ガリバーの中古車販売

「ガリバー」といえば、中古車買取の世界ではその名前を知らない人はいないほど有名な、まさに中古車買取り業界の「巨人」です。
店舗数も圧倒的に多いことから、中古車買取り実績も当然ながら業界No.1です。

ガリバーでは中古車販売も行っている

そんなガリバーですが、中古車の買取りだけではなく中古車の販売もしているのをご存知でしょうか。

ガリバーの店舗を見てみると、外のスペースに車が並んでいるのを見かけますが、これは決して買い取った車を野ざらしにしているのではなく、販売をしているのです。

ガリバーで販売されている中古車はどこから来ているのかといえば、それはもちろんガリバーで買い取った車です。ガリバーと他の中古車販売店の違いがまさにここにあります。

一般的な中古車の流れ

一般的な中古車の流れとしては、車を売りたいユーザーはまずAという中古車買取専門店などに足を運んで車を手放します。
中古車を手に入れた買取り店Aは、買取り専門店であるためにその車をユーザーに販売はしません。

しかしそのまま持っていても仕方ないので、中古車オークションBに出品します。

オークション会場Bで中古車を買い付けようとしている街の中古車販売店Cは、その車を落札して自分のお店で陳列して、その車を見た車を買いたいユーザーは、販売店Cから車を購入するのです。

ここで注目してほしいのが中間マージンで、買取り店Aがオークション会場Bに出品する際に、利益が出るように中間マージンを設定します。

オークション会場Bも、販売店Cに車を渡す際に中間マージンを取ります。

そして販売店Cがユーザーに車を売る際にも、中間マージンを上乗せして販売しているのです。

ガリバーの中古車の流れ

一方で、ガリバーで中古車販売をする際には「直販方式」が採用されています。

車を売りたいユーザーは、ガリバーA店に車を持ち込んで買い取ってもらいます。

ガリバーA店では買い取った車を点検整備をした上で、同じA店で陳列して販売をします。そして車を買いたいユーザーがガリバーA店に足を運んで、車を買うのです。

この際、買い取った車は一度もガリバーA店の手を離れることはありませんので、発生する中間マージンも1回で済みます。

他ではなかなか真似できない直販方式

ガリバーが採用している直販方式は、通常の中古車の流れと比べますと中間マージンが少ないので、ユーザーにとってはより高く売れますしより安く買うことができるわけです。

「そんなに素晴らしいシステムならば、他の業者でもやればいいのでは」と考えてしまいますが、そうも行きません。

直販方式をするためには、その店舗が「買取り」「販売」だけでなく、「点検・整備」や「展示」の機能も有していなければなりません。当初は買取の機能しかなかったガリバーも、近年ではこの4つの機能を全て有するようになってきたため、直販方式が可能となりました。

では、これを街の中古車販売店さんでやろうとするとどうなるでしょうか。

まず最初に車を仕入れなければなりませんので、「買取り」をします。

買取りをして在庫を増やし、それを販売して初めて販売店に利益が生まれます。逆に、車が売れなければ販売店は買い取った分赤字になってしまいます。

しかも、車は乗らなくても維持費や税金がかかってきますので、余計に出費が増えるもの。

その点ガリバーは、数多くの店舗網を持っており、A店で売れないような車がB店ではどうしても欲しいという場合、B店に渡すということも可能。

豊富な店舗網が在庫の融通を可能にして、買い取った車の迅速な現金化を実現させています。

ガリバーは、その圧倒的なスケールメリットを生かして、中古車の買取から販売、ひいては車検まで行うホールセールのお店となっているのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る