N-BOXが高く売れる理由は?買取価格相場と高価買取してもらう方法

ジリ貧だったホンダの軽自動車を一躍反転攻勢に向かわせた立役者といえば、「N-BOX」でしょう。

N-BOXはいわゆるハイトールワゴンの部類に入り、軽自動車でも売れているムーヴやワゴンRなどのトールワゴンではありません。

ライバルをタントやスペーシアのハイトールワゴンにしたことで、圧倒的な存在感を放っています。

N-BOXが新車はもちろん、買取りでも人気な理由はどこにあるのでしょうか。

エクステリアデザインがかっこいい

ライバルであるダイハツのタントやスズキのスペーシアは、同じハイトールワゴンでもファミリーをターゲットにした車作りをしています。

もちろん、タントやスペーシアにもカスタムモデルがあり、それは十分にカッコいいのですが、上級モデルゆえ手が出ないという人も。一方でN-BOXは、タントやスペーシアとは明らかにコンセプトが異なっています。

タントやスペーシアが丸っこさを強調しているのに対して、N-BOXは直線的な角張ったデザインです。

見た目はまるで工具箱のようであり、これがこれまで丸っこい軽自動車に拒否反応を示していた若い男性を取り込みました。

N-BOXには2トーンモデルもラインナップされており。これも若い男性の心をくすぐっています。

特に、ボディカラーと白の2トーンは、ミニクーパーを彷彿とさせるようなおしゃれさです。

インテリアも上質

外から見ても十分にカッコよくて満足してしまうN-BOXですが、いざ中に乗り込んでみますとさらに満足度は高まります。

インパネ中央部に、カーナビゲーションやシフトレバーなどが効率的に配置されており、操作性も十分です。スピードメーターもアナログなものをあえて使用することで、瞬間的な視認性を高める効果があります。
特にインテリアが充実しているのは、カスタムです。

ノーマルなN-BOXはアイボリーを基調としたインテリアですが、カスタムは黒とシルバーを基調にまとまっています。

インパネの樹脂感やシートの質感など、さらにグレードアップした印象。

ノーマルの状態でも視認性が良いスピードメーターですが、カスタムではさらに視認性が高まっています。

走りも快調

軽自動車というと、エンジンの排気量に660ccという制限がかかっているため、どうしても走りはよくないという印象ですね。

しかし、N-BOXは制限の範囲内で快適な走りを実現させています。ワゴンRやムーヴと比べるとボディは大きく、スライドドアの機構もあるため、どうしても車重は重くなりがちです。

昨今の軽自動車では燃費追求のあまりパワー不足に陥るケースも多いが、N-BOXの最大トルクは3600回転に抑えています。

最大トルクを抑えることで、軽自動車ならではのエンジンの爆音も軽減させられます。

これがカスタムになりますと、さらに最大トルクを2600回転に抑えています。

これはカスタムのターボエンジンのなせる業で、その性能は1.2リッターのコンパクトカーに匹敵するものなのです。

派生型も好調

ホンダのすべての軽自動車の基本となるべく誕生したN-BOXですので、その後派生型が数多く登場してきています。

N-BOXの積載性能をさらにパワーアップさせ、スロープを取り付けることでバイクや車いすの積載も楽々にしたN-BOXプラス。

N-BOXのルーフをスパッとちょん切って高さを抑えた、N-BOXスラッシュなどもあります。今後も、N-BOXをベースに商用車のバンを作ろうなどという話も持ち上がっています。

N-BOXには、ホンダの軽自動車に駆ける並々ならぬ思いが込められています。

それが、販売台数ナンバーワンを記録したことにもつながっているのです。

N-BOX高価買取を実現するために

プレミアムなコンパクトの「N-ONE」に、ワゴンRやムーヴに真っ向勝負を挑んでいる「N-WGN」などがありますが、その全てのベースとなっているのが、最初に登場した「N-BOX」です。

販売台数が伸びている→供給過剰に

N-BOXは爆発的な販売台数を見せ、一時期は日本の自動車の中で最も売れている車にも輝きました。

しかし、ほとんどのメーカーが行っているように、N-BOXでも販売台数を伸ばすからくりを行っています。

それは、車両登録だけして実際には売っていない手法です。

「未使用車」や「新古車」と呼ばれていますが、販売台数は必ずしも販売をしなければならないわけではなく、登録をすればそれが販売とみなされます。

それを使って登録だけしておくことで販売台数を伸ばしているのです。これら未使用車の存在が、N-BOXを売却しようという人に大きな影響を与えています。

未使用車は中古車市場に流れることも多く、中古車市場では人気銘柄です。

新車を購入した際の面倒な手続きが必要ないうえに、通常の中古車よりもはるかに上質だからです。

今後、未使用車が多く中古車市場に流入してくることが予想されますので、その前にN-BOXの買取を依頼した方が賢明でしょう。

派生型の存在もN-BOXに大きな影響を

N-BOXをベースとして、ホンダの軽自動車にはたくさんのN-BOXの派生型があります。

N-BOXプラス、N-BOXスラッシュ、N-ONE、N-WGN、そして今後はN-BOXのバンタイプも登場予定です。

N-BOXを買ったものの、その後のライフスタイルの変化などで、これら派生型への乗り換えを検討するユーザーも多いことでしょう。もっとたくさん荷物を積んで遊びたいのならN-BOXプラス、小さい車がいいのであればN-ONE、ほどほど荷物がつめて、ほどほどのサイズ感を求めるのであればN-WGNといった具合です。

派生型を購入すれば、その前に乗っていたN-BOXは当然中古車市場に流入します。

メーカーとしては新しい車が売れてくれればいいのでしょうが、N-BOXユーザーとしては中古車のライバルが登場するのは穏やかな気持ちではありません。

しかも今のところ、N-BOXはリセールバリューが高いので、3年の新車期間を経て最初の車検を迎えたころ、手放すケースも少なくありません。

もしN-BOXの買取を考えているならば、早めがいいでしょう。

カスタムは高価買取が期待できる

N-BOXの中でも、さらに高価買取が期待できるのがカスタムです。

カスタムはインテリアも通常よりもさらに上質感、プレミアム感を高めていますが、それだけではありません。カスタムは通常のN-BOXと心臓部分が違うのです。

通常のN-BOXがノーマルな自然吸気エンジンなのに対して、カスタムはターボエンジンを採用しています。

ターボエンジンの方が馬力も大きく、エンジンの最大トルク回転数も小さいです。

そのパワーは1.2リッターエンジンに匹敵するとまで言われていますので、660ccのエンジンから見ると倍近い性能差があります。

装飾のパーツはあとからどうにでも付け替えられますが、エンジンはあとから換装しようものならば一気に価値を下げてしまいます。

ターボエンジンは燃費が悪くなりますが、N-BOX自体はさほど燃費追求の軽自動車ではなく、むしろ走りを追求したモデルです。

通常、ターボエンジンを求める人は走りを楽しむ人が多いものですが、軽自動車のターボエンジンはエンジンパワーを高めて登坂能力を高めるメリットもあります。

実用的なターボエンジンを搭載したN-BOXカスタムは、買取市場でも大人気です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る