レンタアップ車の中古車は買いか

中古車が以前どのような使われ方をしていたのか、それを知ることは非常に重要です。

市場に流通している中古車の大半は自家用車ですが、それ以外の使われ方もあります。

レンタアップ車とは?

その中のひとつに「レンタアップ車」があります。

レンタアップ車とは、レンタカー会社でレンタカーとして使用された後中古車として販売されている車です。

リース契約を締結して、契約満了のために中古車として販売されるケースもあります。

レンタアップ車の整備はどう?

中古車を購入する立場からすれば、レンタアップ車の整備がどうなっているかは非常に気になるでしょう。

特にレンタカーとして使用された車は、客商売として車をレンタルしています。その車に不具合でも出れば会社の信用問題にも発展しますので、車の整備には人一倍気を使います。

それと比べるとリース車の場合には、リース期間中はユーザーの手に委ねられていますので、その間の整備がどうなっているかは正直分かりません。

レンタカーからのレンタアップ車であれば、整備は自家用車よりも良いと思って間違いありません。

よいレンタアップ車の見分け方は?

同じレンタアップ車を購入するのであれば、よりよいレンタアップ車を購入したいもの。

では、よりよいレンタアップ車はどうやって見分ければよいのでしょうか。

まずは、前のオーナーを調べましょう。

前のオーナーが大手レンタカー会社であれば、よいレンタアップ車の可能性は高いです。

というのも、大手レンタカー会社では多数のレンタカーを所有しており、酷使されるケースが少ないからです。もしそれが地方の大手レンタカー会社であれば、軽自動車よりもコンパクトカーのほうが「買い」です。

地方でレンタカー需要が高まるのは、都市部ほど公共交通機関が発達していないため。また、訪れたい観光地やショッピングスポットなどは郊外にあることも少なくありません。

となれば、地方のレンタカーは自ずと長距離ドライブが多くなります。

長距離ドライブでは高速道路を使用するケースも少なくありませんが、軽自動車のレンタカーですとエンジンへの負担が結構あります。一方ヴィッツやフィットなどのコンパクトカーであれば、時速80キロ以上の高速走行でも特に問題はありません。

地方でよりよい状態のレンタアップ車を探すなら、コンパクトカーがおすすめです。

ハイブリッドカーのレンタアップ車

最近では、ハイブリッドのレンタカーも増えてきていますが、その場合も地方のレンタアップ車のほうがよい状態の可能性が高いです。

メーカーにって差はありますが、ハイブリッドカーのモーターがアシストするのは、主に低速走行時です。前述したように、地方のレンタカー都市部のレンタカーと比べては高速走行が多いため、モーターやバッテリーにかかる負担が少ない傾向にあります。

その結果、良質なハイブリッドシステムを維持しているレンタアップ車が多いのです。

レンタアップ車の注意点

こうしてみてみると、レンタアップ車を中古車として購入するのはメリットしかないように思えますが、もちろん注意点もあります。

まず、選択肢が非常に少ないです。

レンタカーの主な車種はハイブリッドカー、軽自動車、コンパクトカー、そしてミニバンといったところです。

高級セダンやSUVの中古車をレンタアップ車から探そうとしても、それは容易ではありません。

そして、レンタルした人の素性がよく分からないという点も注意点です。レンタルをした人がたばこを吸っていれば、それは喫煙車になります。

レンタルをした人がお子さん連れでしたら、食べこぼしや車内の傷などが気になるところでしょう。

それを判断するのはなかなか難しいので、シートのすきまや臭いから判断をするのがいいでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る