ミライースが高く売れる理由は?買取価格相場と高価買取してもらう方法

かつては軽自動車といえば、いわゆる「セダンタイプ」が主流だったために、現在のハイトールワゴンの隆盛ぶりを見ると多少寂しい思いもします。

かつてはホンダが「トゥデイ」、三菱が「ミニカ」、スバルが「レックス」などのセダンタイプの軽自動車を販売していましたが、現在ではこのいずれのメーカーもセダンタイプの軽自動車を製造していません。

そんな中、セダンタイプの火を消さんとばかりに奮闘をしているのが、スズキの「アルト」とダイハツの「ミライース」です。

新車で買っても安いミライース

スズキのアルトにせよダイハツのミライースにせよ、共通している点は新車の価格が安い点です。

ミライースは760000円程度で新車が購入できますが、昨今の軽自動車が余裕で100万円以上することが多く、軽自動車がむしろ贅沢な買い物になっている状況の中で、800000円でおつりがくるミライースはやっぱりうれしいですね。

軽トラックの中には、エアコンがオプション扱いになっているケースも多いですが、ミライースはエアコンがもちろん標準装備。

もちろん、100万円以上する軽自動車ならばそれなりの金額で買い取ってもらえますが、できるだけ安く購入できる方がうれしいですよね。

安くても高い安全性

かつてのセダンタイプの軽自動車には「安かろう悪かろう」のイメージが付きまとっていましたが、それは過去の話。

現在の軽自動車、ひいては車全体では技術の発展とともに品質も向上してきており、かつてのように路上でボンネットから煙を噴き上げる、そんな光景はめったに目にしません。

しかも、ミライースには自慢の高い安全性をつけることができます。

ミライースのグレード名を見てみますと、末尾に「SA」とつくモデルがありますが、これは「スマートアシスト」というダイハツご自慢の安全装備がついているグレードを示しています。

低速時にうっかり前方不注意をしてしまい、前の車とぶつかりそうになってしまっても、車が自動的にブレーキをかけてくれて衝突を回避、もしくは衝突ダメージの緩和をしてくれるシステムです。

これだけの高級な安全装備も、ミライースにつければ100万円を切る価格で購入が可能。

100万円以下で安全まで買えてしまう車、他ではなかなか見られません。

万人受けするデザイン

スズキのアルトとダイハツのミライースを比べた際、最も違う点はそのデザインです。

スズキのアルトは、最近のフルモデルチェンジでこれまでのアルトのイメージを一新させました。これまでのアルトはどちらかというと丸っこいイメージがあったのですが、現行モデルでは一気に角ばったボディとなって、90年代初めのアルトを想起させるデザインとなりました。

ワゴンRでは、デザインに大胆な変化は加えていないスズキも、アルトでは大幅なデザイン変更をしてきたのです。

一方のミライースは、アルトのクセのあるデザインとは異なり、正統に進化をさせたような無難なデザインとなりました。

スッキリとした流れるようなデザインで、没個性という批判もあるかもしれませんが、裏を返せば万人受けするデザインです。万人受けするデザインということは、買取後のリセールバリューも買い手を選ばず高いということが言えます。

もちろん低燃費

ミライースの売りといえば低燃費ですが、燃費もさらに進化をしています。

2011年のデビュー当時はリッター30キロメートルでしたが、マイナーチェンジを繰り返した結果、現在のミライースの燃費はリッター35.2キロメートルとなっています。

アルトのリッター37キロメートルには若干及びませんが、それでも十分な低燃費です。

運転もしやすいミライースはリセールバリューも高いので、買取にはおすすめです。

ミライースを高価買取は2WDよりも4WD

ミライースには2WDと4WDモデルとがあります。

同じグレードのミライースでも、2WDと4WDでは100000円程度の新車価格差があります。

これらを買い取りに出したとすると、ほぼその差の100000円という買取価格となってきます。つまり、4WD分の価値は新車と中古車で全く変わらないという計算ができますね。

一見すると、あまり4WDが必要なさそうな車ですが、荷物を多く積んだ際に4WDは威力を発揮します。

ミライースなどの車は安くて取り回しも良いことから、営業車としてのニーズもなかなか高いものです。営業者の後部に荷物を積んだとき、坂道でなかなか発進できないのは困ってしまうもの。

しかし4WDのミライースならば、坂道でも4つのタイヤが難なく路面をグリップして発進してくれるのです。

「スマアシ」は必須!

ダイハツご自慢の安全装備といえば「スマートアシスト」です。

ミライースにはD、L、X、Gという4つのグレードがあり、そのうちD以外の3つのグレードでスマートアシストを搭載しています。

Gのみスマートアシスト付きモデルのみというラインナップで、LとXはスマートアシストなしにすることも可能です。

ダイハツのスマートアシストは、装備が充実している割にお得な追加料金なのが特徴で、50000円程度の追加料金でスマートアシストをつけることができます。スマートアシスト付きモデルは、グレードの末尾に「SA」とつきますので、買取の際にもスマートアシスト付きをアピールしやすくなります。

気づいてくれない場合には、スマートアシストがついていることをアピールすることを忘れずに。

走行距離が多くても結構な高価買取

一般的に、車の買取価格は年式が古ければ古いほど、そして走行距離が多ければ多いほど低くなっていく傾向にあります。

ミライースは、マイナーチェンジこそ繰り返しておりますが現行モデルが初代で、そのデビューも2011年と今から4年前です。

5年落ちから大きく価格が変わってくるといわれている年式ですので、今のところは年式による買取価格の変化はあまり気にする必要がありません。

となると問題は、走行距離。

走行距離が多ければ多いほど買取価格が低くなっていく、そんな例にミライースも漏れることがありません。

ただし、その価格差は必ずしも多くなく、例外も存在するのがミライースの特徴です。
例えば、2011年式の同グレードと思われるミライースで、走行距離が5000キロメートル以下のものと、走行距離が50000キロメートルから60000キロメートルのものとがあったとします。

普通に考えれば後者の買取価格の落ち込みは相当なものでしょうが、いざふたを開けてみると、前者の買取価格が790000円なのに対して、後者は600000円となっております。

もちろん、この両者は車の状態も異なるようですので一概に比較できませんが、50000キロの走行距離の違いが190000円というのは、普通に考えるとむしろ小さな価格差ともいえます。

自動車は同じ走行距離を走っていても、頻繁にストップアンドゴーを繰り返す車よりも、ロングドライブをする車の方が車の傷みは少ないもの。4年程度の期間で60000キロメートル弱の走行距離を走ってる車は、ロングドライブをしてきたものと考えられ、価格の落ち込みが少ないのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る