タントが高く売れる理由は?買取価格相場と高価買取してもらう方法

現在、軽自動車の中で売り上げトップを争っているのは、スズキの「ワゴンR」、ダイハツの「ムーヴ」、そしてダイハツの「タント」です。

ワゴンRとムーヴがハイトワゴンというジャンルに分類されるのに対して、タントは「スーパーハイトワゴン」というジャンルに分類されています。

一つだけジャンル違いのタントが、なぜ他のハイトワゴンと肩を並べるほどの人気を得ているのでしょうか。

歴史を重ねることで成熟してきたタント

軽自動車のスーパーハイトワゴンは、ハイトワゴンに比べてさらに天井を高くしているのが特徴の車種です。

ダイハツの「タント」以外にも、ホンダの「N-BOX」やスズキの「スペーシア」、そして日産の「デイズルークス」など、ライバルも多いジャンルですが、タントはその中で一歩抜きんでている感があります。

ライバルとタントで大きく異なる点、それは歴史です。

N-BOXとデイズルークスが現行モデルが初代、スペーシアは実質2代目(初代は「パレット」という名前)なのと比べると、タントの現行モデルは3代目です。

2度のフルモデルチェンジを繰り返していくうちに、タントはどんどん熟成と完成度を高めていったともいえます。

初代タントは、軽自動車にスーパーハイトワゴンというジャンルを持ち込んだエポックメイキングな車ともいえるでしょう。

これまで似たようなな車といえば、ホンダの「バモス」やダイハツの「ハイゼット」といった、いわゆる1BOXの軽ワゴン車。

そこに、より乗用車の乗り心地に近いタントが登場したのですから、インパクトは相当なものでした。

これまでの軽1BOXを見慣れている人からすると、車内は広いのに運転している感じが乗用車というのは、新鮮な感動というよりもむしろ「違和感」として受け取られました。

しかし、2代目、3代目とモデルチェンジを繰り返していくうちに、周囲の認知度も高まっていき、それに伴い車自体も成熟を重ねていき、完成度をより高めていったのです。

ミラクルオープンドア

タントにあってライバルにないもの、それは何といっても「ミラクルオープンドア」でしょう。

従来の車には、前席ドアと後席ドアの間に「ピラー」が存在していました。
ピラーは車の強度を高めるためには不可欠なパーツなのですが、ピラーがあるがために後部座席の乗り降りがしにくいといったデメリットも存在しています。

ダイハツの「タント」は、ピラーをドアに内蔵することによって強度を保ちつつ、ボディにセンターピラーをなくすことに成功しており、これは世間を驚かせるとともに、特に子育て世代にとっては「赤ちゃんの乗り降りがしやすくなった」と高評価を得ました。

ミラクルオープンドアが、タントの躍進の要因であったのは間違いありません。

なにより広い!

スズキのワゴンRやダイハツのムーヴと比べると、スーパーハイトワゴンであるタントは、やはり車内が格段に広いです。

前部座席はベンチシートタイプとなっており、ゆったりと横になれそうです。

特にその広さを実感できるのが後部座席で、スズキのワゴンRやダイハツのムーヴの後部座席は、どうしても居住性があまりよくありません。

その一方でダイハツの「タント」は、後部座席は足を伸ばせるほどのゆとりがあります。

おまけに前後分割スライド機能がありますので、後ろに積む荷物などによって自由に後部座席のスライドが可能なのです。実際の広さ以上に広く感じてしまうのは、広く見せる工夫をタントが行なっているから。

運転席に座ってみると、前方がかなり開けている印象がありますが、これはダッシュボードの高さを低く抑えているためです。

そのため、不穏とガラスが大きく取られており、開放感と視認性を高めています。

タントの高価買取を実現:なんといっても「タントカスタム」!

多くの軽自動車には、カスタムモデルがラインナップされています。

スーパーハイトワゴン市場においては、N-BOXのカスタムバージョンである「N-BOXカスタム」、スペーシアのカスタムバージョンの「スペーシアカスタム」、そして日産デイズルークスのカスタムともいうべき「デイズルークスハイウェイスター」があります。

もちろん、トップランナーのタントにもカスタムモデルは存在しており、その名を「タントカスタム」といいます。

軽自動車の場合、カスタムモデルは必ずしも趣味の領域とは限りません。カスタムモデルの場合、エンジンがターボエンジンになっているケースも少なくありません。

軽自動車の排気量は660ccと定められており、通常走っている分には問題がないのですが、高速走行や坂道走行、荷物を多く積んでいる際の走行ではパワー不足を感じることも。

特にスーパーハイトワゴンはボディも大きいので、力不足をより感じやすくなります。

それを補うべく、エンジンパワーを一時的に上げるのがターボエンジンです。ターボエンジンを搭載したカスタムモデルは、むしろ実用的なものともいえますね。

しかしその一方で気になるのが、ターボエンジンの燃費ですが、ターボエンジンの燃費は通常の自然吸気のエンジンと比べても、リッター2キロほどしか違いがないにもかかわらず、エンジンパワーはリッターカー並みのパワーが出るのですから、ターボエンジンは優秀です。

そしてタントカスタムでもう一つ気になるのが、価格です。

カスタムモデルが通常モデルよりも価格が高いのは仕方ないことですが、最も高いカスタムモデルでも180万円くらいです。ちなみに、ライバルのN-BOXカスタムの価格は192万円、スペーシアカスタムは184万円ということで、成熟したターボモデルながら価格は最もお手頃ということです。

お手頃価格で購入できるにもかかわらず、買取価格はかなり高くなっています。

5年落ちで走行距離が40000キロメートルほどの黒の「スペーシアカスタムRS」を買取査定のサイトで調べたところ、100万円程度です。

5年落ちで新車と比べて50パーセント以上の買取価格をキープしているということで、これはかなり優秀な数字ともいえます。

通常のタントの上級モデルよりも、タントカスタムの通常モデルの方が買取価格は高い傾向がありますので、何はなくともタントカスタムですね!

通常のタントの場合は?

しかし、購入の際にタントカスタムではなく通常のタントを購入した方は、どうすればいいのでしょうか?

タントに関しては、買取査定を依頼する店舗によってその金額に大きな開きが出やすい車種となっております。

同じグレードの同じようなタントを比較しても、買取店によって200000円以上の開きが出ることはざらです。

面倒くさがることなく、最低3社くらいは買取店に買取をしてもらうと、そのうちの1社くらいは高価買取をしてくれるでしょう。また、モデルによっても買取価格に200000円近い差が出ています。

先代モデルよりも現行モデルの方の人気が高いので、現行モデルを売る予定のある方は少しでも早い買取査定をおすすめします。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る