ロードスターが高く売れる理由は?買取価格相場と高価買取してもらう方法

日本国内で日本車といえば、トヨタやホンダ、日産などが有名ですが、これが自動車の本場であるヨーロッパとなりますと事情は異なってきます。

ヨーロッパではトヨタはもちろん人気がありますが、マツダ車の評価が非常に高く、中でもマツダのロードスターは高い人気を誇っています。

ヨーロッパでの勢いそのままに、日本市場でもスポーツカーとしては異例の人気を誇っていますが、その理由は何なのでしょうか。

FRにこだわる

マツダのロードスターは、日本ではもはや珍しくなった2シーターのオープンスポーツカーです。

ホンダでもS2000やCR-Xデルソルというオープンスポーツカーを走らせていましたが、現在はその姿を見ることはありません。

他のスポーツカーがFF(エンジンが前にあって前輪を駆動させる)にかじを切り始めている一方で、マツダのロードスターはあえてFR(エンジンが前にあって後輪を駆動させる)駆動方式をかたくなに維持しています。

正直時代遅れの感もあるFRですが、あくまで運転する楽しさにこだわるマツダの開発陣は、頑として譲らなかったようです。

ただし、走行性能を考慮した結果、エンジンは前輪の後方あたりに配置することでよりミッドシップに近づいた感じですが。

これで、ハンドルを切った時にすぐに車が反応するようになり、多くの人が車を運転する楽しさを感じられるのです。

あえてのオープンカー

日本では「子供が手を出したら危ない」や「ボディの強度が落ちる」などの理由で敬遠されがちなサンルーフやオープンカーですが、マツダのロードスターはここでもオープンカーにこだわっています。

欧米のスポーツカーを見てみますと、当たり前のようにオーオウンカーモデルがありますが、これは彼らが風を切って走る感覚をよりダイレクトに感じたい欲求の表れでしょう。

それに倣って、マツダのロードスターもオープンカーモデルを死守しています。

ただし、強度の面で問題のあるオープンカーは、それを補うべくボディ強度を高めるとどうしても車重が重くなります。

車重が重くなってはハンドリング性能は劣ってしまいますので、ボディ強度を維持しつつ車重を軽くするという、相反する課題を解決しなければなりませんでした。

パーツのあちこちをそれこそグラム単位でそぎ落とし完成したのが、1トンを切る軽量ボディです。

サラブレッドのようなフォルム

現行型のマツダロードスターは、近年提唱している「マツダデザイン」をそのまま持ち込んだ感じのデザインです。

車種にかかわらずほぼ統一されているフロントグリルの形状は、正面から見ると車種の区別がつかないほどですが、ロードスターは全体的なフォルムからその違いは明確です。

人馬一体をコンセプトに開発されたデザインは、まさにサラブレッド。

余分な脂肪をそぎ落とし、走るために作られた競走馬のようです。

オーナーイベントの開催

マツダのロードスターがヨーロッパで人気なのは、オーナー心をくすぐられるイベントが開催されているからでもあります。

ヨーロッパにあるマツダのテストコースを使ったイベントも開催されるなど、メーカーが率先してイベントづくりをしています。

現行型から旧式のロードスターまで、オーナーの思いがいろいろと詰め込まれたマツダのロードスターがイベントに集結する様は圧巻というほかありません。

日本でも、オーナーレベルでイベントを開催しており、オーナー同士でロードスターの熱い思いを語ったりしています。

技術と走り、思いが小さなボディに凝縮されているにもかかわらず、マツダロードスターの価格は200万円程度と、決して手の届かない価格ではありません。

この絶妙な価格帯が、オーナーの裾野を広げる一助となっているのです。

やっぱりハードトップ

オープンカーであるロードスターの買取を大きく左右するのが、ルーフ部分の構造です。

ロードスターにはソフトトップ(幌のような構造)とハードトップの2種類のルーフがあるのですが、買取価格がより期待できるのはやはりハードトップです。

ソフトトップは使っていくごとに幌が汚れてしまい、美しさに欠けてしまいます。ハードトップはソフトトップよりも販売価格は高いのですが、買取価格も高いので安心してください。

ホイールが重要なパーツ

他のスポーツカーですと、カスタマイズや豊富なエアロパーツがあって、それが査定にも大きく影響してくるのですが、ロードスターはオープンカーという車の特性上、パーツやカスタマイズの選択肢がほとんどありません。

オーナーが唯一いじれるパーツといえば車のホイールですが、車のホイールを上質なものに交換しておけば、それなりの査定金額アップは期待できるでしょう。

旧車も魅力たっぷり

その稀有な存在感から、買取市場でも人気のあるロードスターですが、ロードスターといえども中古車の鉄則には逆らえません。

それは「古くなれば古くなるほど買取価格は下がっていく」という鉄則です。しかし、他の車よりもロードスターはその傾向が比較的少ないともいえます。

というのも、ロードスターには熱狂的なファンが多く、旧車でも引く手あまただからです

現行のロードスターは4代目ですが、初代から3代目のロードスターもそれぞれに味がある車です。

初代の「ユーノスロードスター」は、そこそこの品質の中古車ですら買取が難しくなってきている状況です。

それでいて、人馬一体のロードスターの原点ともいうべきライトウェイトボディは、カスタムカーとしても人気が高く、買取価格は結構高いです。

買取店がほしい車

実際に、10年以上前に発売されて走行距離が100000キロメートル以上、不具合もあるロードスターを売りに出したところ、なんと200000円程度の買い取り額を実現させたのです。

買取時点で200000円ということは、それを再販する際にはもっと高い値段になるということで、ロードスター人気が裏付けられますね。

特徴的なエピソードとして、お店の担当者が「私が個人的にほしいので売ってくれ」という方もいたそうです。

商売そっちのけでほしくなる車のロードスターですので、旧車でもあきらめず買取に出してください。

どこに売るか

しかし、全ての買取店がこのような熱狂的な対応をしてくれるわけではありません。

年式と走行距離、傷などでのみ買取価格を判断する買取店も少なくなく、そういった買取店にロードスターを持ち込んでも低い査定額しか出ません。

よりロードスターをほしいと思ってくれる買取店の可能性が高いのは、オープンカーを多く取り扱っている、もしくは専門店です。

他の車で変わりないことですが、ロードスターの買取を依頼する際も1社だけではなく最低3社には査定を依頼するようにしましょう。

3社も回れば、そのうち1社の担当者が熱狂的なファンという可能性も否定できませんので、可能性に賭けてみましょう。

4代目が発売されて間もないので今は旧車の買取価格もそれなりですが、もう少し時間がたつと一気に価格が下がる恐れもありますので、アクションは早めにおこしましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る