ノア・ヴォクシーが高く売れる理由は?買取価格相場と高価買取してもらう方法

最近売れ筋の車といえば、軽自動車にハイブリッドカー、そしてミニバンといったところでしょうか。

特にミニバンは、ファミリーに人気が根強い車種ですが、その中でもトップクラスの人気を誇るのが「ノア」「ヴォクシー」です。

ノアとヴォクシーの基本構造は同じ

ノアとヴォクシーは、トヨタが販売している5ナンバーサイズのミニバンです。

ミニバンの中でも、5ナンバーミニバンは特に売れ筋となっており、そのけん引役となっているのがノアとヴォクシーなのです。

ノアとヴォクシーは、基本構造は同じであり、トヨタ内の販売店やデザイン、カラーリングなどが微妙に異なっています。

ノアは家族向け、そしてヴォクシーはどちらかというと若い人向けのミニバンでしょうか。

3ナンバーサイズミニバンでも、トヨタは同様の戦略をとっています。

落ち着いた人向けにはアルファード、少し若い人向けにはヴェルファイアというように、同様の構造を持つ車をターゲットによって少し変えているのです。

トヨタのほかのミニバンと比べた買取好調の理由

このノアとヴォクシーですが、中古車販売市場においても極めて好調な売れ行きを見せています。

軽自動車だと手狭になったが、アルファードやヴェルファイアを買うほどの金銭的余裕はない、そんな人たちにちょうどいいのがノアやヴォクシーなのです。

中古車市場が活況を呈しているということは、中古車の供給源となる買取市場においてもノアやヴォクシーは絶好調なのは言うまでもありません。他にもトヨタではミニバンがあるにもかかわらず、ノアやヴォクシーはなぜ買取好調なのでしょうか。

ヴェルファイアやアルファードと比べて価格が安いというのは前述しましたが、トヨタの他のミニバン、ウィッシュやアイシスと比べると、やはりノアやヴォクシーの天井の高さが際立ちます。

ウィッシュやアイシスは天井が低いタイプのミニバンであり、一時期は一世を風靡しました。

しかし、天井が高いノアやヴォクシーであれば、室内でのウォークスルーも簡単にできる一方で、ウィッシュやアイシスではそうもいきません。

トヨタには、ノアやヴォクシーよりもさらに小さい、ポルテやシエンタなどのミニバンもあります。

これで事足りる人も多いでしょうが、3列目があるかどうか、それが大きな分かれ目になります。お子さんの部活や合宿の送り迎えでミニバンを使う方は、3列目までお子さんを乗せることもしばしば。

シエンタやポルテではそうもいきません。

3列目まで人が乗らなくても、3列目をたためば広大なラゲッジスペースが完成します。

育ちざかりのお子さんを持つ家族にちょうどいいサイズ、それがノアやヴォクシーなのです。

他社のミニバンと比べて買取好調な理由

トヨタのノアやヴォクシーに相当するミニバンは、他社からも販売されています。

日産ですとセレナ、ホンダですとステップワゴンがそれに相当します。他社のミニバンと比べてノアやヴォクシーが明確な理由は、そのコンセプトが明確な点でしょう。

他社のこのサイズのミニバンは1車種しかありませんが、トヨタはノアとヴォクシーの2本立てです。

1車種しかない他社ですと、どうしても「振り切った」デザインを採用することができませんが、トヨタであればヴォクシーをよりスポーティーかつゴージャスに、ノアはよりファミリーカーに近くすることができます。

ファミリーな人も若い人も両方とも満足させられるミニバン、トヨタの2本立てならばそれが可能なのです。他にも、燃費性能がよいことも買取好調な理由でしょうか。

セレナにもハイブリッドが搭載されていますが、ノアやヴォクシーのそれよりもアシスト能力が高くありません。

燃費にシビアな時代は、ノアやヴォクシーにとっては追い風ですね。

トヨタの5ナンバーミニバンとして確固たる地位を築いているノアとヴォクシーですが、買取りをする際にはどのような点に気を付ければよいでしょうか。

低年式、多走行車ならば下取りも検討に

中古車としては確かに人気の高いノアとヴォクシーですが、それだけに中古車として流通している台数もかなり多いです。

高年式、走行距離が少ない車が高く買取されるのは当たり前としても、初年度登録からかなり経過しており走行距離も増えているような車では、買い取り金額も下がる一方です。

例えば、10年落ちで走行距離が150000キロメートル前後のノアやヴォクシーの場合、50000円の値段がつけばいい方でしょう。もし、ワンランク上のミニバン(アルファードやヴェルファイアなど)への乗り換えを検討しているのであれば、買取りではなく下取りも検討してはいかがでしょうか。

下取りであれば、走行距離や年式にさほど左右されることなく値段をつけてくれます。最低でも100000円以上の価格は提示してくれるでしょう。

しかし、ただ下取りを受けてもらうだけではもったいないので、ここでも複数の業者を天秤にかけるべきです。

ワンランク上のミニバンがほしいのであれば、トヨタ以外にも日産のエルグランド、ホンダのオデッセイなどのライバルがいますので、それらの販売店で下取り込みの見積もりをもらっておきましょう。

その見積もりをもって、改めてアルファードやヴェルファイアを販売しているディーラーへ行くのです。そうすれば、見積もりアップも期待できます。

しかし、他社の見積もりよりも効果的なのは、トヨタ内の異なる販売店の見積もりだったりします。

ノアとヴォクシーが販売店が異なるように、ヴェルファイアとアルファードも販売店が異なります。

同じ販売店の別支店で見積もりを取るのは邪道だとしても、同じ地域の別の販売店で見積もりをとるのは何ら問題ありません。

ハイグレードのノアやヴォクシーは高価査定

ノアやヴォクシーを新車で購入しようとすると、グレードの違いで金額にかなりの差が出てしまいます。

一方で、同じノアやヴォクシーでも、中古車であればグレードが異なっても新車ほどの価格差はありません。

よって、中古車を購入する人の心理的傾向としては、より高いグレードのノアやヴォクシーがお買い得として人気があるのです。

そうなれば、買取りの現場でもグレードの高い車が高価買取になる傾向にあります。

ただし、買取業者によってはグレードをあまり見てくれないところもありますので、ハイグレードであることをしっかりアピールした上で査定を受けましょう。

パールホワイトが人気

どの中古車でもそうですが、ノアやヴォクシーでも白、黒、シルバー系は安定して高価買取をしてくれます。

その中でもノアやヴォクシーで特に買取価格が高いのが、パール系のホワイトです。

パール系であれば、通常のホワイトと比べて汚れも目立ちにくく、しかも高級感があるためです。

やはりハイブリッドが人気

ノアやヴォクシーを購入する人が気にする項目の一つが、燃費です。

燃費にシビアなターゲットにとって、ハイブリッドがあるノアやヴォクシーは大変に魅力的。そのため、ハイブリッドモデルはかなりの人気となっております。

そのあおりをもろに食ってしまった形となったのが、ガソリンモデル。性能的には悪くないのにもかからず、ハイブリッドに押されて買取価格が伸びていません。

もしガソリンモデルのノアやヴォクシーをお持ちで、今後買い替える可能性があるのであれば、早目に査定を受けて売却することをお勧めします。

待っていると年式もどんどん古くなってしまい、決してプラスにはなりませんので。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る