グッズ不要、手軽に出来る低燃費走行

車と付き合っていく上で一つのテーマと言えるのが「燃費」です。

燃費を抑えるには、低燃費の車に買い換える、低燃費グッズを買うなどの方法もありますが、そういった方法に頼らずともちょっとした工夫でも改善する事が可能です。

そこで今回はお金を掛けず燃費を抑えられる低燃費走行の方法についてご紹介していきます。

アイドリングストップ

車は走行していなくとも、エンジンを掛けて止まっている(アイドリング)だけで燃料を消費します。

この為、停止中はエンジンを切る(アイドリングストップ)事で燃費を削減できます。最近はマツダの「i-stop技術」など自動アイドリングストップ機能を持つ車もありますが、アイドリングストップはもちろん手動でも行えます。

方法は簡単で、単に停車している時はエンジンを切れば良いだけです。これで幾分かは無駄な燃料消費を抑えられます。

ただし注意したいのは交差点などの数秒の停止での手動アイドリングストップ。

車はエンジン始動時にも大きく燃料を使用するので、数秒の停止でのアイドリングストップはかえって逆効果になる場合があります。また交通の流れをせき止めてしまうこともあるので、交差点での小まめなアイドリングストップはおすすめしません。

長時間の渋滞や、駐車場で停車している際にアイドリングストップを活用する様にしましょう(自動アイドリング機能をシステムとして搭載している場合は問題ありません)。

適した速度で走行する

例えばランニングをする場合、スタートダッシュには必要以上の力が必要ですし、全力疾走を続ければ体力を大きく消耗し早く疲れを感じるかと思います。

これは人間だけではなく車も同じ事です。

0~20kmの低速での加速、また時速100km/h、150km/hと高い速度を維持する際に車は燃料を特に大きく消費します。

逆に時速50km/h程度の適度なスピードで走行すると燃料消費は安定します。

つまり、右折や左折での減速や交差点での停止を出来るだけ避け、スピードを出しすぎず適した速度で走行し続ける事で低燃費が実現できる訳です。

適した速度というのは、大抵の乗用車は時速40~60km/h前後が最も燃費が良くなる速度と言われています。

ただしスポーツカーなど一部の車種は基準が異なる場合もあるので注意が必要です。

アクセルを踏み込まない

車はアクセルを踏み込み加速力を付ければ付けるほど燃料を大きく消費します。

このためアクセルを踏み込み過ぎない事が低燃費に繋がります。

どれくらいの踏み込み具合が良いかは車種によって変わってきますが、一つの目安になるのがタコメーターに表示されているエンジン回転数です。

大抵の車は2000~3000回転程度の実用回転域が最も燃費が良くなる様に設定されていますので、2000~3000回転を目安にすると燃費効率は良くなるでしょう。

アクセルを踏み込みレッドゾーンに近づけば近づく程燃費は悪化していきます。

空気抵抗を抑える

車は見えない空気の壁を掻き分けながら走っています。

速度が上がれば上がるほど空気の壁が厚くなり、それを掻き分けるために大きな燃料を消費しています。この空気の抵抗を抑える事で燃費を抑えられます。

ではどうするかというと前方を走っている車の後方を走ること。レース競技で「スリップストリーム」とも呼ばれている方法です。

前方の車が空気を掻き分けてくれているので、単独で走るよりも少ないパワーで同等の速度が出せ、燃料消費を抑えられます。

トラックやバスなど車体が大きい車の後ろほど効果がより大きくなります。ただし余りに真後ろを走るのは危険を伴いますので、行う場合は法定車間距離を守った上で気をつけて行う様にしましょう。

軽量化する

車は軽ければ軽いほど燃費が向上します。

特にエンジンの小さい軽自動車やコンパクトの場合、数十キロの軽量化でも燃費は格段に向上します。さて軽量化というと改造の様に聞こえてしまいますが、ちょっとした工夫でも軽量化は可能です。

まずは後部座席やトランクなどにある無駄な荷物は降ろしてみましょう。タイヤチェーンなど季節物で不要なものがあればそれも降ろしてみましょう。これだけで人によってはかなりの軽量化が行えるかと思います。

次にはガソリン。ガソリンの重量もタンク容量が大きい車ほど馬鹿にならない重さとなります。

単純にガソリン1L減らせば1キロの軽量化になりますので、普段の街乗りなどであればタンクは満タンにせず5割程度に減らしておく事が低燃費に繋がり良いでしょう。

タイヤの空気圧を上げる

タイヤの空気圧も燃費に影響します。

タイヤの空気圧が低いと転がり抵抗(タイヤの動きを抑える力)が大きくなり、必要以上のパワーが必要となりより多くの燃料を消費します。また指定の空気圧に設定していても、更に空気圧を高めればより燃費が向上する場合があります。

ですので燃費を重視するのであれば、指定の空気圧より10%程多めに設定するのが良いと言われています。

なお過度に上げ過ぎると逆に燃費が悪くなったりタイヤを早く痛めますので注意しましょう。

まとめ

以上がお金を掛けず手軽に行える低燃費走行の方法です。

これを行えば大抵の車は1~2割の燃費削減に繋がるかと思います。

低燃費カーに買い換えた場合でも、燃費グッズを使用した場合であっても、この方法で更に低燃費化出来ますので是非試してみて下さい。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る