日産デイズが高く売れる理由は?買取価格相場と高価買取してもらう方法

現在、自動車市場の中で最も熱いジャンルといえば軽自動車です。実際に、販売台数トップ10のほとんどは、軽自動車が独占している勢いです。

そんな中、日産の軽自動車である「デイズ」が販売好調、そしてそれに伴い買取も好調だといいます。

デイズが高価買取な理由は何なのでしょうか。

日産らしいデザインを取り入れた「デイズ」

現在、自前で軽自動車を製造、販売しているメーカーは、ダイハツ、スズキ、ホンダ、三菱です。

それ以外のメーカー、トヨタや日産、マツダやスバルなどでも軽自動車を販売していますが、製造はしていません。

トヨタやスバル、マツダでは、軽自動車を製造しているメーカーから車を供給してもらい、エンブレムを付け替えて販売する「OEM供給」が主流となっています。

OEM供給を受けたメーカーは、自前で生産設備を持たなくても人気の軽自動車を販売できることから、その車種も増えてきています。

一方日産も、以前はOEM供給を軽自動車のメインにしていましたが、デイズは三菱との共同開発です。

OEM供給は製造コストがかからない分、供給先ができることといえばエンブレムの付け替えしかありませんでした。つまり、供給元の開発がうまくいかなければ、供給してもらっても売れないのです。

そこで日産では、デザインや設計の段階から三菱と共同で開発を行っています。

軽自動車のノウハウを十分に蓄積した三菱に、日産らしい上質なデザインとフレンドリーさ、これをうまいこと融合したのがデイズなのです。

あえて燃費では競わず、安全で競う

日産デイズの燃費は、30km/Lとかなりの低燃費ですが、現在の軽自動車全体からみるとさほど低燃費ではありません。

今や、コンパクトの軽自動車ならば37km/Lオーバーは当たり前で、デイズのライバルであるワゴンRでさえ、32km/Lをオーバーしています。軽自動車を選ぶポイントの一つに燃費があるのはもちろんですが、この点でデイズはライバルに後れを取っています。

にもかかわらずデイズの買取が好調なのは、燃費以外のところで競おうとしているからです。

日産には、同じく売れ行き好調なコンパクトカーであるノートなどに搭載されている「アラウンドビューモニター」があります。

アラウンドビューモニターとは、駐車の際に便利なシステムで、デイズではルームミラーにモニターを確認できるディスプレイが装備されました。取り回しのよさそうな軽自動車ですが、それでも駐車場での車庫入れに苦心する方は多いもの。

そういった方が軽自動車を手にする可能性もあることから、軽自動車では初の搭載となりました。

また、急ブレーキの際にはハザードランプが自動的に点滅する「エマージェンシーストップシグナル」に至っては、全グレードに搭載してあります。

「0.いくつ」の微妙な燃費競争よりも、搭載されているかされていないか、大きく分かれる「安全機能」、この充実にデイズは勝負してきたのです。

日産らしいデザインと気配り

デイズの武器はそれだけではなく、主に40代女性をメインターゲットにしたという車作りも好評です。

エクステリアは躍動感がありながら落ち着いたデザインにしております。インテリアには、女性に嬉しい装備が盛りだくさん。

例えば、外からの紫外線を99%もカットしてくれる「スーパーUVカット断熱グリーンガラス」を、フロントドアに採用しております。

また、タッチパネル式のオートエアコンを標準装備してあるのも大きいです。軽自動車によっては、オートエアコンが標準装備されていないものも多く、この差は大きいですね。

日産のデイズは、女性目線で作り上げられ、全体的な雰囲気やパッケージングで勝負をしているため、総合的な満足度が高いのです。

日産デイズ高価買取を実現するために

販売が好調なデイズなだけに、それを買い取ってもらおうとするならばそれなりの高価買取が期待できます。

しかし、デイズでより高価買取を実現するには、どのようなポイントがあるのでしょうか。

「ハイウェイスター」は高い

日産デイズは、最も安いものでしたら110万円を切る新車価格で販売されています。

ただし、より高価買取を目指すならば、上級グレードのほうがよいのは言うまでもありません。そして、日産デイズの上級グレードといえば「ハイウェイスター」。

ハイウェイスターは、今やかなりの日産車に設定されている上級グレードです。

ハイウェイスターとは、ベースグレードと比べてよりスポーティーさを前面に押し出しているのが特徴です。

デイズのハイウェイスターは、「X/ハイウェイスターX Vセレクション+SafetyⅡ」という名前になっています。

ハイウェイスターには、ベースグレードには搭載されていない「エマージェンシーブレーキ」と「アラウンドビューモニター」が搭載されているのが大きな特徴です。

もちろん、ベースグレードも安全装備は充実していますが、ハイウェイスターは緊急ブレーキまで自動作動してくれます。

アラウンドビューモニターも、エマージェンシーブレーキと同様に後付ができないものですので、さらにお得感が強まり、高価買取となります。

もちろん、シートなどもハイウェイスターならではのラインナップが用意されています。

「ライダー」はさらに高価買取

ハイウェイスターをさらにスポーティーに仕上げたグレードが「ライダー」です。

ライダーとハイウェイスターは、エクステリアから見てもその違いが分かります。ハイウェイスターも、フロントグリルがメッキ装飾されていますが、ライダーはそれに加えてフロントバンパー部分にまでメッキが施されています。

これだけでもかなりすごみがありますが、ライダー専用の装備はほかにもたくさんあります。バックドアにも専用のメッキが施されており、専用のフロアカーペットもディーラーオプションであります。

インテリアにもメッキが施されていて、落ち着いたブラックベースのインテリアの中で存在感が増していますね。最近ではハイウェイスター人気が高く、それに伴い中古車市場でもハイウェイスターの流通台数が増えてきました。

そうなると、ハイウェイスターの買取価格は落ち着いたものとなってしまいます。

相対的に、柳津台数のまだまだ少ない「ライダー」は、依然として高価買取を実現しており、ハイウェイスター以上のコスパの良い買取価格が期待できます。

「X」がかなり高価買取

日産デイズには、J、S、X、ハイウェイスター、ライダーの順番でグレードが上がっていきます。

この中で最も買取価格が高いのは「ライダー」なのは前述しました。ではその次は、やはり「ハイウェイスター」なのかというと、それが必ずしもそうとも限りません。

ライダーを除いて最もコスパが高いグレードは、実は「X」なのです。

Xの価格は1,254,960円なのに対して、ハイウェイスターの「X」は1,347,840円です。

デイズはもともと上質なインテリアであることが受けておりまして、ベースグレードであってもライバルから比べるとかなり上質なインテリアです。

ハイウェイスターという名前は魅力的ですが、前述したように最近ではハイウェイスターも流通台数が多く、かつてのようなプレミアはありません。

Xの中でも、安全性能を充実させた「Vセレクション+SafetyⅡ」ですと、その価格差はさらに広がり12万円となります。

それでいて、ハイウェイスターとそん色がない設備ですので、やはり「X」は高価買取が期待できるグレードです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る