ドライブにこれだけは持って行きたいおすすめグッズ第2弾

以前の記事で偏光サングラスなど、ドライブおすすめグッズをご紹介しましたが、前回ご紹介しきれなかったお役立ちグッズ第2弾をどどんと公開いたします。

前回の記事:ドライブにこれだけは忘れず持って行きたい持ち物5選

USBワンセグチューナー&室内アンテナ

drive-good-2

携帯のワンセグより操作性に優れています♪

ノートパソコンのUSBに挿してワンセグ放送が視聴できる、ちょっと魅惑のガシェットです。

車載用のワンセグチューナーを使って車のディスプレイで視聴してもよいのですが、その場合、停車中でもイグニッションスイッチは「ON」の位置にしておく必要があります。なので車のバッテリーの負担を考えると、ノートパソコンで見られるのってなかなか素敵だと思うのです。最近のモバイルノートPCはバッテリー持続時間も優秀です。

USBチューナーにも小さなアンテナは付属していますが、余程電波状況が良くないと受信は難しいです。そこでお役立ちなのが室内用アンテナです。

drive-good-3

下敷きと言っても良いほどの薄さ&軽さ!

室内と書いてありますが、もちろん車の中だって使えます。実際このアンテナを接続すると受信感度が格段にアップして、映像がとぎれとぎれになるイライラともおさらばです。

ワンセグの画面はもともと解像度は低めなので、画面の端に表示させておくだけで十分です。なのでワンセグを脇目に眺めながら、文章を作成したり、テザリングでネットで調べ物したり、音楽流したり…優雅なモバイル環境を構築できちゃいます。

今後iPhoneにワンセグが搭載されて、室内アンテナも取り付けられるようになったとしたら、USBワンセグチューナーはお蔵入りしそうですが、当面そんなこともなさそうなので、しばらくはお世話になると思います。

ノートパソコンを車内でよく使っているけど、ちょっとテレビも見たいなあという方にオススメです。

後付大型ワイドルームミラー

drive-good-4

くっきりはっきり映りますよ

純正のルームミラーって小さめな上に、鏡面も平面のものが多くて視界が狭いものが多いように感じます。それでも後方の視界は問題ないんですが、特に左サイドの視界が不十分で、ドアミラーと合わせても死角が大きかったりします。そのためどうしても目視する機会が多くなってしまうんですが、ルームミラー、ドアミラー、目視と視線をさまよわせるのにわずらわしさを感じてしまうこともあります。

そこでお役立ちなのが大型ワイドルームミラーです。今あるルームミラーに挟み込むだけで取り付け完了のお手軽アイテムです。

平面タイプと、曲面タイプがあって、曲面タイプだと映る範囲がかなり広がります。ルームミラーだと後方だけしか映らないのが、左斜め後方のかなりの部分が見えるようになるので確認がかなり楽になります。

ただし曲面で広範囲が映るということは、当然写る景色のサイズも小さくなってしまうので注意は必要です。

ですので慣れるまでは距離感がつかみにくいこともありますが、広範囲が映るメリットの前には、大した問題になりません。

デザインも色々と揃っているので、自分好みにチョイスできるのも良いですね。

USB給電付きマルチタップ

drive-good-5

コードは短めのほうが車内ではオススメ

コンセント付きの車、もしくはシガーソケット接続のインバーターがある場合、これがひとつあるだけで、かなり使いみちが広がります。

基本的に、車載のコンセントは一口だけの事が多く、たとえばそこへiPhoneの充電器を挿してしまえば満杯になってしまいます。

車載コンセントの消費電力容量は通常は100Wはあるわけで、iPhoneの充電器だけではその実力のほんの一部分しか活用できないことになります。

車内で充電したいのはiPhoneだけとは限りません。例えば子供がいれば3DSを充電したくなったり、iPadを充電したくなることもあります。旅行ではデジタル一眼レフカメラやビデオカメラのバッテリーの充電が必要になったりもします。

