ワゴンRが高く売れる理由は?買取価格相場と高価買取してもらう方法

日本ならではの自動車規格である軽自動車。

その軽自動車業界を牽引してきたのが、自動車メーカースズキです。

そして、スズキの看板商品ともいえる軽自動車が「ワゴンR」であることはいうまでもありませんが、新車販売だけでなく買取においても好調な車です。

なぜワゴンRは人気なのでしょうか。

「変化」のムーヴ、「進化」のワゴンR

スズキのワゴンRと売上で激しい争いを見せているのが、ダイハツのムーヴです。

トールタイプの軽自動車ワゴンという点は共通していますが、モデルチェンジの仕方が大きく異なります。最新技術を投入する、あるいは印象を変えるためにはフルモデルチェンジをよく行いますが、ワゴンRとムーヴではその手法が若干異なります。

ムーヴはフルモデルチェンジにおいて大胆に変化をさせます。

先代モデルとは全く印象が異なる場合もあり、新規顧客を獲得する意味では大きなメリットとなるでしょう。

しかし、長くムーヴに乗っているユーザーからすると、いきなり趣旨替えをしてしまったムーヴは好みが分かれるところです。

一方ワゴンRは、フルモデルチェンジをしても外観上は大した変化は見られません。

新型ムーヴを見てムーヴと分からないユーザーもたくさんいるでしょうが、新型ワゴンRを見てワゴンRと識別できるユーザーは多いでしょう。

大きく趣旨替えをしないワゴンRは、旧型から新型への乗り換えもスムーズに行えるのです。趣旨替えをしないことは、買取りにおいても大きくプラスとなります。

モデルによってその趣旨が大きく異なってしまうと、モデルごとに買取に差が出てしまうものですが、ワゴンRならばモデルにかかわらず、純粋に車の性能で買取をしてもらえます。

圧倒的な低燃費

とはいえ、進化を遂げない車はこの業界では「退化」とみなされ、売り上げは落ちていく宿命にあります。

ワゴンRの見た目は保守的でも、その中身はかなり進化を遂げています。アルトやミライースといったセダンタイプの軽自動車を除けば、ワゴンRはガソリンエンジン車で低燃費ナンバーワンです。

その低燃費を支えているのが、スズキご自慢の「S-エネチャージ」です。

従来のエネチャージは、ブレーキの際に生じたエネルギーを電装部品やエアコンなどを動かすのに用いていました。

電装部品やエアコンを動かすにもガソリンは必要ですので、間接的には燃費低減効果があります。一方で、S-エネチャージはよりダイレクトに低燃費に貢献をしてくれます。

ブレーキの際に生じたエネルギーは、電装部品やエアコンのみならず、エンジンを回す際のアシストとして用いているのです。

よく考えてみると、これは普通乗用車のハイブリッドシステムです。

いっぱい積めます

乗員定員はアルトと大して変りなく、燃費はアルトに劣っているワゴンRですが、その売り上げではアルトに大きく差をつけています。

アルトが売り上げを大きく伸ばしている理由、それはその積載能力の高さではないでしょうか。

トールワゴンの元祖ともいわれているワゴンRは、抜群の積載能力を誇りますが、シートアレンジを変えることでも積載能力は自由自在。

積載能力だけを考えれば、エブリィワゴンのようなバンタイプの方が明らかに上ですが、ワゴンRはそれをしのぐ居住性能の高さも持ち合わせています。

シートもエブリィワゴンよりは明らかによくできていますし、ワゴンRには小物を入れられる収納スペースも豊富にそろえています。このちょっとした「収納スペース」は意外と日常使いに重宝します。

ワゴンRは低燃費でありながら、バンに引けを取らない積載能力を誇り、日ごろ使っていただくには申し分ない能力を備えています。

買取金額にはかなりの幅があります

販売台数が多いワゴンRですので、当然中古車市場に流入してくる台数も多くなります。

その結果、ワゴンRの買取金額を見てみますと、下は0円から上は100万円まで実に幅が広くなっています。

ワゴンRの新車販売価格から考えると、相当な幅といえますね。

100万円の買取金額を記録する車の条件もさまざまですが、年式と走行距離に限ってみると、1年落ちで走行距離が10000キロメートル以下です。

一方で買取金額が0円の車は、10年落ちで100000キロメートル以上の走行距離も車です。もちろん、すべての10年落ちで100000キロメートルのワゴンRが0円査定、というわけではありません。

買取業者によっては、頑張って50000円程度の買取金額を付けてくれるところもあります。

通常の買取以外の選択肢も

低年式、走行距離多めのワゴンRの査定は、買取だけではなく下取りも検討に入れると、ある程度の売却金額にはなるでしょう。

ただし、下取りの場合には新車のディーラーで新車を購入することが前提となりますが。

下取りは、ディーラーも値引き戦略の一環としてとらえており、かなりの下取り金額が期待できます。通常走行が可能なワゴンRであれば、年式や走行距離に関係なく一定の金額で買い取ってくれます。

それよりもさらに高額査定を目指すなら、ディーラー同士で競わせるのも手です。

ただし、新車を購入することが前提なのは忘れないでください。事故車や水没車のワゴンRは、下取りでもなかなか買い取ってもらえません。

そんな車であればパーツ取りの業者に持ち込む手もあります。

日本の軽自動車は、その燃費の良さから海外でも人気が高く、ワゴンRの中古車も多く海外に輸出されています。

壊れにくいのも日本の中古車のメリットですが、それでも壊れる可能性はゼロではありません。

車本体が安いのに修理パーツが高くついては意味がありません。

そこで、事故車や水没車の中から使えそうなパーツのみを取り出して、輸出している業者もあります。

そのような業者に持ち込めば、少しの金額ではありますが買取してもらえます。

ワゴンRスティングレーの買取は

ワゴンRの中でも別格の存在感を放つのが、ワゴンRスティングレーです。

通常のワゴンRが実用性を重視しているのに対して、ワゴンRスティングレーは走行性能を重視しています。

ライバルのムーヴにもムーヴカスタムという走行性能重視モデルがありますが、ワゴンRスティングレーはムーヴカスタムほど需要がありませんので、高額査定は期待できないかもしれません。

それでもワゴンRスティングレーの高額査定を目指す人は、外装に気を使うといいでしょう。通常のワゴンRとは異質な外装をしていますので、外装をきれいにしておけばそれなりの買取金額となります。

頑張れば、最高で130万円弱の買取金額を目指すこともできます。

ワゴンRスティングレーは、ワゴンRのような0円査定はあまり見られませんので、低くても30万円弱の買取人額は期待できます。

ワゴンRは、特に年度末にかけてフレッシャーズが購入する車としても人気が高いです。

年度末に買取を考えている人は、年度末でもなるべく早い時期、2月ごろに買取に出すとまだライバルが少ないので、高額査定が期待できますね。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る