CX-5が高く売れる理由は?買取価格相場と高価買取してもらう方法

現在は少し落ち着きを見せてきましたが、一昔前はSUVブームでした。

SUVとは多目的車の意味で、街乗りでもオフロードでも使える車のことです。

かつてのオフロード車といえば、三菱のパジェロやトヨタのランドクルーザーなどオフロードでは力を発揮するものの、街乗りでは邪魔になってしまうような車でした。

しかし現在のSUV車は、オフロードでの十分な走行性能も兼ね備えつつ、街乗りをしていても何の違和感もなく風景に溶け込んでいます。

マツダ渾身のSUV車、「CX-5」

大きめのSUV車は、日産のエクストレイルやスバルのフォレスター、そして海外メーカーも多くの車種を販売する激戦区です。

そんな激戦区に後発のマツダが送り込んできたのは、「CX-5」でした。

現在でこそ、マツダデザインとスカイアクティブテクノロジーのパッケージはもてはやされていますが、それを最初に本格的に導入したのがCX-5だったのです。

今後のマツダの命運も左右しかねない車がSUVというのもなかなかの冒険でしたが、CX-5は予想以上の大ヒットを記録して、カーオブザイヤーも獲得しました。

やっぱり「スカイアクティブテクノロジー」

CX-5は新車でも中古車でも、そして買取でも好調をキープしていますが、その最大の理由は「スカイアクティブテクノロジー」でしょう。

マツダが社運をかけて臨んだスカイアクティブテクノロジーは、エンジンからボディ、シャシーに至るまでエコを追い求めるものでした。

これまで、スカイアクティブテクノロジーを部分的に導入する車はあっても、全ての要素を取り入れたのはCX-5が最初でした。

その核となるのはやはりエンジンで、CX-5にはガソリンエンジンとクリーンディーゼルエンジンの2種類がラインナップされています。

特に人気を集めているのが、マツダ渾身のクリーンディーゼルエンジンです。CX-5のクリーンディーゼルエンジンは、ラリーで鍛えられたインプレッサやランサーエボリューションに比肩する最大トルクを有しております。

これだけでもすごいのですが、加速を瞬時に得ることができるのが、ディーゼルらしからぬ性能の高さです。

ガソリン車にもメリットはある

販売台数の6割程度がクリーンディーゼル搭載車なのですが、もちろんガソリン車だって負けていません。

まず、ガソリンエンジンはディーゼルと比べて100キロ程度は軽くできています。

100キロも軽ければ、その分フットワークが軽くてきびきびを動く印象があります。2リッターのターボなしの自然吸気のガソリンエンジンとは思えないほどのパワーです。

最近のガソリンエンジンは、必要以上に出力を抑えたセッティングとなっていますが、CX-5のガソリンエンジンは踏んだ分だけきちんと加速してくれます。

みんなで楽しめるCX-5

CX-5には弟分ともいえるCX-3がいます。

CX-3ですと4人でロングドライブにはちょっときついかもしれませんが、CX-5ならば4人乗ってロングドライブするのも抵抗がありません。

車内はゆとりがある分取り回しに多少難はあるものの、持て余すというほどの大きさではありません。

4人乗ってラゲッジスペースにまだ荷物をたくさん積める余裕がありますし、これだけの人数と荷物が乗っても高い出力を誇るエンジンのおかげで、運転にもストレスはありません。

デミオやロードスターはインテリアに高い質感を求めていますが、CX-5はより実用性を重視しています。

外観は最近のマツダを象徴するデザインとなっており、SUVながら美しいスポーティーさも兼ね備えています。

ガソリンとディーゼル、FFと4WDというように、選択肢を豊富に取り揃えているCX-5は、楽しめるSUVです。

SCBSとSBS付きは高価買取

新車でも中古車でも、そして買取でも人気を博していますが、特に買取でより高額を目指すためにはどんなところに気を付ければいいのでしょうか。

最近、多くの自動車メーカーでは安全に関する装備を導入しています。

マツダのCX-5でも安全に関する装備をオプションで用意しているのですが、その名を「スマート・シティ・ブレーキ・サポート」(SCBS)と「スマート・ブレーキ・サポート」(SBS)といいます。

スマート・シティ・ブレーキ・サポートは「シティ」と名がつくだけあって、街乗りのスピード、つまり低速域や先行車との距離が近い運転時における安全をサポートしてくれます。

時速4キロメートルから30キロメートルの低速走行をしているときに、前方の自動車と衝突する可能性が高いと判断したときに作動します。

ドライバーがブレーキをかけていればブレーキの制動力をサポートして、ドライバーがブレーキをかけていなければ自動的にブレーキをかけてくれます。

「スマート・ブレーキ・サポート」は、スマート・シティ・ブレーキ・サポートよりも速い時速15キロメートル以上で走行したときにサポートしてくれるシステムです。SCBSでは近くを検知できる近赤外線レーザーを使っているのに対して、SBSでは遠くまで検知できるミリ波レーダーを使っています。

ドライバーが適切な車間距離をキープしていない場合には警告を鳴らし、それでも反応がなければブレーキを自動的に作動させます。

これらのシステムと「AT誤発信抑制制御」がついて、80000円弱のオプション価格で購入できるのです。

安い価格の割に2種類の検知機能を備えて、性能は十分なため、買取でも十分なアピールポイントとなるでしょう。

マイナーチェンジの影響は皆無

2012年に華々しく登場したマツダのCX-5ですが、その翌年には早くもマイナーチェンジを敢行しています。

マイナーチェンジ前のCX-5の買取価格に影響は出てくるのかが気になりますが、現時点ではその心配はさほどありません。マイナーチェンジによってその前の車が影響を受けるのは、買い替え需要が発生するからです。

買い替えによってマイナーチェンジ前の車が大量に中古車市場に流入して、買取価格を押し下げてしまいます。

しかしCX-5のマイナーチェンジはわずか1年ですので、たった1年で買い替えをする人がいるとは思えません。CX-5は、洗練されたデザインによって新たな顧客の掘り起こしに成功した車であり、その顧客とはこれまでコンパクトカーやミニバンに乗っていた人たちです。

彼らがCX-5に乗り換えるとすれば、買取価格に影響が出るのはそれまで乗っていたコンパクトカーやミニバンの方でしょう。

とはいえ、数年後になればマイナーチェンジ前のCX-5にも間違いなく影響が出てきます。

買取ポイントの高いグレードは

まずガソリンエンジンかクリーンディーゼルかですが、わざわざマツダ車に乗るのですからクリーンディーゼルを選ぶ人が多いです。

ということで、買取価格もクリーンディーゼルの方が高いことが予想され、しかも販売価格の両者の実質的な価格差はわずか200000円程度です。

次に駆動形式ですが、FF4WDでコスパが高いのはFFでしょう。

FFでもそれなりの走行性能を発揮するCX-5ですので、あえて4WDを購入する人といえば雪国の人くらいでしょう。

FFは4WDよりも軽いというメリットもありますので、買取におけるFFのコスパは高いです。買取でポイントの高いグレードは、ちょっとスポーティーなグレードの「XD」です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る