ソリオを高く売るのは難しい?買取価格相場と高価買取してもらう方法

日本の乗用車は、ユーザーの好みに合わせて様々な車が製造、販売されています。

外国車でしたら、既存の車をストレッチするなどで対応するところでしょうが、日本の乗用車は専用に新たな車を設計、販売してしまうのですから、ユーザーのニーズに何とか応えようという気が満々ですね。

コンパクトとミニバンの間の「プチバン」

軽自動車の中で最も小さいのが、セダンタイプと呼ばれるもので、スズキのアルトやダイハツのミライースなどがこれに相当します。

その次に大きいのがワゴンタイプの車で、ダイハツムーヴ、スズキのワゴンR、そしてホンダのN-WGNなどがラインナップされてますね。

一方で普通乗用車で最も小さいのがコンパクトカーで、トヨタのヴィッツや日産のノート、ホンダのフィットなど、売れ筋モデルがラインナップされています。

今までは、これらよりさらに大きくて背の高いモデルといえば、ミニバンでした。ミニバンといえば、トヨタのノアやヴォクシー、日産のセレナ、ホンダのステップワゴンなど、こちらもかなりの売れ筋モデルが勢ぞろい。

しかし、最近のミニバンの傾向を見てみますと大型化が顕著で、セレナのハイウェイスターなど一部グレードに至っては5ナンバーに収まらずに、3ナンバーサイズになっているものもあります。

大型化するミニバンとコンパクトカーとのギャップは広がる一方で、コンパクトカーでは小さいがミニバンだと大きすぎる、そんなユーザーに要望に応えられる車作りが急務でした。

そこに登場したのが、「プチバン」という新たなジャンルでした。

プチバンの明確な定義はありませんが、軽自動車と普通乗用車が混在しているジャンルでもあります。トヨタですとポルテやスペイド、日産でしたらデイズルークス、ホンダでしたら軽自動車のN-BOXに普通乗用車のフリードなどがその代表例です。

後部座席は基本的に両側スライドドアになっており、利便性は上々です。そこにスズキが送り込んできたのが、軽自動車のスペーシアと普通乗用車のソリオでした。

ミニバンとは異なる価値観

スズキのソリオは、ミニバンとは明らかに異なる価値観を持っているからこそ、人気を博しています。

ミニバンの購入理由として大きいのが「大人数でもストレスなく乗れる」や「荷物がいっぱい積める」というのが多いのに対して、ソリオの購入理由として大きいのが「取り回しが良い」「燃費が良い」などです。

ミニバンは、日常での使いやすさよりもロングドライブなどの週末レジャーに重きを置いた選び方をされているのに対して、ソリオはより日常的な使われ方を重視したデザインといえます。

確かに、両側スライドドアですので乗り降りは非常に楽な点がミニバンの使いやすさを踏襲していますし、それでいてコンパクトなボディは狭い道での取り回しにも優れています。

ソリオにハイブリッドが登場

そして、2015年8月、ソリオに新たな仲間が登場しました。それがソリオハイブリッドです。

これまでスズキの低燃費技術といえば、エネチャージやS-エネチャージが主流でした。

エネチャージはブレーキなどによって発生したエネルギーを電装部品に使用、S-エネチャージは同じエネルギーをモーターに使いエンジンをアシストしていました。

この両方の低燃費技術は、今やスズキの多くの車種に導入されています。

そしてスズキが満を持して投入したのが、本格的なハイブリッド技術です。

S-エネチャージではエンジンをモーターがサポートするものの、エンジンが完全に停止することはありません。

一方でハイブリッドならば、低速走行時には完全にエンジンがストップし、モーターのみの運転になるため、大幅な燃費向上が期待されます。

ソリオの高価買取は難しいかも

ミニバンの収納力とコンパクトカーの取り回しの良さを兼ね備えたこの車は、隠れた名車との呼び声も高いですが、ソリオをより高額で買い取ってもらうにはどうすればいいのでしょうか。

経済の法則でいえば、市場に同じ商品があふれていればその商品の価格は下がり、市場に同じ商品が少なければその商品の価値は上がっていきます。

それは中古車の買取でも似たような傾向で、買取りの依頼が多いありふれた車であれば買取価格は下がっていき、買取りがあまりない車の場合には買取価格は上がっていきます。

発売して間もないモデルチェンジ後の車や、あまり乗っている人がいない特別仕様車などが買取価格が高いのは、これが理由として挙げられます。

しかしソリオに関しては、この法則が必ずしも当てはまりません。ソリオは車のポテンシャルとしてはかなり高いし使い勝手も良いです。

燃費もリッター25キロメートル程度はいきますし、取り回しも非常によく先進の安全技術も搭載されています。

しかし、いかんせん知名度がさほど高くありません。知名度がさほど高くないため、それを購入しようとする人もさほど多くありません。

もともとはワゴンRの兄貴分として誕生したのがソリオなのですが、ワゴンRが抜群の知名度で買取が好調なのに対して、ソリオは買取はあまり芳しくはありません。

市場原理のもう一つの法則として、引き合いの多い商品は高く引き合いの少ない商品は安い、というのもあります。

ソリオはまさにそれで、市場に同じ商品が少ないため買取価格も上がっていきそうですが、そもそも買い手が少ないので買取価格を上げるのはなかなか難しいです。

2010年と2011年を境に買取価格は大きく異なる

ソリオの買取価格を見ていくうえで外せないのが、2010年式と2011年式です。

実は、3代目のソリオが登場したのが2010年の末でした。

モデルチェンジに伴う買い取りっ核の差というのももちろんあるのですが、中古車の買取における法則として、5年落ちをめどに買取価格が大きく変動するというのがあります。

2015年はちょうど2010年のモデルチェンジから5年にあたりますので、ソリオの買取においては節目ともいえる年となります。

少し古いデータなのですが、2010年式のソリオが1.3Eというグレードで走行距離が50000キロメートル弱ですと220000円程度なのに対して、2011年式のソリオがGというグレードで走行距離30000キロメートル程度で530000円程度となります。

どちらもベースグレードで走行距離は20000キロメートルほど違いますが、モデルチェンジの前後というだけで300000円以上の価格差が開いています。

モデルチェンジ前の2代目が5年落ちを迎え、モデルチェンジ後の3代目が間もなく5年落ちになろうとするこのタイミングは、3代目を売却するうえで絶好というかラストタイミングともいえそうです。

4代目ソリオも大きく影響を与える

そして2015年8月には、新たに生まれ変わったソリオがデビューをします。

本格的なハイブリッドを投入する4代目のソリオは人気も出そうですが、それに伴って前モデルの買取価格にも大きく影響が出そうです。

特に3代目のソリオは、前述したように5年落ちのタイミングや前のモデルというハンディキャップもあって、大幅な買取価格の下落が考えられます。

もともと買取価格のさほど高くない2代目はさほど下がりようもありませんが、3代目ソリオは200000円から300000円の下落も考えられますので、早めに売るのが吉です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る