キャロルが高く売れる理由は?買取価格相場と高価買取してもらう方法

あまり軽自動車のイメージがない最近のマツダですが、どっこい軽自動車もちゃんと販売しています。

とはいってもマツダが生産をしているわけではなく、他社の軽自動車をエンブレムだけ付け替えて販売をする、そのようなビジネスモデルを採用しています。

アルトをOEM供給されている「キャロル」

このようなビジネスモデルを「OEM供給」といい、マツダ以外にもトヨタや日産、三菱やスバルなど多くの自動車メーカーで現在盛んに行なわれています。ダイハツのミライースをトヨタの「ピクシスエポック」として販売するなどしていますね。

供給元からすれば生産台数が増えて利益が伸びるメリットがあり、供給先からすれば多額の投資をせずとも自動車を販売できるメリットがあります。

マツダがスズキの軽自動車であるアルトをOEM供給されて販売している車、それが「キャロル」です。

かつては独自でキャロルブランドの軽自動車を製造販売していたマツダでした、が現在ではスズキから軽自動車のOEM供給を受けています。

キャロル以外にも「フレアクロスオーバー」(スズキのハスラーのOEM供給)などがありますね。

かつてのアルトのフォルムがよみがえったキャロル

スズキのアルトを知っている人ならば、現行型のアルトのエクステリアを見て「なんだか昔見たことのあるアルトだな」とお思いでしょう。

いつからかアルトは丸っこいデザインとなってしまいましたが、丸っこいデザインはオリジナル生産をしていたころのキャロルのデザインにも通じるところがあり、OEM供給されてからも違和感はありませんでした。

ところが、現行アルトのエクステリアデザインはキャロルの系譜からは大きく外れるデザインだったのです。ちなみに、現行アルトとキャロルのデザインの違いはエンブレムのみで、それ以外は全く変わりがありません。

これは相当違和感がありましたが、逆に個性的なデザインが好評を博しています。

現在のマツダも「魂動デザイン」のコンセプトを打ち出しており、それと通じるところがあるかもしれません。

流麗とまではいきませんが、これまでのキャロルよりは躍動感を感じるフォルムです。

「キャロルかぶり」が少ない

スズキのアルトは、マツダ以外に日産にもOEM供給をしており、ピノという名前になって販売されていました。

この当時は、アルトもピノも結構多くの台数が街中を走っており、街中で同じエンブレムを付けたアルトやピノに乗っているとなんだか損をした気分になるものです。

一方でマツダのキャロルは、街中で走っていても「キャロルかぶり」することがまずありません。

人気がないといえばそれまでですが、知名度の問題もあるでしょう。知名度がさほどないキャロルは、新車や中古車で購入する際にも大きな値引きが期待できます。

性能はスズキアルトと全く変わりがないのに、アルトよりもお得な価格で買える可能性はかなり高くなります。

買取をしてもらう際には、その性能の高さをアピールしていけば差額はより少なくなるというものです。

ディーラーの違いも買取に影響が

キャロルやアルトを購入した際、何か不具合があったらディーラーに持っていけばいいのですが、ディーラーの違いも買取に少なからず影響を与えています。

スズキのディーラーは「スズキ店」「スズキアリーナ店」の2つで、その下に「サブディーラー」が存在しています。

マツダの場合には「マツダ店」「アンフィニ店」「オートザム店」に加えて「関東マツダ」があり、ディーラーの範囲が広がっています。

ディーラーの数もマツダの方が多いので、万が一の時にはマツダに駆けこめばいい、キャロルにはそんな思いもあります。車としての安心感が、キャロルの買取を多少有利にしているのです。

キャロルの高価買取は簡単ではない

キャロルを高価買取してもらう際にはどのような工夫が必要なのでしょうか。

いきなりですが、キャロルの高価買取はそう簡単なことではありません。エンブレム以外はアルトと全く同じボディ、性能を持つキャロルですが、その知名度は天と地ほどの差があります。

セダンタイプの軽自動車としてトップランナーの地位を確立しているアルトに対して、キャロルは「マツダで軽自動車なんか販売していたの」という人さえいるほどです。

デミオやロードスターなど、美しいフォルムが自慢のマツダデザインにあって、明らかに異質なキャロルはマツダとなかなかリンクしません。

ただでさえマツダ車は、その実力の割に買取価格が伸びないといわれています。その中でも知名度と存在感がないキャロルは、買取では覚悟を決めて臨まなければなりません。

おすすめグレードは「GL」「GX」

マツダのキャロルには、「GF」「GL」「GS」「GX」の4つのグレードがラインナップされています。

GFはベースグレードで2WDの5速マニュアル車で、850000円弱の新車販売価格です。GFに安全装備をプラスしたアップグレードモデルがGLで、2WDと4WDがあってCVT車が、910000円強からの価格です。

GLに快適装備をプラスしたのがGSで、2WDと4WDがあってCVT車が、101万円強の価格です。

GSに先進のセキュリティ装備をプラスした最上級グレードがGXで、2WDのCVT車が112万円強で販売されています。

一般的には、マニュアル車の買取査定額は低くなりますので、GFは販売価格が安くても買取では振るわない可能性が高いです。

GFに60000円ほどプラスするだけで、レーダーブレーキサポート(衝突被害軽減ブレーキ)に誤発進抑制機能、エマージェンシーストップシグナルにヒルホールドコントロールといった先進の安全装備がてんこ盛りでついてくるのですから、GLは間違いなく買いですし、買取でも大きなアピールポイントとなります。

GSはGLよりも100000円以上高い新車価格ですが、GLにない装備といえばドアミラーが電動格納になったり、リアシートにヘッドレストがついたりといった程度です。

キャロルのリアシートに人が乗ることはあまり想定しませんし、ドアミラーは手でたたんでもいいので、100000円を余計に払ってまでGSを買ってもあまりいいことはありません。

GXはGSに100000円くらいプラスするのですが、100000円の価格差は十分に元が取れる充実装備です。

イモビライザーがついていますし、エアコンもフルオートエアコン、可倒式ルーフアンテナ、キーレスプッシュボタンスタートシステムなど、ディーラーオプションがとても充実しています。

充実アクセサリーで買取価格アップも

マツダのキャロルにはアクセサリー類が充実しており、アクセサリー次第では買取価格のアップも見込めます。

アルトでもあった「めがねガーニッシュ」は特徴的なフロントフェイスにはぴったり。イグニッションキーの照明があれば、キーの差し込みで迷うこともありません。

キャロルの拡張性をアップさせるならシガーライターは必須です。

キャロルの買取交渉は性能アピールで

知名度の低いキャロルで買取交渉を行なう際には、知名度に左右されないポイントで買取価格のアップ交渉を行なう以外にありません。

前述したようなGLの安全装備の充実や、GXの先進のセキュリティシステムの充実などを積極的にアピールしていきましょう。

その際、自分の車を知らなければ交渉の手札も少ないので、あらかじめ自分の車の長所を勉強しておくといいですよ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る