ムーヴが高く売れる理由は?買取価格相場と高価買取してもらう方法

現在、軽自動車の中でも最も売れ筋のジャンルといえば、ハイトワゴン。

ハイトワゴンといってもピンと来ない方も多いでしょうが、スズキの「ワゴンR」やダイハツの「ムーヴ」、ホンダの「N-ワゴン」に日産の「デイズ」といえば、どんな形の車か大体予想はつくでしょう。

これらのハイトワゴンで元祖はスズキのワゴンRですが、それに追随する形で登場したのがダイハツのムーヴです。

しかしワゴンRとムーヴはハイトワゴンの老舗であるだけではなく、ハイトワゴンの売り上げ、ひいては自動車全体の売り上げ台数においてもトップクラスを誇るベストセラーなのです。

ワゴンRは「進化」、ムーヴは「変化」

一見同じような感じに見えるスズキのワゴンRとダイハツのムーヴですが、コツの車はコンセプトが大きく異なります。

歴代の両者のコンセプトを比較してみると、スズキのワゴンRは「進化」している軽自動車で、ダイハツのムーヴは「変化」している車といえるでしょう。

その違いは、歴代の両者を見て見れば一目瞭然です。

スズキのワゴンRは、歴代を見てみても外観にさほど大きな違いは見られません。

もちろん、初代と現行モデルを比較すれば全く別の顔なのですが、初代と2代目などを比較してみると、さほど外観上の変化は見られません。

スズキのワゴンRは変化するよりも正統な「進化」を行なうことによって、ハイトワゴンに安心感と認知度を与えています。

一方でダイハツのムーヴは、歴代の外観を見てみるとかなり変化をしていることが分かります。

先代モデルと現行モデルを比較してみても、その外観上の変化は相当なもので、「これが同じダイハツのムーヴ?」と思ってしまうほど。

ダイハツのムーヴは「変化」をすることで常に新風を送り込んでいるのです。

コンセプトの違いが購買層にも違いを

スズキのワゴンRは「進化」、ダイハツのムーヴは「変化」とコンセプトがかなり異なる2つのハイトワゴンですが、コンセプトの違いが購買層にも微妙な違いを生み出しています。

スズキのワゴンRの購買層は、比較的高めの年代の方です。

比較的高めの年代の方は、大幅な変化をすると使い方が分からなくなってしまうため、変化をさほど望まない傾向にあります。

今間でスズキのワゴンRに乗ってきたが買い替えを検討する際、変化はさほどしていないものの使い勝手は「進化」している新しいワゴンRならば、違和感なく乗り換えができるというわけです。

一方でダイハツのムーヴの購買層は、スズキのワゴンRよりも若い年代の方が多いです。

若い年代の方は、「変化」に対して比較的柔軟に受け入れられる素地を持っています。

それでいて、スズキのワゴンRと比べてもデザイン的にも若い人がのこみそうなヴィヴィッドなデザインを採用していますので、比較的若者にも受け入れられやすいといえます。

逆にスズキのワゴンRは「年寄りくさい」と敬遠されるほどです。

バリエーション豊かなムーヴ

ダイハツのムーヴには、様々なバリエーションがあるのも高価買取の理由です。

スズキのワゴンRのバリエーションといえば、カスタム仕様となっている「ワゴンRスティングレー」くらいなもの。

しかしダイハツのムーヴは、カスタム仕様の「ムーヴカスタム」に、ちょっとカクカクしているハイトワゴン「ムーヴコンテ」、ダイハツのムーヴよりも少し小さなサイズでかわいらしい「ムーヴラテ」があります。

ムーヴをベースとして、カスタムやコンテ、ラテと様々な派生型を持つダイハツのムーヴは、ムーヴファミリーとして確固たる地位を築いており、それが結果としてファミリー全体の売り上げを伸ばしている要因となり、ひいては買取も好調な要因なのです。

ダイハツのムーヴの高価買取はやっぱりカスタム

ダイハツのムーヴの買取市場には、「ムーヴ」「ムーヴカスタム」「ムーヴコンテ」、そして「ムーヴラテ」の4種類のラインナップがあります。

この中で、最も引き合いが多い車といえばやはり「ムーヴカスタム」でしょう。

ダイハツのムーヴはもともと、ライバルであるスズキのワゴンRと比べても若い人向けのデザインが特徴的です。

そんなダイハツのムーヴをとことんまで突き詰めたのが「ムーヴカスタム」です。

ワゴンRのカスタム仕様である「ワゴンRスティングレー」が、ワゴンRが毛色の異なる車であるのに対して、ムーヴカスタムはムーヴを「正統進化」させたものといえましょう。

ダイハツのムーヴがほしい人も、できることなら同じ系統で上のクラスのムーヴカスタムがほしいとなりますので、買取においても通常のムーヴよりも価格が高くなります。

ムーヴコンテに関しては同じダイハツに「タント」が、ムーヴラテに関しても同じダイハツに「ミラココア」というライバルが存在するため、買取市場ではあまり芳しくはありません。

モデルごとに異なるデザインが、値落ちを防ぐ?

スズキのワゴンRとダイハツのムーヴのモデルチェンジごとのコンセプトの変化を見てみますと、スズキのワゴンRは「正統進化」、ダイハツのムーヴは「変化」をしているのが大きな特徴です。

ワゴンRとワゴンRスティングレーではかなり「変化」しているのに比べると、ワゴンRのモデル違いで変化ではなく「進化」を選択しているのは、非常に興味深いといえます。

一方のダイハツのムーヴは変化をしているのですが、実はこれが買取市場に好影響を与えています。

歴代のムーヴを見てみると、その顔がかなり異なります。

人によっては「現行モデルが好き」という人もいれば、「先代モデルがかっこいい」という方もいらっしゃいます。

ワゴンRはその顔をほぼ変えることなく進化をしていますので、やはり人気は新しいモデルに集中しているのに比べると、ダイハツのムーヴは顔で選ぶ人が古いモデルにも食いついているということで、古いモデルでもそれなりの買取り需要があります。

購入後から9年程度経過しても、残価が30パーセント程度をキープしていることからも、リセールバリューがライバルと比べても高いことがうかがい知れます。

ダイハツのムーヴを高く買い取ってもらうために

ダイハツのムーヴは、日常の足として大活躍する車でもありますので、それだけ劣化も早いというもの。

可能な限り劣化を防ぐことが、ムーヴの買取価格の寝落ちを防ぐポイントともいえます。日常の足として使ってる間に、内装の劣化は大きく進んでしまいます。

特に頻繁に乗り降りする方にとって、シートのへたりは気になるところでしょう。

運転席に腰を掛ける際、端の方ではなくできるだけお尻を真ん中のあたりまでもっていって座ることで、シートの端のへたりを防ぐことができます。

意外と、こういう細かいところまで見ているものですよ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る