自動車買取と下取りの違い

今乗っている愛車から別の車に乗り換えたい、そんなときに今乗っている愛車はどうしたら良いでしょうか?

パっと思いつくことは「廃車」ですが、廃車にしてしまうのは非常にもったいないことです。

廃車にしてしまうと、まだまだ乗れるはずの車が鉄くずになってしまいますし、何より廃車にかかる費用を負担しなければなりません。

乗らない車にまでお金を支払うのは非常にもったいないことですので、どうせなら今まで乗ってきた愛車には「最後のご奉公」をしてもらいましょう。

買取と下取りの違いとは

最後のご奉公とは一体何かというと、愛車を買取ってもらうと言うことですが、どこに買取ってもらえばいいのでしょうか。

一般的には、買取専門店で買取ってもらうと言うのがまず頭に浮かびます。

しかし、買取専門店だけでなく、新車などを販売しているディーラーでも買取をしてもらうことができます。

ただし、ディーラーでの買取の場合、買取ではなく「下取り」方式になることが多いです

ここで疑問となってくるのが、下取りと買取の違いです。

どちらも今乗っている愛車を売りに出すことには違いありませんが、その後車をどうするかによって違ってくるのです。

下取りの場合、今乗っている愛車を売った同じ場所で新たな車を購入することが条件となります。

一方買取の場合には、必ずしも今乗っている愛車を売った同じ場所で車を購入する必要はありません。これが大きな違いといえます。

ディーラーの下取りの特徴

ディーラーの下取りは、買取専門店の買取と異なる点はまだまだあります。

それは、査定基準です。

買取専門店の買取の場合には、しっかりと車を細部にわたるまでチェックした上で、総合的な買取価格を提示します。

一方で下取りの場合には、買取ほど事細かなチェックと言うのは行いません。下取りの場合、一律で50000円や100000円で下取り、と言うケースが多いものです。

これはなぜかというと、ディーラーにとって下取りと言うのは愛車をしっかり査定するものではなく、新たに購入する車の値引きツールとして使っているのです。

つまり、今乗っている車にどんな価値があるかどうかはあまり関係がない、ということです。

ディーラー下取りに向いているのは

細な査定を行わないと言うことで、あまりディーラーで下取りをしてもらっても得をしないような印象を受けます。

しかし、愛車の種類によっては、買取よりも下取りの方が得をする場合があるのです。

それはどのようなケースかというと、愛車が古かったり走行距離があるような場合です。

一般的に、車の価値は年式と走行距離がかなりの比重を占めています。

年式でしたらやはり10年落ち以上ですと価値ががくんと落ちてきますし、走行距離ですと100000キロメートルを越えるような車はあまり高い買取金額はつきません。

しかし、下取りであれば10年落ちだろうと100000キロメートル越えだろうと一切関係がありません。

走る状態であれば、どんな状態の車であっても50000円や100000円で買い取ってくれるのですから、利用しない手はありませんね。

古いからと言ってディーラーで下取りとも限らない

それならば、「古い愛車は全部ディーラーで下取りか」と言うとそうとも限りません。

古い車の中にも、思いのほか価値がある車も結構あるのです。

日本国内でマニア的な人気を誇る車であれば、古い車であっても人気はあります。

特にクラシックな車の場合には、エンジンを換装することも珍しくはありませんので、走行距離は大した問題ではありません。さらには、日本国内だけではなく、海外でも日本車は人気があります。

特にトラック類などは、日本の中古車はかなり程度がよく大人気ですので、思いのほか高値で買い取ってくれたりします。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る