日本未来科学館は雨の日のお出かけに最適♪

せっかくの土日に雨が降っていると一気にテンションダウンして、だらだらテレビをみたりスマホをいじってみたりと油断しているとあっという間に時間が過ぎてしまって、残念な一日になりがちですよね。

そんな時にはお台場にある日本未来科学館へおでかけしてみるのはいかがでしょうか。日本未来科学館は全ての展示が館内で、しかも地下駐車場まで完備しているので車であれば極端な話傘を持たずにお出かけすることだって可能です。

日本未来科学館の周辺もお楽しみスポットがたくさんありますので、雨の週末のお出かけリストにぜひ書き加えてもらえたらと思います。

 

日本未来科学館ってどこにあるの!?どんな施設?

miraikagaku_2

さすがの未来を感じさせる建物です!

日本未来科学館はあの宇宙飛行士の毛利衛さんが館長をつとめる独立行政法人科学技術振興機構が運営する日本を代表する最先端の科学館です。

ホンダのロボットアシモや、人間そっくりのヒューマンアンドロイドや、最新の機器を備えたプラネタリウム、巨大な球体映像装置で現在の地球の姿などを映し出すシオコスモスなど、見所が満載です。

アシモはちょうど子供位の背丈でカワイイ♪

 

とくにアシモの実演ショーはアシモがユニークな語りで笑いを取ってくれたり、ちょこまかとカワイイ動きを見せてくれたりでお気に入りです。いつ行ってもつい見に行ってしまいます。大変人気があって、ショーの時間はいつも人だかりができています。

日本未来科学館は2001年に開館し、まもなく15周年を迎えようというところですが、先鋭的な外観や内装も相まって全く古さは感じさせないおしゃれなつくりになっています。

船の科学館やテレコムセンター大江戸温泉などが集まるお台場の南エリア中央に日本未来科学館は立地しています。

広いお台場ですが、車で移動するとあっという間ですね。

 

地下駐車場完備で雨の日も安心

miraikagaku_3

お台場なので敷地もゆったりしていて開放感があります

日本未来科学館には屋外展示ゾーンは設けられておらず、全て屋内で楽しむことができるので、展示に夢中になっていると外が雨が降っているのを忘れてしまうほどです。

日本未来科学館のなんといっても便利なところが、地下駐車場を完備していることで、雨にぬれずに館内へ入ることができます。

お台場の他の立体駐車場ですと、屋上まで回させてしまうことが思いのほか多いので、地下駐車場だけというのは素晴らしいです。

ただし駐車台数には限りがあるので開館間際か、夕方あたりの時間帯に訪問するのがいいかもしれないですね。駐車料金は都内にしてはそれほど高くもありません。

 

ジオコスモス&プラネタリウム

miraikagaku_4

宙に浮かぶ地球をぐるりと回る空中回廊は高所恐怖症だとつらいかも!?

吹き抜けの巨大な空間に天井からつるされた球形の映像装置には地球の現在の姿を中心に映し出されています。フロアーにはゴロンと寝っ転がってこの地球を見上げることのできる不思議な形をした大きなソファーが設置されていて、のんびりと心行くまで眺めることができるので、おすすめです。地球はゆっくりと回っていたり、雲が流れたりしていますのでのんびりと眺めていても飽きさせません。また上層階には空中回廊が設けられていて上からぐるりと一周眺めることができます。

この球体型ディスプレイは大量のパネルが組み合わされて作られていて、実現するのに相当な苦労があったようです。

 

日本未来科学館を外側から眺めると、印象的な建物の最上階にドーム状の屋根が見えますが、こちらはプラネタリウムの空間になっています。

日本未来科学館のプラネタリウムは単純なプラネタリウムではありません。最新の映像プロジェクション投影装置と、最新のプラネタリウム「メガスター2コスモス」を備えていて、様々な番組をこれらを組み合わせて上映しています。

500万個もの星を投影する能力があって、プラネタリウムなのに双眼鏡の持参を推奨されるほどです。本物の星空よりも本物っぽいため息が出るような美しさで、全力でおすすめしたいです。

番組は、いわゆるむかしながら解説員の星の解説ではなく、一編の短編映画のような作りになっています。番組の内容はかなり大人よりの番組が多い印象で、客層も比較的大人が多い印象があります。

 

企画展が見逃せない&劇場ではレアなイベントも

miraikagaku_5

日本科学未来館でまさかの企画!?衝撃のキャラクターにちょっとびっくり!

