レクサスGSが高く売れる理由は?買取価格相場と高価買取してもらう方法

日本で来すっかり高級車のイメージが醸成された感のある「レクサス」。

「L」のエンブレムを見るたびに、憧れと畏敬の念を抱く人も多いのではないでしょうか。

今回はその中でもスポーティーセダンとして名高い「GS」について紹介しますが、GSは新車のみならず中古車としての需要も高く、ということは買取も好調といえます。

GSはなぜこれだけ買取が好調なのでしょうか。

アヴァンギャルドなフロントフェイス

レクサスはもともと、トヨタの高級ブランという成り立ちを持っており、ちょうど日産のインフィニティと似たような位置づけとなっています。

ただし、インフィニティのブランドがいまいちよく分からないのに比べると、レクサスはそのイメージ付けがしっかりとできていますね。

高級ブランドなだけに、通常はかなり保守的な車を世に送り出すレクサスですが、初代GSも例外ではありません。

かつてトヨタブランドで販売されていた高級スポーツセダンの「アリスト」がありましたが、GSはその後継モデルという位置づけでした。

初代GSも乗ってみるとかなりアグレッシブな印象を与えましたが、それでも見た目の印象はアリストと同様にきわめて保守的な印象でした。

ところが、2代目GSになるとその様相は一変。何と言っても特徴的なのはそのフロントマスクです。

最近のクラウンなどでも採用されている「スピンドルグリル」(砂時計のような形)は、かなり個性的な顔立ちで、これまでの「正統派美男子」というよりは「濃い顔」に生まれ変わりました。

その恋顔は最初コワモテとも考えられましたが、見慣れてくると不思議なもので、この前衛的なデザインもなじんできてしまい、今では何の違和感なく見ていられます。

グレードアップしたインテリア

初代GSのインテリアは、その保守的なエクステリアとは対照的にかなり特徴的なインテリアを内包していました。

しかしそのインテリアはコンセプトカーのようでもあり、まだ熟成されているとはいいがたいデザインでした。年月を経て誕生した2代目GSは、コンセプトを煮詰めて熟成させ、さらに本物素材を採り入れたセンスの良いインテリアとなっております。

ダッシュボードを横切るパネルには、縞杢という天然木を使用しており、さらにハイブリッドモデルに至っては竹が使用されているというのが驚き。

「木目調」や「竹風」ではなくいずれも本物を使っているので、違和感なくインテリアに溶け込んでいます。

シートの素材にもこだわっており、ベースグレードにはファブリック素材、F SPORTには本革シート、version Lにはセミアリニン本革を標準採用しており、シートのカラーラインナップも豊富に用意されています。

グレードによって異なる走り

GSには様々なグレードが用意されていますが、グレードによって異なる走りを体感できるのも、どれにしようか悩んでしまうところです。

GS350には直噴3.5リッターのV6エンジンを使用しており、街乗りの時には低回転を維持品からゆったりとしたドライビングを体感できます。

一方、高速道路や登坂の峠道などでは、2000回転から6400回転という比較的少ない回転数でも最大トルクの90%以上を引き出すことができます。

通常、これらの加速はレッドゾーンに突入しないと味わえないものですので、GS350のポテンシャルの高さをうかがえます。

一方GS250には直噴2.5リッターのV6エンジンでは、軽快な身のこなしを体感することが得切るでしょう。

もちろん排気量が少ない分、エンジンパフォーマンスは一歩譲る点はありますが、パフォーマンスとしてはかなり優秀で、きびきびした走りを楽しみたい方にはおススメです。

モデルに注意

レクサスGSが最も高価買取になる可能性があるのが、現行モデルです。

「それは新しいから当たり前」という意見もありますが、レクサスGSには新しいだけではない現行モデル高価買取の理由があります。

それはコンセプトの変化です。

現行モデルは2012年に登場しましたが、それ以前のモデルはどこか大人し目な風貌でした。

レクサスGSのベースはトヨタの「アリスト」であり、1993年のレクサスブランド版が登場してから一貫して、トヨタのアリストの面影を残していました。

2005年に3代目となった時には、レクサスGSはアメリカのレクサスではなく「日本レクサス」から販売されていました。

しかし、それでも4灯ヘッドランプなどアリストの特徴はそのまま残っており、アリストを買いたい人にはいいかもしれませんが、レクサスブランドがほしい人には「トヨタ臭」が残っているモデルでした。

そして現行モデルでは、大胆なスピンドルグリルを採用した特徴的なフロントフェイスで、レクサスらしさを感じさせています。

現行モデル(2012年)と先代モデル(2011年)とを比べてみますと、その価格差は圧倒的で、現行モデルが最高値で516万円、平均でも323万円程度を打ち出しているのに対して、先代モデルは最高値でも282万円、平均では190万円とかなりの価格差があることが分かります。

古い年式でもあきらめない

「それじゃ、2011年より古いレクサスGSは買取は期待できないのか」というと、そんなことはありません。

1990年代から2000年代にかけて、トヨタのアリストをチューンナップしたりカスタムしたりして楽しんでいる人が多くいましたが、それと同じことが後継モデルであるGSにもいえます。

つまり、GSはカスタムやチューンナップのベースカーとしても人気であるので、多少年式が古くても車いじりを希望する人にとっては、車両価格が安ければそれだけ車いじりに使えるお金が増えるということで、中古車市場としても人気を集めています。

では、すでにカスタムやチューンナップを施したレクサスGSの場合、どのような状態で買取に出すのがいいのでしょうか。まず客観的に自分のチューンナップを見て、それがいけていると思ったらそのまま買取査定に出してもいいでしょう。

カスタムやチューンナップのベースカーとしてレクサスGSを探している人も、始めから自分好みの改造が施されていれば手間が省けます。

もし、自分の改造が「きわもの」だと思うのであれば、外すことをおすすめします。外すことを想定して、純正パーツは捨てずにとっておくようにしましょう。

レクサスGSの買取交渉術

レクサスGSを買い取りに出す際、レクサスのフラッグシップモデルであるLSとの比較は避けられません。

買取業者からLSでないことを理由に査定金額を下げられそうになったら、GSにも中古車需要はかなりあることをアピールしましょう。

需要だけで考えれば、LSとGSは互角なのですから。どこに買取に出すかですが、レクサスの買取専門店に出すことをおすすめします。

レクサスの買取専門店はライバルに負けじと、レクサスに関しては高めの査定金額を出す傾向にあります。

なお、レクサスに買い換えを検討しているのであれば、レクサスのディーラーに持ち込むのがいいでしょう。

ディーラーでさえレクサスの認定中古車を販売しているのですから。多くのお店を回って、粘り強く交渉してみてください。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る