリット・デメリット

ETCサービスが普及してから既に大分経ちました。

今もETCカードを利用していない方は「もう今更作っても」と思っている方も多いのではないでしょうか。

ただETCカードにはやはりメリットが多いです。ETCカードの持つ特徴やメリット・デメリットを紹介しますので、まだ作っていない方は是非ご観覧下さい。

ETCカードとは?

ETCカードを使う事で、高速道路などのETC専用レーンを通過する事ができます。

ETC車載器にETCコードを差し込む事でETCレーン上のガードが上がり通過できます。ETCレーンは通過時点で料金が電子カウントされるため料金所での支払いは不要となります。

料金は使用したETCカードで登録している口座から引き落とされます。
※なおETCカードを持っていれば、友人の車やレンタカーなど自分の車以外であってもETC車載器が付いてれば利用できます。

料金所での支払いが不要

ETCカードを利用すれば料金所での支払いが不要です。

細かく挙げると以下の様なメリットがあります。

・支払い作業の手間、時間が省ける
・ETCレーンは比較的空いているので料金所での渋滞待ちがない(時間削減はもとよりストップによる無駄な燃費も発生しない)
・現金の手持ちがなくても有料道路を利用できるので安心
・料金所での料金手渡しが難しい車(大型車や右ハンドル車)の場合便利

特に現金の手持ちが無くても利用できるという点は大きなメリットとなります。

長距離を走り料金がいくらになるか掴めない場合や、急な用事で手持ちがないけれど高速を利用したいという場合には非常に助かる存在となります。

料金が割引される

ETCカードを利用する事で有料道路の料金が割引されます。

割引サービスには以下の様なものがあります。

・平日朝夕割引・・・平日「朝:6時~9時」、「夕:17時~20時」に30~50%料金割引。主に地方の高速道路。
・休日割引・・・土日祝日は30%料金割引。主に地方の高速道路。
・深夜割引・・・毎日「午前0時~午前4時」は30%料金割引。
・その他・・・首都高ETC割引、アクアラインETC割引など特定の有料道路でも細かな割引設定がされています。

この様に豊富な割引サービスが用意されています。割引料も最低30%は当たり前でありかなりお得。

頻繁に利用する方や地方をドライブする方であれば年間数万円は安上がりになることもあります。

クレジット特典

ETCカードは一種のクレジッドカードです。

ETCカードを作ることで、「ガソリン代割引特典」、「ショッピング特典」、「マイレージ特典」など有料道路を利用しなくても様々な特典を受ける事ができます。
※特典サービスはクレジッドカード会社により異なります。

ETCカードのデメリット

ETCカードを利用するにはETC車載器が必要となります。

ETC車載器の値段が5000円~15000円となり別途装着工賃が数千円程度掛かります。

またETCカードの中には年会費が数百円程度必要になるカードもあります。(カード会社によっては年会費無料もあり)

こういったコストが掛かりますので、極端な話車も殆ど利用しない、高速も殆ど利用しないという方には無駄な出費となってしまう場合もあります。

ETCカードを作るには?

ETCカードはクレジッドカードとなりますので、カード会社にETCカードの申し込みを行い作成します。

作成時に通常のクレジッドカード同様身分証明書が必要となり、カード会社によっては審査がある場合があります。

なおETCカードには大きく2タイプがあります。

・クレジッドカード+ETCカード分離型・・・クレジッドカードとETCカードが分離しており二枚手渡されます。ETCカードの方にはクレジッド機能は付いていないため紛失などの場合リスクを抑えられます。
・クレジッドカード一体型・・・クレジッドカードにETC機能が付いているタイプです。一枚なので管理がし易いですが紛失した場合リスクは高くなります。

この様にETCカードを作る=クレジッドカードを作るとなります。

カード会社によって年会費やサービスが異なるので自分にあったカードを選びましょう。

ETC車載器を装着するには?

「ETC車載器」はカー用品店や電機量販店で販売しています。

ETC車載器の装着には、内部の配線などに手を加えたりセットアップ時に車両情報を登録する事になりますので専門知識が必要となります。販売している店舗で取り付け作業も請け負ってくれますので、基本は購入+取り付け作業を併せて依頼するのが良いでしょう。

またETCカードとETC車載器を別々に契約・購入する事もできますが、大抵のカー用品店や電機量販店ではETCカード契約~ETC車載器の販売・装着までトータルで提供していますので、

初めての方ははじめからカー用品店や電機量販店でトータルで購入する方がスムーズです。

まとめ

ETCカードにはこの様にメリットが多くあり、車載器の搭載などランニングコストは掛かるもののトータルで考えればいずれは大いに役立つカードと言えます。

高速道路を頻繁に利用する方は是非この機会に作ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る