レガシィが高く売れる理由は?買取価格相場と高価買取してもらう方法

今やスバルの看板車種でもありスバルの代名詞でもある車、それが「レガシィ」です。

レガシィの誕生は古く、1989年までさかのぼります。もともとは高級車として販売がなされたレガシィ。

名前にもどこか高級感が漂っていますが、いつしかモデルチェンジを繰り返すうちに高級車というよりも走りを本当に楽しみたい人の車となっていました。

人気のある車には派生車種も多く出回るのが、自動車業界の常。

トヨタの看板車種であるカローラも、セダンのアクシオ以外にもステーションワゴンのフィールダー、かつてはハッチバックでカローラⅡなども発売されていました。

今やホンダの看板車種となったフィットにも、かつてはステーションワゴンのような感じの「フィットシャトル」がありました。

スバルのレガシィはカローラと同様に、セダンとステーションワゴンの2本立てで長らくやってきました。

この場合、単に「レガシィ」と呼ぶのがセダンで、「レガシィツーリングワゴン」と呼ぶのがステーションワゴンです。

レガシィはステーションワゴンが人気

カローラの場合、セダンの売れ行きが良いのですが、レガシィは逆で、ステーションワゴンの方が圧倒的な人気を誇ってきました。

かつては、これ以外にもレガシィグランドワゴンやレガシィランカスターという車もありましたが、すでに製造も販売もされていません。

現在では、よりスポーツ色を強めたスポーツセダンのB4、SUV色を強めた感じのアウトバックの2本立てとなっています。

そう、人気のあったレガシィツーリングワゴンですが、2014年をもって生産を中止してしまいました。

レガシィツーリングワゴンの遺伝子は、あらたに「レヴォーグ」という車に受け継がれています。レガシィツーリングワゴンは、日本国内のみならず海外でも幅広い人気を集めましたが、皮肉にもそれがレガシィツーリングワゴン消滅の引き金となってしまいました。

海外で人気が出てくると、レガシィツーリングワゴンはスバルの世界戦略車となりました。

世界に打って出るためには、海外のニーズもある程度取り入れなければなりませんので、どうしてもサイズが大型化してしまいます。

かつてのような取り回しの良さを失ったレガシィツーリングワゴンを、基本から見直すべく、黎明期の遺伝子を「レヴォーグ」に注入したのです。

レガシィは安定感がある

レガシィはなぜそれまでに人気を集めたのでしょうか。

現在の他のスバル車にも言えることですが、スバル車のエクステリアは機能美を追求しています。

マツダ車が現在「魂動デザイン」としてすべての車に流麗なデザインを施しているのとは対照的です。

あくまでも機能が第一であり、それにあったデザインを施すというスバル車のコンセプトは、特に走りを重視する人には高い支持を得ています。

走りと言っても、いわゆる「走り屋」ではなく、ロングドライブでも疲れない、ハンドルを切った分だけしっかり曲がってくれる、悪路もへっちゃらといった車の走行性能に関する「走り」です。

スポーツセダンのB4の走りが良いのは言うに及ばず、ステーションワゴンのツーリングワゴンやSUVのアウトバックでさえ高い走りの性能を誇っています。

水平対向エンジン

特にツーリングワゴンは、安定感という意味では一番でしょう。

水平対向エンジンを搭載していることで重心が低くなり、その分走りが安定します。

まるで高級セダンに乗っているかのような安心感を感じられ、峠道でも決してお尻が振られることがありません。

水平対向エンジンは、現在では「BOXERエンジン」と呼ばれ、マツダのディーゼルやロータリーエンジンと並ぶ、スバルのアイデンティティともいえるエンジン機構です。

買取においてもツーリングワゴン人気は健在

2014年にその生産を終えたレガシィツーリングワゴンですが、買取市場ではいまだにその人気が健在です。

アウトバックもB4もそれなりの人気がありますが、ツーリングワゴンのカリスマ的人気と比べるとどうしてもかすんでしまいますね。

ちなみに、レガシィツーリングワゴンのコンセプトは、ほぼそのまま「レヴォーグ」という車に引き継がれております。

ポルシェ911が4代目から5代目に移行するとき、空冷から水冷に変更されるというエポックメイキングな出来事がありました。

これにより、4代目のポルシェ911には「最後の空冷モデル」としてプレミア的価値がつくこととなりました。

一方最後のレガシィツーリングワゴンには、それほどのプレミア的価値は付かないものと思われます。

最後のレガシィツーリングワゴンがユーザーにとって少し違和感があったのもありますが、レヴォーグが初代のレガシィツーリングワゴンを彷彿とさせる出来だったのも、レガシィツーリングワゴンにプレミアがつかない要因でしょう。

実用車としての意味合いが強いツーリングワゴンは、プレミア的価値は付かずに、年式や走行距離、グレードの違いが比較的素直に反映される車です。

ただし、走りに直結するエンジンや足回りのトラブルはレガシィの査定に大きな影響を与えます。

雪のシーズンに力を発揮する

ほとんどのスバル車に言えることですが、スバル車は北海道や東北、北陸などの寒くて雪の多い地方で高い支持を得ています。

それは言うまでもなく、雪道や凍った路面でも高い走行性能を発揮するからです。買取査定をしてもらう際にも、タイミングや場所を選ぶと意外と高値がつくかもしれません。

真夏の沖縄でレガシィを買い取ってもらうよりも、秋深い北海道や東北でレガシィを買い取ってもらった方が明らかに高値がつきます。

もちろん前述したように、走行距離や年式が素直に反映されやすいレガシィですので、冬までの期間が長いのにもかかわらず売るのをためらっていては意味がありません。

基本的には売りたいときが売り時なのですが、少し待てるのであれば秋深いころに売った方がいいでしょう。

ライバルは多い

新車として売れている車は、ある程度の期間が経過しますと一気にそれが中古車市場に流入してきて、そうなると中古車の買取価格も一気に下がってしまいます。

一気に中古車市場に流入するタイミングというのがモデルチェンジです。

レガシィアウトバックとB4は2014年にフルモデルチェンジを行ないましたので、当分の間はモデルチェンジはないでしょう。

しかし、中古車流入のタイミングは、現行モデルへのモデルチェンジだけでなく、ライバルのモデルチェンジにも影響を受けます。

B4でしたらマツダのアテンザあたりがライバルと言えるでしょうか。ライバルの動向にも注意しておきましょう。

海外への販路を持つ業者もあり

レガシィはツーリングワゴン、アウトバック、B4のいずれも海外で高い人気を誇っています。

特に末期のツーリングワゴンは、比較的海外寄りに作られた車ですので、その人気もひとしお。

日本ほど車の状態にシビアではない海外の方は、少しくらい年式が古くても、少しくらい走行距離が多くてもあまり気にも留めません。

低年式や過走行のレガシィをお持ちの方は、海外に販路を持つ業者へ買取を依頼するのも一つの方法です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る