最新コンパクトカーピックアップ(国産車版)

「コンパクトカー」は、使い勝手の良さ、愛らしいデザイン、優れた低燃費、そしてなんといっても購入費や維持費のコストが安い事が大きなメリットです。

中でも国産コンパクトカーは高品質ながら価格をかなり抑えていますので、合理的な車選びをするのであれば特におすすめなカテゴリーとなってきます。そこで今回はそんな国産コンパクトカーの中から最新のおすすめの車種をご紹介していきます。

トヨタ・ヴィッツ

コンパクトカーブームを牽引した「トヨタ・ヴィッツ」は現行の新型で3世代目に突入。

燃費は約25km/L。新車価格:約150万円~

新型ヴィッツは先代よりもボディサイズが一回り大きくなり、1ランク上の乗用車「カローラ・アクシオ」とほぼ変われないサイズに。車内の圧迫感が大幅に改善されました。走りの面では各部の改良とボディサイズ拡大の恩恵により走行性が大幅に向上。デザイン面もスタイリッシュに引き締まり男性でも違和感なく乗りこなせる風貌になりました。

国産コンパクトの定番と言える車です。

トヨタ。アクア

「アクア」はトヨタが販売するハイブリッドタイプのコンパクトカー。

新車価格:約170万円~

プリウスの小型版とも言える車で価格は200万円を切るという価格バリューがとても高いハイブリッドカーです。

約1トンの軽量な車重に1.5リッター直4エンジン(74ps)+モーター(61ps)が組み合わされているのでパワーとしても十分以上に高いクルマ。気になる燃費性能は約37km/Lと現在販売されている乗用車の中では世界で最も良い燃費数値を記録しています。

経済性を求めるのであればこの上ないクルマでしょう。

マツダ・デミオ

「デミオ」はマツダが販売するコンパクトカー。

新車価格:約130万円~

新型デミオではマツダの「魂動(こどう)デザイン」を採用し、スタイリングが美しいコンパクトカーとなりました。

「SKYACTIV技術」も投入され、エンジン、シャーシ、サスペンションを全面改良。走行性も飛躍的に向上しています。燃費は約30km/Lと、現在発売されているガソリン車(軽自動車、ハイブリッドを除く)の中では最高値を記録。

デザイン、経済性ともにおすすめできるクルマです。

マツダ・アクセラ

「アクセラ」はマツダが販売するミドルサイズのコンパクトカー。

燃費は約20km/L。新車価格:約170万円~

こちらはCセグメント3ナンバーサイズとなり国産コンパクトの中ではやや大きめのサイズとなります。グローバル市場を視野に入れて開発されているので、サイズやデザイン、足回りの特性なども他の国産コンパクトとは一味違った味付けとなっており、やや欧州車寄りのキャラクターを持つ車です。

欧州車に近い国産コンパクトを探しているという方にはおすすめの車でしょう。

日産・マーチ

「マーチ」は日産が販売するお馴染みのコンパクトカー。

燃費は約26km/L。新車価格:約110万円~

新型では先代のタマゴ型のデザインから一転、所々にエッジの効いたスタイリッシュな形状になりました。ボディ形状の変更から見晴らしの良さや居住性も向上しています。価格も110万円台~と国産コンパクトの中でも最安値の水準に設定されているのも魅力的。

こちらも定番のおすすめのコンパクトですが、この新型から国内工場生産ではなくタイ生産となっているのがやや懸念点となります。

日産・リーフ

「リーフ」は日産が販売するコンパクトな電気自動車(EV)。動力源は108馬力を発生させるモーターのみとなります。

新車価格:約285万円~(補助金で53万円減額可能)

当初は酷評される事もありましたが年々改良が進んでおり、現在の航行距離(1回の充電で走行できる距離)は228kmまで伸びました。

1回の充電で掛かる電気コストは約300円と非常に経済的な車に。価格も発売当時は高額でしたが、現在は補助金込みで約230万円程度で購入出来る様になりました。

これまでより更に魅力的な車となったので、電気自動車が欲しいという方にはうってつけの車でしょう。

三菱・ミラージュ

「ミラージュ」は三菱が販売するコンパクトカーです。

新車価格:約110万円~

90年代まで発売されていたかつての三菱ミラージュのコンセプトを一新し、新型ミラージュは小型×低燃費×低価格を徹底重視した全く新しいタイプの市場戦略車に生まれ変わりました。

サイズは現在発売されているコンパクトカーの中でも最も小さいサイズ。ハンドリングも癖がないので運転に慣れてない方であっても扱い易い車です。燃費も約27km/Lと高い水準。

やや全体的に個性に乏しい車ではありますが、使い勝手や経済性を最重要視する方にはある意味一番の車かもしれません。

まとめ

ご紹介した以外にもまだまだ沢山の国産コンパクトカーがあります。

近年はコンパクトカーといっても、デザイン、性能、価格とも実に様々なタイプの車種が登場し、コンパクトハイブリッドやコンパクト電気自動車といった新たなカテゴリーも生まれました。種類が多くなりましたので、コンパクトカーと言えども何を最も重視するかを定めた上で選んでいくのが良いクルマ選びに繋がるかと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る