さらに充電だけではなくUSB駆動の扇風機やアロマデフューザー、空気清浄機、加湿器なども使えると長旅には重宝します。

そんな時に大活躍してくれるのがUSB給電付きマルチタップです。

USBの電圧はiPadを充電するのにも充分な出力がありますし、PC周辺機器的グッズもそのまま使えて便利です。充電もUSB含めれば最大3つ同時に給電できるので、このマルチタップひとつあるだけでとっても便利です。

ノートPCの充電だってこなせますが、電源直結で使うと消費電力の大きい物があるので、ドライブ中に充電しておいてバッテリー駆動で使う方が良いかもしれません。

ただし車種によってはマルチタップ非推奨の場合もあるかもしれませんので、ご使用の前に確認するようにしてください。

100均LEDミニライト

drive-good-6 drive-good-7

右のルームランプではちょっと暗い…LEDならピンポイントで明るく照らしてくれます

車に付いているルームランプでもある程度照らすことはできますが、ちょっと薄暗かったり、足元に充分に明かりが届かなかったりします。

夜間に鍵などの小物をシートの下に落としたりすると非常に厄介で、手探りで焦りながら格闘することもあります。

そんな状況で非常にお役立ちなのが100均で買えるLEDミニライトです。非常にコンパクトでありながら5連のLEDは想像以上に明るく、また探したいところをピンポイントで照らすことができるので重宝します。

ドアのポケットに放り込んでおくか、前回ご紹介したS字フックにぶら下げておけば全く邪魔になることもありません。

赤ちゃん用おしりふき

drive-good-8

なにげに最強グッズのひとつです

「赤ちゃん用」「おしりふき」の言葉に惑わされてはいけません。これは実にコストパフォーマンスに優れた、実用的なアイテムなのです。

ウェットティッシュよりも安価で、しかも収納ケースもワンタッチで使いやすいのが付属していたりします。

もともとオムツ替えで手が塞がった状態でも使いやすいようにデザインされているので、シートベルトをしていて不自由な車内でも使いやすいです。

汚れ落としの能力はウェットティッシュに全く劣らず、しかも安いので気兼ねなく使うことができます。

とくに長距離ドライブでは、このおしりふきの出番が頻繁にやってきす。食事の前にはおてふきになりますし、食後は口元や食べこぼしを拭き取ることもできます。靴についたちょっとした泥汚れも落とせますし、窓にこびりついた汚れなんかも落とせますね。

子供が転んで擦り傷なんて時も、傷周りの汚れを清潔に拭き取ることもできます。

ティッシュボックスは積んでいる車は多いですが、これを一緒に積んでおけば車内の快適性が大幅にアップするのは間違いありません。

100均の袋密閉ピンチ

drive-good-9

袋の口をねじらなくても、そのまま閉じられます♪

これは格安車載グッズのなかでも、S字フックと1・2位を争う便利グッズです(当家庭調べ)

ドライブ中の食べかけのお菓子やパンは、普通は袋の口を縛ったり、輪ゴムで留めたりすると思います。

ですが、固く結んでしまうとまた開けるときに苦労しますし、いちいち結んだり輪ゴムで留めるのがそもそも面倒です。

そこで大活躍してくれるのが100均で買える(正式名称がわかんないんですが)袋密閉ピンチです。使い方は簡単!袋密閉ピンチをパカっと開いたら、そこに袋の口を挟んでパチっと留めるだけです。慣れればものの3秒位でしっかりと留めることができるので本当に楽ちんです。

さすがにジップロックのように汁物まではカバーできませんが、スナック菓子や、食べかけのものを閉じるには充分すぎるほどです。

またゴミ袋のニオイが気になるときにはこれで閉じておけばOKです。追加のゴミが出ても簡単に開けられるので、とってもおすすめです。

このワザを奥さんや彼女に教えてあげたら、感激してポイントを稼げるかもしれませんよ。逆に女子力高すぎで変な疑いをかけられるかもしれませんが。

まとめ

ドライブお役立ちグッズ第2弾はいかがでしたでしょうか。

ふだん身近で便利に使っているものを車内に持ち込むという発想が案外出てこなかったりもするんですよね。ぜひ自分の身の回りのものも見渡して、使えそうなグッズを見つけ出してみてください。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る