クルマってどんな種類があるの?クルマの車種タイプとその特徴について

「コンパクト」、「SUV」、「クーペ」などなど車には様々な車種タイプがあります。

車種タイプによりメリット・デメリットも変わってきますので、良い車選びをする上ではそれぞれの特徴を良く理解しておく事が大切です。

そこで、車にはどういった車種タイプがありそれぞれでどういった特徴を持っているかをご紹介していきます。

軽自動車

軽自動車は日本のみ存在する車種タイプです。

軽自動車には以下の規格が存在します。

  • 全長3.4m以下、全幅1.48m以下、全高2.0m以下
  • エンジン排気量最大660ccまで
  • 最大馬力64pまで(トルク制限はなし)
  • 最大定員4名まで

こういった規格がありますので軽自動車のデザインの自由度、パワー、サイズは限られてきます。年々改良されてきてはいるものの、出せるパワーや室内の広さには限界があるため、多人数で長距離ドライブというのには向きません。

ただしその分、優れた低燃費(ガソリン車では現在軽が最も優秀)、維持費の安さ、購入費の安さという大きなメリットを持っていますので日常の脚としてはこの上ない車でしょう。

コンパクト

コンパクトは、明確な規定はありませんが乗用車の中で小型な車を一般的にコンパクトと呼びます。

目安として以下の様な特徴があります。

  • サイズは日本で言うと5ナンバーサイズ、国際規定ではA~Cセグメント
  • 排気量は1000cc~1500cc程度
  • 車重は800kg~1200kg程度
  • 定員は4~5名

乗用車としてのパワーや乗り心地を備えつつ、軽自動車に次ぐ燃費性能や維持費、購入費の安さが魅力的となる車種です。
デメリットとしては、乗用車の中ではやはりボディが小さいので多人数の乗車には向いてないとった所でしょうか。

セダン

セダンは4ドア+ボディ後方にトランクルームを備えた車種タイプを指します。

運転する側は長距離でも疲れない、乗車する側も快適な乗り心地といったコンセプトで作られている車が多く、長距離ドライブを楽しむのにはうってつけの車種タイプです。

デメリットとしては、後方にトランクルームがある分車内空間がやや圧迫されている、年配者向けのイメージが定着しているなどが挙げられます。

ステーションワゴン

ステーションワゴンは、後部座席の後ろに荷物スペースが用意されており、その形状が箱型になっている車を指します。

セダンから派生しているタイプが多いためセダンの素性を併せ持っており、またセダン以上の荷物が積めるのが魅力です。走りの質を求めつつ荷物も沢山積みたいという方には特におすすめの車種タイプです。

セダンより車重がやや重い点がデメリットとして挙げられます。

ハッチバック

ハッチバックは、一般的には後部座席後方に荷物スペース+背面ドアを持つ車を指します。

荷物の積み込みにおいての実用性の高さとスタイリッシュなデザインが魅力と言えます。

ハッチバックは車種タイプと言うよりはボディの形状を指す様な言葉であり、コンパクトの多くはハッチバックですし、ステーションワゴンやSUVにもハッチバックとしても扱われる車種が多く存在します。

SUV

SUVの正式名称は「スポーツ・ユーティリティー・ビークル」となります。

SUVにも様々な種類がありますが、一般的には4WD駆動(一部FFもあり)で車高が高く、オンロード/オフロード兼用で開発された車種を指す場合が多いです。

かつてはRV、4WD、クロカンと扱われていた車も現在はSUVと扱われる場合が多いです。SUVはその堂々たるデザインとオンロード/オフロード両方で活躍できる走行性能が魅力です。

エンジンやタイヤが大きく維持費が掛かる点、また車高が高く運転が難しいという点がデメリットとして挙げられます。

ミニバン・1BOX

ミニバン・1BOXは3列シートが用意されており、6~8名の多人数乗車が出来る車を指します。

その中でセダンの様な乗用車に近い形状となっている車種をミニバン、箱型で車内スペースを重視している形状の車種を1BOXと分類されます。

メリットは、6~8名の多人数乗車が可能であるのと、荷物スペースも大きく荷物の運搬にも活躍してくれる点が挙げられます。

デメリットは、その形状上走行性(コーナリング性能など)に難がある、維持費が掛かるなどが挙げられます。

クーペ

クーペは2ドアでデザイン重視の形状をした車を指します。一般的にスポーツカーとも呼ばれます。

デザインや性能を追及している車種が多く、見た目や走行性に拘る方にはうってつけの車種タイプです。

デメリットとしては、実用性に難があること。車内スペースはデザインのため圧迫されており定員も2~4名となっているので多人数の乗車には向きません。また高性能の分、維持費が高く付くのも辛いところです。

ピックアップトラック

ピックアップトラックは、トラック形状(乗用スペース+荷台)の乗用車を指します。

ピックアップトラックはアメ車に多いですが、国産でも「トヨタ・ランドクルーザー70型」、「トヨタ・タコマランナー」などがこれに該当します。高い馬力や悪路走破性、そして荷台に大きな物を積めるというのが大きなメリットです。

維持費も高くボディも大きいので日常の使い勝手が悪いというのがデメリットとして挙げられます。

まとめ

現在発売されている車は、特殊な車両を除きこのいずれかの車種タイプに分類できます。

それぞれの車種タイプでメリットもデメリットもありますので、その点を理解しながら車選びを進めていくと良い車に出会えるかと思います。

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る