パジェロミニが高く売れる理由は?買取価格相場と高価買取してもらう方法

最近の売れ筋の自動車といえば、軽自動車とハイブリッドカー、ミニバンとそしてSUVくらいなものです。

SUVは「多目的車」とも呼ばれており、オンロードでもオフロードでもそれなりの走行性能を誇っています。

そういえばかつては「RV車」というのがあったような気がするのですが、今ではそれもあまり見かけません。

ランクルやパジェロなどがその代表格ですが、今回は、パジェロの弟分であるパジェロミニ買取人気の理由について見ていきましょう。

ジムニーとパジェロミニの違い

パジェロミニはパジェロを小さくしたようなフォルムをしており、軽自動車です。

パジェロミニと似たような車にスズキのジムニーがありますが、この両者に違いはあるのでしょうか。

あくまでイメージですが、ジムニーはSUVの車両をもとに作られたクロカン仕様の軽自動車、一方のパジェロミニは乗用車をもとにしたSUVの味付けを施した軽自動車です。

パジェロミニという名前は付いていますが、パジェロがSUVベースなのに比べてパジェロミニは乗用車ベースということで、むしろジムニーの方がパジェロっぽい感じがします。

ちなみに、同じスズキの車でもパジェロミニに似た味付けを施しているのが、売れに売れた「ハスラー」です。

未舗装地などの悪路における走破性ではジムニーに分がありますが、オンロードでも走行性能はパジェロミニに分があります。

基本は街乗り、ときどきオフロードという方にはパジェロミニがぴったりなのです。

ラインナップが豊富

パジェロミニは、ラインナップが豊富な車なのも、買取で人気が高い理由の一つです。

前の座席、後ろの座席の天井部分にサンルーフが2つつけられている「ダブルサンルーフ」仕様などは、オンロードベースのパジェロミニらしい楽しいラインナップ。

よりオフロード性能を高め、特に雪道でその強さを発揮する「アイアンクロス」というウィンタースポーツ仕様のパジェロミニもありました。

2代目パジェロは法改正の影響を受けて、長さも幅も大きくなりました。これにより居住性能はアップして、エクステリアもよりスタイリッシュなものへと進化しました。

パジェロミニが最もパジェロミニらしかったのが、2代目ではないでしょうか。

3代目になりますと、パジェロミニはさらに洗練されたデザインとなり、ラグジュアリーかつゴージャスなパジェロミニまで登場しました。

カスタマイズ車として人気のパジェロ

スポーツカーと同様に、パジェロミニはカスタマイズのし甲斐がある車でもあります。

特に足回りなどは、ジムニーとパジェロミニにしかない車高の高さを生かして、様々なカスタマイズが施されています。

ジムニー同様、パジェロミニはベースが比較的シンプルですので、カスタマイズのしがいもあるというもの。自分好みの遊べるSUVがほしいが、昨今のSUVを見てみるとゆうに200万円は超える価格帯ですし、ある程度完成されているのでカスタマイズの余地は多くありません。

車をいじりたい人にとって、余地が多く残されているパジェロミニはうってつけの車なのです。

ジムニーのデザインはどちらかというとオフロードっぽデザインで、そこからオンロードっぽくカスタマイズするのは簡単ではありません。

一方のパジェロミニは、もともとがオンロードベースのデザインですので、そのままオンロードを突き詰めたカスタマイズもできますし、オフロードっぽいカスタマイズも比較的容易です。エクステリアが非常にくせのないデザインなのも好印象。

残念なことに、パジェロミニは2013年に生産を中止しており、今は中古車市場でしかその姿を拝めません。

しかし、RVの軽自動車は極めて稀有なため、買取でも人気があるのです。

パジェロミニ高価買取を実現するために

パジェロミニは、パジェロの名を冠していることからも分かるように、今となっては非常に珍しいRVの軽自動車です。

それだけに中古車市場でもレアな存在で、高価買取も期待できますが、より高価買取を目指すにはどうすればいいのでしょうか。

走行距離は50000キロメートル以下がいい

数年前に製造を中止したパジェロミニは、最も新しくても2年落ちという状況です。

パジェロミニが最もパジェロミニらしかった2代目は、2008年までの製造です。

1年間に10000キロメートル以上走行していたとしても、70000キロメートル以上の積算距離になっているでしょう。

しかし、パジェロミニも他の車の例にもれず、走行距離が少なければそれだけ買取金額も上がります。決して新しい車であるため、走行距離に関しては余計にシビアになりがち。

と考えると、やはり走行距離が50000キロメートル未満であるのが高価買取の条件でしょう。

バランスの良さで2代目がベスト

パジェロミニのコンセプトとしては、「オンロードをベースとしながらも、オフロードでも高い走行性能も兼ね備えている」といった感じです。

このコンセプトに最も合致しているのが、2代目パジェロミニです。

中古車市場において、最もバランスがとれているのが2代目パジェロミニでしょう。

初代パジェロミニはコンセプトこそ合致しているものの、かなりの低年式の車のために買取も販売も振るいません。

最終モデルである3代目は年式こそ高いものの、本来のパジェロミニのコンセプトからは少し離れ、かなりオンロード寄りになっていました。

コンセプトもしっかりとしており、コストパフォーマンスが良い2代目が、買取市場でも人気を誇っています。

買取価格はどのくらい?

ここで気になるのが、実際の買取金額がどのくらいになるのかということ。

もちろん、年式やグレードによって差はあるものの、以下のような感じになります。

初代パジェロミニは、頑張って100000円程度の買取金額です。余裕で10年落ちをしているパジェロミニの初代は、走行距離が少なくてもあまり好材料にはならないでしょう。逆に「乗らなさすぎ」ということで不安がられるかもしれません。

2代目パジェロミニは、300000円程度の買取金額も期待できます。2代目でも後期のモデルであればまだ10年落ちにはなっていませんので、買取には有利に働きます。

また、走行距離が50000キロメートル未満であれば、「大切に乗っている」という印象を与えられプラス査定になるでしょう。

3代目パジェロミニは、500000円程度は期待してもいいでしょう。

特に最後の特別仕様車である「Premium Selection ~Final Anniversary~」は、かなりの高価買取が期待できますね。

足回りとラゲッジルームに注目

パジェロミニで買取査定に備えて準備をするのであれば、足回りとラゲッジルームはしっかりと見ておくべきでしょう。

RVの軽自動車ですので、多少のボディの傷付きなどはさほどマイナスに働きません。むしろシビアに査定されるのは足回りかもしれません。

足回りが泥だらけ、錆だらけだと見た目の印象が悪くなるだけでなく、性能の劣化も懸念されます。

オーナーが丁寧に扱っているかどうかが分かるのが、運転席のシートとラゲッジルームです。

乗り降りが乱暴だと、運転席のシートのドア側がヘタレていますし、荷物の積み込みが乱暴だとラゲッジルームの傷が多くなります。

下取りと買取についてですが、やはりパジェロミニは買取の方が高い金額がつきます。三菱系の中古車店、あるいはRV車を多く取り扱っている中古車店などで買取してもらうといいでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る