高速道路で楽々と運転する超簡単な心がけとは?

近年新東名高速に圏央道や、首都高速品川線や地方の自動車専用道路など、続々と開通し、今後も着々と整備が進んでいる高速道路網。

ETCの利用率もいよいよ9割を超え、ますます利用する機会が増えそうですね。そこで今回は高速道路をちょっとした心がけだけで楽に運転できるようになる方法をご紹介したいと思います。やるとやらないでは疲れ具合が全然違いますのでぜひ参考にしてみて下さい。

高速道路は車間距離を開けるだけですごく楽になる

highway_2

車間距離を取ると安全だけでなく、様々なメリットが…

高速道路を走っていると、時々車間距離確認の標識が出てきて、適切な車間距離の確認ができるようになっています。最初の頃は律儀に守っていても、運転に慣れてくると無意識のうちに車間が短くなってきたり、そもそも車間距離なんて気にしないという方もおおいかもしれません。

実際追い越し車線ではヒヤリとするほどの車間を詰めて走っている車を頻繁に目にします。

たまに追い越し車線をのんびり走って譲らない車もいますので、そういう時は多少はしょうがないかなあとも思いますが、当然あおり運転は規則違反でもある危険行為なのでやめるようにしたいものですね。

しかしながら追い越し車線でなくても、あおり運転でもなく、ただただ車間距離が短すぎる車も案外と多いように見受けられます。(もちろん渋滞気味だとかの理由があれば仕方ないですが)そして車間距離の短い車の特徴として頻繁にブレーキを踏むということがあります。

これはその人がせっかちな性格だとかはあまり関係がなくて、車間距離が足りないことに起因するのだと言ってよいでしょう。

なぜ車間距離が短いとブレーキの回数が増えるのか考えてみると、答えは案外と単純なことがわかります。高速道路は前方の交通状況に加えて、上り坂や下り坂にカーブと以外にうねっているため、思いの外一定の速度で走らせることが難しいのです。そのため自分の前の車も、当然無意識のうちに速度が変化していることになり、前の車が遅くなったらこちらも減速しなければなりません。

アクセルとブレーキの操作回数が激減!

highway_3

上り坂は速度が低下しやすいポイント

車間距離が開いている状態であれば、アクセルを少し戻す程度で対処できることが多く、そうしているうちに前方の車も再加速して、結局ブレーキを踏まなくても済んでしまうのです。

これに対し車間距離が短い状態だと、アクセルを戻すだけでは接近しすぎてしまうため、やむなくブレーキを踏むことになります。ブレーキを踏むと大きく速度低下してしまうので、再びアクセルを吹かすことになります。そうするとまた前の車に追いついて…の無限ループに陥ってしまうのです。

そしてこのブレーキランプの踏み過ぎは、後続車のブレーキを誘発して、渋滞の発生原因ともなってしまいます。しかも燃費は悪くなりますし、運転してて疲れますし、さらには同乗者は酔いやすくなってしまいます。

車間距離をとって、アクセルワークだけで大部分の運転をこなせるようになると、見違えるようにスムーズになることうけ合いです。

そしてこれは止まりそうなくらいのひどい渋滞の時もあてはまります。渋滞中に絶対に割り込まれまいと車間を必要以上に詰めている方がいますが、数台割り込まれないのと引き換えに失っているものは多いです。ちょっとくらい割りこまれたって、数秒しか変わらないしってゆとりの気持ちで車間を取ると、渋滞でもびっくりするほどノーブレーキでもいけちゃったりするのでぜひお試しください。

ハイビーム使っていますか?

highway_4

都市部の高速道路は夜間照明が付いていることが多いですが…

車のヘッドライトには、ハイビームとロービームがあるのはご存知だと思います。ハイビームは前方100メートルまで、ロービームは前方40メートルまで照らすことが出来るものと法で定められています。

交通量の多い街中などではハイビームでは対向車や、前方の車もバックミラーがまぶしいため、ほとんどハイビームを使う機会は無いでしょう。ロービームは別名「すれ違い用前照灯」と呼ばれていることからも、その使用法で間違いないとも言えます。

ところが高速道路ではどうでしょうか。対向車がいるからハイビームは使ってはいけないのでしょうか。その答えはNO(中央分離帯のない対面交通を除く)です。一般の高速道路には中央分離帯が設けられていて、植栽もなされていることがほとんどです。これはちょっとした正面衝突を防ぐのみならず、対向車の眩しさを緩和する役割も担っているのです。ですので、高速道路では対向車の有無にかかわらずハイビームはむしろ積極的につかうべきものなのです。

ロービームですとたったの40m先までしか照らせませんので、不意に小動物や落下物などが現れた場合、発見してから落ち着いて対処する余裕もなく大変に危険です。せっかく車間距離をとっても、前がよく見えなくてはしかたありませんね。

前を走る車のテールランプが見えていれば安心というのもあるかもしれませんが、混雑してきて車間が詰まってきた場合以外は、ハイビームに積極的に使うようにしたほうが良いでしょう。(もちろん街頭のたくさん有る都市部や、交通状況で柔軟に切り替える姿勢も大切ですが)

上を向いて運転しよう

highway_5

近くの路面や車線だけでなく遠くを見るようにしましょう

高速道路は2~3車線の区間が多いですが、運転するときにその車線を意識しすぎてしまうことってありませんか。ついつい同じ位置を走らなきゃと思って車の近くの車線ばかりを見ていると、実はかえってぎこちない蛇行運転の元となってしまうのです。

考えてみると、車庫入れの時に線に対して真っ直ぐ入れるのって思いの外難しくないですか。あれって、車の近くの線は思いのほか、正確な位置を把握し難いことを示しています。

そのため、車の近くの車線を目安に見ていても位置取りは難しく、結果としてちょこちょこハンドル操作して右に左に彷徨ってしまう結果になるのです。

その点、熟練ドライバーの方はほぼ例外なく、かなり遠くの方を見て、車の近くには必要以上に気を払いません。

遠くをみて、大雑把にそちらへ向かっていくというイメージで運転すると、自然とハンドル操作の微調整も減って、結果的にすごく安定した運転ができるようになります。

知っている方には当然のことかもしれませんが、意外とこれができていないことは多いものです。

プロの運転にあやかろう

highway_6

長距離トラックやバスは高速道路運転のプロ中のプロ!

高速道路に一番熟練しているドライバーといえば当然、長距離トラックや、高速バスのドライバーと言えるでしょう。トラックの中には納品時間が厳しいためか、飛ばす方もいらっしゃいますが、それ以外は思いのほか安定した速度で走っていることが多いものです。車間距離の話でもすこしふれましたが、高速道路で一定速度をキープするのは案外と難しいものです。

なので、調度よい速度で走っているトラックやバスを見つけたら、それをペースメーカにしてついていくとものすごく楽ちんなのです。目標が大きいせいか、普通の車よりも付いていきやすいですし、ずっと後をつけてるみたいな後ろめたさも薄いのがポイントです。

スピードメーター見てればいいじゃないかと思うかもしれませんが、案外この視線移動がおっくうで、頻繁に見るのは思った以上につかれるものなのです。

クルーズコントロール機能も、車が全然いないくらい空いているときは使えますが、そこそこ車がいる場合はトラック&バスについていく方法が断然おすすめです。

まとめ

あまりにも簡単なことで拍子抜けしてしまったかもしれませんが、案外とこれができていないドライバーも多いものです。

とくに初心者の方はこれだけでも運転レベルが大幅にアップして「運転上手くなったね」なんて褒めてもらえるかもしれませんよ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る