スイフトが高く売れる理由は?買取価格相場と高価買取してもらう方法

自動車メーカーのスズキといえば、軽自動車のイメージが強いですが、軽自動車のみならず普通車も取り扱っています。

普通車の中でも抜群の人気を誇っているのがスイフトですが、スイフトは新車販売のみならず、中古車販売や買取においても人気を誇っています。

日本には稀有なモデル

スイフトはドアのハッチバックということで、トヨタでいえばヴィッツやアクア、日産でいえばノート、ホンダでいえばフィット、そしてマツダでいえばデミオが直接のライバルとなります。

しかしスイフトは、ライバルとは明らかに一線を画した車作りをしています。最近の日本のコンパクトカーは、明らかに低燃費に向かっています。

もちろん、化石燃料の枯渇を考えれば低燃費は重要な要素ですし、エコな運転もそれはそれで楽しいものです。

しかし、それは車本来の楽しみ方ではありません。

思う存分走らせてなんぼ、が車本来の楽しみなはずで、スイフトはまさに思う存分走らせることに重点を置いた自動車なのです。

ヨーロッパの車には、BMWやフォルクスワーゲンにドアのハッチバックでスポーティーな走りができるモデルが多いですが、日本でその一番手といえばやはりスズキのスイフトでしょう。

他の車でもスポーティーモデルでそれを実現できますが、スイフトは標準モデルでも十分にスポーティーな走りができるのが、稀有な点です。

足回りが珠玉の出来

スポーティーな走りをするうえで、エンジンパワーとともに重要な要素となってくるのが、足回りの良さです。

足回りが良ければ、それだけハンドリングもよくなりますが、他の日本車メーカーで5ドアハッチバックを出しているところは、スポーティーモデルで足回りを強化しています。

一方スイフトは、標準モデルのままですでに上質な足回りを備えているのです。それならば、とことんまで性能を突き詰めてみようというのが当然の人間心理。

とことんスポーティーなモデルに仕立てたのが「スイフトスポーツ」です。

買取においても、標準モデルとスポーツモデルでは、やはりスポーツモデルの方が明らかに高価買取となっております。

足回りの強化は特に珠玉の出来で、フロントサスはショックアブソーバーという衝撃吸収機能を強化。

サスペンションの取り付け部分にはしっかりと補強を施しており、リアサスもスイフトスポーツ専用の設計となっている贅沢ぶり。

しなやかに動くのが、実際に乗ってみるとよく分かります。

ショックアブソーバーはボルボなどに使われているテネコ社製ですので、その良質さは折り紙付き。

路面を探すようなでこぼこした感触がないのはもちろんのこと、「柔らかいのでは」と感じてしまうほどの衝撃吸収能力です。

走りを楽しめるインテリア

日本の道を走るのにマニュアルシフトは若干シフトチェンジが忙しい、しかしオートマでは走りを楽しめない。

そんな方のために、スイフトスポーツでは7速まであるCVTモデルとなっており、ステアリングにはパドルシフトが装着されていますので、峠道でもステアリングから手を離さずに運転を楽しめます。

走りをより楽しむための最新設備も充実しています。横滑り防止装置により車の横滑りを防止して、クルーズコントロールがつくことで、長距離の高速走行でも体が疲れることがなく、しかも省エネ運転にも大きく役立ってくれます。

インテリアは黒を基調としており、シートやステアリングにはレッドステッチが施されています。

このレッドステッチが、またスポーティーな気分を盛り上げてくれるのです。

スポーティーな走りだからといって、決して日常使いしにくいわけではなく、日本の道路でもしっかり走れるコンパクトさも持ち合わせている、スイフトが人気の理由はこんなところにもあります。

スイフトの高価買取について

スズキの世界戦略車といっても過言ではない「スイフト」。

2000年に発売を開始して、現在のスイフトは3代目となります。

日本では5ドアハッチバックのみが販売されていますが、スズキの人気が高いインドなどでは3ドアハッチバックや4ドアセダンのスイフトなども販売されています。

そんなスイフトを高価買取するにはどのようなポイントがあるのでしょうか。

2代目以降が高価買取が期待できる

スズキスイフトはこれまで2回フルモデルチェンジを行っていますが、買取りで有利なのは2代目と3代目です。

もちろん、古くなればそれだけ低年式車にもなりますし、走行距離もかさみますので当然の結果ですが、初代が不利なのはそれだけの理由ではありません。

スイフトが本格的に脚光を浴び始めたのは、実は2代目が登場してからです。初代スイフトは「低価格の小型車」という位置づけでしたが、これはあくまでも日本向けの車でした。

しかし2代目の開発にあたって世界戦略を視野に入れるようになると、スイフトは大幅な進化を遂げました。

低価格はそれなりに維持をしながら、基本性能を大幅に向上させたモデルへと変貌を遂げたのです。

標準モデルでも高い性能を誇るスイフトは、世界から高い評価を得るに至り、ヨーロッパやインドなど世界の8つの拠点で生産をされている車となりました。

2010年には3代目スイフトが登場しましたが、2代目の評判があまりに良かったため、基本的なデザインに関しては2代目からさほど変更されていません。

それでも、インテリアなどは質感が大幅に向上しており、より楽しく運転できるようになっています。

買取なら今

そんなスイフトは、3代目が登場してからすでに5年が経過しました。

2016年には4代目スイフトが登場するともいわれています。

4代目スイフトが登場すれば、2代目スイフトの買取価格が大幅に減少してしまうのはもちろんのこと、3代目スイフトも大幅な買取価格のマイナスが想像できます。4代目スイフトの登場は2016年の夏ごろではとも言われていますので、遅くても2016年の3月までには買取に出したいところです。

年度末は中古車需要が高まり、コンパクトハッチバックであるスイフトもフレッシャーズには人気の車です。

また、特に2代目スイフトに言えることなのですが、車の買取は5年落ち、走行距離50000キロメートルを境に大きく変動していきます。

これ以上になってしまうと、買取価格が大きく下落してしまうのです。

スポーツカーでしたら走行距離は通常よりも重視されませんが、スイフトはスポーティーな走りを楽しめながらも普段使いの車として購入されるケースが多いので、走行距離は重要なポイント。

もちろん、スイフトは100000キロメートルを超えた走行距離でも安心して走れますが、2代目スイフトの初期モデルがそろそろこの条件に引っかかってきますので、走行距離と年式を考慮して買取に出しましょう。

スイフトスポーツは別格

スイフトの中でも、スイフトスポーツは別格です。

とことん走行性能を追求したスイフトのスポーツモデルは、低年式でも走行距離が多くても買取は高額が期待できます。

同様の年式、走行距離でもスイフトスポーツの方が200000万円以上買取価格が高いのは、珍しくありません。スイフトスポーツは普段使いではなくロングドライブのために購入する人が多く、実際の走行距離ほど車は傷んでいません。

ですので、通常のスイフトのように年式や走行距離で買い替えのタイミングを計る必要は全くありません。ユーザーのタイミングの問題でしょう。

スイフトスポーツは中古車としての流通台数が少なく、しかも人気が高いため強気の交渉に出ても問題はありません。

ちなみにスイフトには、スタイリングを重視したスイフトスタイルというモデルもありますが、スイフトスポーツほどではないにせよ高価買取が期待できます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る