日本未来科学館の大きな特徴のひとつが、常設展示のほかに期間限定で開催される企画展の存在です。企画展といってもデパートの催事場などと比べて、かなり広い展示スペースが用意されているので見ごたえは十分です。別料金がかかることが多いですが、いままで不満に思ったことはありません。

その内容も「トイレ?行っトイレ!~ボクらのうんちと地球のみらい」や「ポケモン未来研究所」「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」と話題をさらうような魅力的な企画ばかりです。

ちなみに2016年の3月2日~5月30日までは「GAME ON~ゲームってなんでおもしろい?」を開催。1970年代のスペースインベーダーから、レアな筐体のアーケードゲームや最先端のバーチャルリアリティーまで先行体験できるというのですからゲームマニアでなくても必見ですね。

GAME ONの次にも「The NINJA 忍者ってナンジャ!?」の開催が決まっていて、現代科学の視点から忍者の技術や身体能力に迫るなど、こちらも見逃せない内容になってます。うーむ行きたい!

 

日本未来科学館には、200人くらい入れる小劇場がふたつ備えられています。とくにそのうちの一つは半円形の舞台と、それを取り囲むコロシアム状の客席があって、とてもライブ感に富んだ科学にまつわる催し物が行われています。(一部事前予約が必要ですが)

私は、あのでんじろう先生の愛弟子のチャーリー西村さんのサイエンスショーや、大学生によるロボット対戦、そしてチームラボのうごく水族館などを体験&観覧することができ、どれもとても楽しめました。

これらは全て企画ものですので、あらかじめ日本未来科学館のホームページでチェックしてから訪問するといいと思います。

 

レインボーブリッジやフジテレビ本社など見どころいっぱい!

miraikagaku_6

球体展望室が目印のフジテレビをはじめ近くにはガンダム像もあって飽きません!

日本未来科学館に行くならば、せっかくならドライブ中の景色も楽しみましょう。雨の日と言えども、車から眺めるしっとりとしたお台場の景色もまたおつなものです。とくにレインボーブリッジからはお台場が一望できます。首都高速と一般道と無人交通システムの「ゆりかもめ」が一体になっているので、行きは首都高速で上からの雄大な眺めを、帰りは一般道でゆりかもめと並走なんて楽しみ方もできます。

また夜になるとブリッジがライトアップされ、雨に光がにじんでとても幻想的な雰囲気になります。遠くには東京タワーも光っています。

 

周辺雨の日スポットも充実

miraikagaku_7

日本未来科学館は全部見ようと思うとそれだけでも十分な見ごたえがあります。でもせっかくのドライブだからほかの楽しみも欲しいという方も安心して下さい。お台場には魅力的なエンターテイメントが目白押しです。

巨大シネマコンプレックスであるメディアージュは今どき珍しい予約無しのタイプなので、

かえって気軽に映画を楽しむことができます。実物大ガンダム立像で一躍有名になったダイバーシティーには、人気のスポッチャを備えたラウンドワンがあるので、雨の日でも思いっきり体を動かすことができるのでおすすめです。

リーズナブル派でも「水の科学館」や本格的防災体験施設「そなエリア」、パナソニックの「リスーピア」など無料で存分に楽しめる施設が目白押しです。

 

日本未来科学館は雨の日にぴったりな感じが伝わりましたでしょうか。関東の雨の日のドライブ&お出かけスポットとしてはかなり秀逸だと思います。まだ行ったことのない方は特に一度はお出かけになることをおすすめしたいと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る