日産セレナが高く売れる理由は?買取価格相場と高価買取してもらう方法

現在の自動車市場で、軽自動車やハイブリッドカーとともにけん引役となっているのが、ミニバンです。

軽自動車と比べて利益率も高いことから、どこのメーカーもミニバンには力を入れています。

ミニバン市場で、トヨタのノア/ヴォクシーやホンダのステップワゴンとともに、熾烈なナンバーワン競争を繰り広げているのが、日産のセレナです。

優れたボディサイズとデザイン

今ではほぼ三つ巴のような感じになってはいますが、トヨタのノア/ヴォクシーやホンダのステップワゴンは新モデルが出たばかり、一方のセレナの現行モデルは末期モデルということを考慮すれば、日産セレナは大善戦といえるでしょう。

もちろん、それは買取市場においてもいえることなのですが、セレナが買取市場でも好調な理由は、まずその取り回しの良さがあるでしょう。

トヨタのノア/ヴォクシーやホンダのステップワゴンとともに、日産のセレナは5ナンバーサイズのミニバンです。

ハイウェイスターに限っては3ナンバーとなりますが、取り回しに関しては5ナンバーと変わりがありません。

ボディデザインを見ると、日産セレナの箱型デザインが目を引きますが、箱形のボディーフォルムは室内空間の最大化に寄与するのはもちろん、見切りの良さにもつながります。

とはいえ、車には死角もあるもの。

それを補うべく、日産セレナには日産自慢の「アラウンドビューモニター」がついています。

鳥の目線のように上から車を見られるので、縦列駐車や車庫入れの際には重宝します。

優れた室内空間

セレナの買取が好調なのは、見た目だけではありませんで、インテリアにも非常に気を配っているのが見て取れます。

特にシートアレンジに関しては、ミニバンを作りなれている日産らしく、かゆい所に手が届く設計となっております。

秀逸なのが、スマートマルチセンターシートです。

ミニバンでは、3列目の居住性が大きなポイントといわれて。います

座り心地はもちろん、乗り降りもしやすさも3列目は最もよくありません。

しかしセレナのスマートマルチセンターシートならば、社内でのウォークスルーを大人でも簡単に行えるのです。

3列目シートを使わないときには、そこをラゲッジスペースとして使えばいいのですが、シートの格納も非常に簡単です。

ハイウェイスターの走行性能は人気

重心が高いミニバンの宿命として、走行性能がよくないというのがあります。

重心が高いと、どうしてもコーナーでは振られてしまい、ハンドリングに難があるといわれています。コーナーで降られると、中に乗っている人も酔いやすくなってしまいますよね。

日産セレナのドライビングは、視線が高い点を除けばほぼセダンと同じ感覚で運転することができます。

足回りが引締められているのも、ドライビングの良さにつながっていますね。そして、よりスポーティー色を高めた「ハイウェイスター」ではその傾向がさらに加速。

セレナには、約2000ccの直噴仕様のガソリンエンジンが搭載されています。

エンジンパワーはライバルよりも劣るものの、最大トルクが大きな値になっています。

最大トルクが大きければ、街中での運転や7人乗った状態での運転などで、運転がしやすくなります。

ミニバンなのにきびきびと走らせられるのは、セレナハイウェイスターの大きな魅力です。

ハイウェイスターの買い取り価格の高さにも、これならば納得ですね。
燃費性能も優れており、現在のセレナにはアイドリングストップやS-ハイブリッドシステムが搭載されています。簡易的なシステムではありますが、これにより価格上昇を抑えつつもハイブリッドの恩恵を受けることができるため、新車販売や買取価格でも大きなメリットとなっています。

セレナ高価買取を実現するために

日産の人気ミニバンであるセレナですが、新しいセレナやほかの車に買い替えようという方も多いのではないでしょうか。

今のセレナをより高く買い取ってもらうためのポイントを、説明します。

セレナの人気カラーは?

どの車でもほぼ共通していますが、セレナでもホワイト系、シルバー系、そしてブラック系のカラーリングは、安定して高値買取を見せています。

ノーマルなセレナの場合ですと、ホワイト系やシルバー系がファミリーユースとして人気が高いです。

一方、通常よりもスポーティーな性格が強い上級グレードの「ハイウェイスター」や「ライダー」に関しては、ブラック系が特に高価買取となっております。ハイウェイスターやライダーの精悍なフロントマスクを生かすには、ブラックが最もカッコいいということなのです。

ハイウェイスターとライダー

前述しましたが、セレナには上級モデルの「ハイウェイスター」と「ライダー」がラインナップされています。

ハイウェイスターは、ノーマルモデルよりもスポーティーな性格が強く、ライダーはハイウェイスターよりも多くのメッキパーツを使っている、といった具合でしょうか。

もちろん、どちらのグレードもノーマルグレードよりは買取価格が高いのですが、ハイウェイスターよりもライダーのほうが「割が良い」傾向にあります。

ハイウェイスターの買取価格がいまいち伸びないのは、市場にハイウェイスターが多く流通しているからです。

日産車の多くに「ハイウェイスター」や「ライダー」の上級モデルは設置されていますが、そのいずれにも共通していえることが、ハイウェイスターは多く流通しているということ。

本体価格はライダーよりも安いものの、ノーマルよりは高い。

ちょっとの出費で高級感を味わえることから、ハイウェイスターの販売台数は伸びています。しかしそれが逆に、ハイウェイスターの買取価格を下げる要因ともなっているのです。

こと買取に関しては、ノーマルもハイウェイスターも大して変わらず、ライダーだけが突き抜けている印象です。ライダーは相変わらず流通台数が少ないため、高値買取で安定しています。

年式かグレードか

ここで疑問に思うのが、低年式の上級グレードと高年式のベースグレード、どちらが買取価格が高いのかです。

結論からいいますと、買い取り価格が高いのは後者(高年式のベースグレード)です。

これがスポーツカーともなれば逆のパターンとなったのでしょうが、セレナはミニバンです。

売れ筋モデルでもありますので、頻繁にマイナーチェンジを繰り返し、そのたびに性能は向上していきます。

ミニバンを購入する人は、上級グレードという「名」よりも、性能充実という「実」をとる傾向にあります。もっとも、他にも走行距離などの要因も絡んできますので、一概に高年式がお得とはいえませんが。

S-ハイブリッドの扱い

日産セレナが新たな武器として送り込んだのが「S-ハイブリッド」。

ハイブリッドと名前はついていますが、一般的なハイブリッドシステムとは若干異なります。

S-ハイブリッドは、減速時のエネルギーをためておき、そのエネルギーで電装品などの電力をまかなうというもの。

通常のハイブリッドが、エネルギーでモーターを回しエンジンをサポートするのとは、仕組みが大きく異なります。ちなみに、トヨタのノア/ヴォクシーが採用しているのは、通常のハイブリッドです。

S-ハイブリッドは簡易的なハイブリッドシステムなため、スペースを取らず、その分ノーマルと比べた価格上昇も抑えられます。

しかし、それは同時に、買取においても大したメリットにはならないということを意味します。

もちろん、ノーマルと比べて買取価格は高いですが、ノア/ヴォクシーのような強力な武器にはなりえません。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る