自賠責保険の費用について

普通乗用車を持っている人は、新車購入時であれば3年後、それ以外のケースであれば2年ごとに車検を受けなければなりません。

車検を受けないと、公道で走行することが不可能となり、車検を通過していない状態で公道を走行した場合には、「無車検車走行」ということで厳しい罰則が待ち構えています。

このように、車検を受けることは自動車ユーザーの義務ともいえるわけですが、いくら義務とは言えど車検費用は自動車ユーザーにとっては悩みの種です。

自動車を持っていない人には分からないかもしれませんが、車検が迫ると「もう車検の時期か」と憂鬱になるものなのです。そんな車検費用ですが、大きく分けて2本立てとなっておりまして、法定費用と車検基本料に分かれています。

車検でかかる法定費用というのは、自賠責保険、印紙代、自動車重量税の3つです

法定費用に関しては、ディーラーで車検を受けようとガソリンスタンドで受けようと、カー用品店で車検を受けてもユーザー車検にしても金額に変わりはありません。

どこで受けても同じ法定費用がかかるということは、法定費用を削って節約しようということは出来ない、ということでもあります。

自賠責保険とは

まずは、自賠責保険について見て行きましょう。

自賠責保険というと、よく任意保険と勘違いをする人がいるのですが、それは間違いです。任意保険というのはその名のとおり、加入するしないはあくまでも任意ですので、加入しなかったところで罰則はありませんし、車検に通過できないということもありません。

ただし、自賠責保険はそうはいきません。車検を通す前提として、まずは自賠責保険の保険料を支払っていないといけないのです。

つまり、自賠責保険を支払っていなければ、車検を受けることすらできないというわけです

とはいえ、最近では自動車事故による賠償金の金額も高騰の一途となっております。自賠責保険だけではなかなかその全てをまかないきれないというケースも少なくはないため、任意保険の加入も強くおすすめしたいところです。

ただ、自賠責保険は、法定費用の中でも一番ウェイトが重い費用でありますので、当然ながらその金額は気になるところです。

自賠責保険の費用

自賠責保険の加入期間というのは、いくつかの種類に分かれており、少ないほうから12ヶ月、13ヶ月、24ヶ月、25ヶ月、36ヶ月、そして37ヶ月となっております。

車種や新車か中古車かによって、車検の有効期間が1年から3年までありまして、さらに車検は期限満了の1ヶ月前から受けることができるため、このように6種類の保険の有効期間が存在するのです。

普通乗用車の場合、12ヶ月が16350円、13ヶ月が17310円、24ヶ月が27840円、25ヶ月が28780円、36ヶ月が39120円、そして37ヶ月が40040円となります。軽自動車の場合、これよりも1000円から3000円程度安くなっています。

エリアによって自賠責保険料には差がある

自賠責保険は法定費用のため、ディーラーで受けてもガソリンスタンドで受けても差はないといいましたが、実はそれは正確ではありません。

日本のどこで車検を受けるかによって、自賠責保険には差が出てくるのです。

前述した自賠責保険料は、日本の本土用の料金であり、それ以外の地域では本土用とは別の料金設定がなされています。本土以外の地域としては、沖縄県以外の離島、沖縄本島、沖縄県の離島といった3つの区分がありますが、いずれも本土と比べると自賠責保険は安く設定されています。

半額以下とというのも珍しくはないのですが、これは離島の人は電車などがないため自動車が生活インフラとして必須という理由があります。そのため「生活必需品」は安くしようとする思惑が働いているためと思われます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る