フランス車のある日常を!ルノーの最新おすすめ車種紹介

ルノーというメーカーはご存知でしょうか。
日本では余り普及していませんが、フランス本国や欧州諸国では安定した高い人気を誇るメーカーです。
今回はそんなルノーのおすすめ車種を紹介していきます。

ルノーってどんなメーカー?

ルノーはフランスの大手自動車メーカーです。フランスの技術者ルイ・ルノーによって1899年に創業しました。

小型車を中心にヒットを続け創業間もなくしてプジョーを追い抜くまでに成長、瞬く間にフランス最大の自動車会社の地位を獲得しました。

以後はフランスだけでなく世界的にもシェアを広めていき、近年では日産自動車と業務提携を結ぶ(事実上傘下に収める)など益々勢いに乗っているメーカーです。

ラインアップは小型車中心となり国内ではそれほど普及はしていませんが、トヨタ、フォルクスワーゲンと並ぶ世界最大級の自動車メーカーの一つです。

ルノー・トゥインゴ

「トゥインゴ」はルノーが販売する中で最もコンパクトな乗用車。

サイズはAセグメントとなり、トヨタヴィッツや日産マーチなど国産コンパクトより更に一回り小さいサイズとなります。

メカズムはスマート・フォーツー/フォーフォーをベースとしておりこのサイズでは珍しいRR駆動を採用しているのも注目点。

デザインやインテリアも質も高く、小さいながら水準の高い車に仕上がっています。

※なお日本では未発売車となります。新車価格:約180万円~

ルノー・ルーテシア(クリオ)

「ルーテシア」はルノーが販売するBセグメントサイズのコンパクトカー。海外名は「ルノー・クリオ」(国内ではホンダクリオ店の名称と被るためルーテシアに)

ルノーの看板車種とも言え、フランス本国では定番となっている小型車です。戦略モデルであるため、価格以上の性能や質感を纏った車。

またデザインも所々に独特のエッジが利いたオシャレなデザインとなっており、見た目だけでも十分価値のあるコンパクトカーと言えそうです。

新車価格:約220万円~

ルノー・メガーヌ

「メガーヌ」はCセグメントサイズのコンパクトカー。
ルーテシアより更に上位のコンパクトカーとなり、サイズや性能、装備がワンランク上となっております。

デザインはまるで彫刻品の様な美しいシルエットとなっており、走行性もかなりスポーティで走りも十分楽しめる車となっています。

デザインやスポーツ性を好む方にはうってつけのコンパクトカーと言えるでしょう。4ドアセダンタイプ、スターションワゴンタイプ、クーペタイプなどバリエーションも豊富に用意されています。

新車価格:約270万円~

ルノー・キャプチャー

「キャプチャー」はルノーが販売するBセグメントサイズのSUV風コンパクトカー。

この車は日産ジュークをベースにアレンジした車種となり、デザインやエンジンをルノー独自のものに変更しています。

特にデザイン面はジュークの面影がないほど、ルノー風のスタイリッシュな風貌となっています。ジュークの素性に加えデザインに拘りたいという方にはおすすめの車種です。

新車価格:約250万円~

ルノー・コレオス

「コレオス」はルノー初となるSUVモデルです。

小型ラインアップの多いルノーの中では大型モデルとなります。

ただCセグメントサイズ、エンジンは2.5リッターエンジン(最高馬力170ps)+CVTとなりSUVとしてはサイズやパワーはやや控えめな車。

こちらもオシャレなデザインが魅力的な車となり、性能と言うよりはデザインの好みで選びたい車です。

新車価格:約380万円~

ルノー・カングー

ルノーの隠れた名車と言えるのがこの「カングー」です。

カングーは一言で言ってしまえば商用車系コンパクトカーとなりますが、商用系+個性的なデザインというのがウケ、国内でも一部に熱狂的なファンを持つ車です。

また車高が高く足回りも柔らかいサスであるにも関わらず、驚くべきほど軽快な走りをするのもこの車の魅力。実用性については見た目通り非常高い車です。

樹皮パーツが未塗装となっているZEN(ゼン)グレードを選び敢えて商用っぽさをアピールするのが人気な様です。

新車価格:約220万円~

まとめ

ルノーはこの様に小型車のラインアップが中心です。

ただその分小型車分野には高い技術を持ち、デザインもオシャレで個性的なモデルが多いのが特徴的です。国内では普及していない分より存在感をアピールできる車と言えるでしょう。

小型車、コンパクトカー選びにルノーという選択肢も加えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る