インプレッサが高く売れる理由は?買取価格相場と高価買取してもらう方法

売れる車と売れない車、この二極化が叫ばれて久しいですが、販売網が広い車のメーカーは売れる傾向にあり、販売網が狭い車のメーカーは売り上げに苦戦している傾向があります。
そんな中、決して販売網が広いとは言えないスバルのインプレッサが売れていますが、これはなぜなのでしょうか。

BOXERエンジン

ちなみに、東京都内にあるスバルのディーラーは32拠点しかなく、トヨタの255拠点と比べるまでもありません。

それにもかかわらず、日本自動車協会連合会の調べによりますと、2013年の1.6リッターから2リッターのワゴンの自動車販売台数において、インプレッサはクラスナンバーワンの売り上げ台数を誇ります。

今やスバルの代名詞ともなっているのが、水平対向4気筒の「BOXERエンジン」です。

この名前を聞いて、ボクシング選手みたいだと感じた方、いいセンスをしていますよ。

BOXERエンジンの名前の由来は、ピストンの動きがまるでボクシング選手がグローブを打ち合わせるように見えるからともいわれているのです。

一般的なエンジンは、縦型の直列4気筒と呼ばれるものです。縦型の場合はピストンが縦運動をするのに対して、BOXERエンジンはピストンが横運動をしますので、縦揺れがより少ないのはBOXERエンジンということになりますよね。

しかも、エンジンを横長にできるので、その分エンジンの重心を低くでき、走行が安定するメリットもあります。

それならば、他のメーカーも追随すればいいのにと思われますが、そう簡単なことではなく、水平対向エンジンを商品化しているのは、スバル以外にはポルシェしかありません。

重心が低いほど、コーナーリングのステアリングが安定するメリットがあります。

また、エンジン自体の性能もよく、1.6リッターエンジンでも2リッターと錯覚してしまうようなパワフルさを実感できます。

スバルのAWD

車の要となるのはエンジンですが、それ以外のパーツも重要なのは言うまでもありません。

操作性を重視する人にとって、4輪が吸い付くように走ってくれるために欠かせないものが、4輪駆動、つまり4WDです。

ただでさえ、BOXERエンジンによって重心が低くなっているおかげで、安定した走行が得られているインプレッサですが、それに加えてインプレッサの4WDである「シンメトリカルAWD」は、さらなる安定走行をインプレッサにもたらします。

シンメトリカルAWDは、シンメトリカルという名前の通り、左右が完全に対称となるような設計がなされております。

これのおかげで、高速道路を走行していて急に横風が吹いてきても、それをものともしない安定感があるのです。

快適なインテリア

エンジン性能がよく足回りも素晴らしいという車は、概してインテリアにはあまりこだわっていない印象がありますが、インプレッサに限ってはそれは当てはまりません。

ワゴンは後部の天井が絞り込まれている傾向があり、その分後部座席は窮屈になりがちですが、インプレッサは180センチの大人が乗り込んでもまだ天井に余裕があります。

天井だけでなく、後部座席の足回りも同様に余裕があり、同じく180センチの大人が乗り込んでも足が組めるほどのゆとりがあります。

フロントガラスも大きく取られており、視認性もかなり良いです。

スバルといえばアイサイト

足回りと視認性の良さで一定の安全性は確保していますが、それをサポートするのがスバルの自動衝突防止装置である「アイサイト」です。

アイサイトには、衝突防止だけではなくクルーズコントロール機能もついており、高速道路でアクセルを踏まなくても一定速度をキープしてくれます。

座席のゆとりと相まって、ロングドライブに十分耐えられるからこそ、乗っていて楽しいインプレッサは人気があるのです。

インプレッサ高価買取を実現するために

かつは同じスバルのステーションワゴンである「レガシィ」の弟分のような存在でしたが、やがて独立した人気を博していきました。

その人気の火付けともなったのが、ラリーです。

インプレッサといえばラリーと言うほど、世界ラリー選手権におけるインプレッサの活躍は目覚ましいものがありました。

現在では、世界ラリー選手権にインプレッサは参戦していないものの、現行のインプレッサにもラリーのイメージは強く残っています。

そんなインプレッサを少しでも高く買い取ってもらうためには、どのようなことに注意すればいいでしょうか。

インプレッサは車の状態がそのまま買取価格に反映される

インプレッサに限らず、多くの車を買取査定してもらううえで重要なポイントとなるのが、年式、グレード、そして走行距離です。

年式は新しい方がよく、グレードはできるだけ高く、そして走行距離はできるだけ少ないのがいいのは間違いありません。

スポーツカーの中には、トレノのように一部モデルにカルト的な人気が出て、年式や走行距離を全く無視した高価買取がなされている車もありますが、インプレッサに関してはそれはありません。

確かに、かつて販売されていたインプレッサWRXのWRCモデルなどは人気があるかもしれませんが、異常な買取価格というわけでもありません。

インプレッサは、モデルチェンジを繰り返すごとに間違いなく性能がアップしており、正統進化を繰り返している車ですので、ユーザーの満足度も現行モデルに近づくほどに高くなっていくのです。

確実な車作りがなされているインプレッサだからこそ、買取価格は年式やグレード、走行距離が素直に反映されています。

インプレッサは1年経過するごとに約4%査定額が下がるともいわれています。

年式とグレード、走行距離の中でインプレッサの買取価格に最も大きな影響を与えるのがグレードです。

低年式で多走行車でも、グレードが高ければ何とかいい値段は付きますが、低いグレードで年式や走行距離がそこそこでも、あまりいい値段は付きません。

インプレッサは走りを重視

グレードが高いというと、内装に特別な素材を使っていたり、エクステリアに特別なパーツをつけていたりという印象がありますが、インプレッサで特に重要視されるのは走りです。

エクステリアやインテリアよりも、走行性能を重視して購入される方がインプレッサに関しては多いので、ハイグレードモデルでも、特にAWDやアイサイト装備車は人気が高くなります。

走行性能を担保する意味でも、整備は欠かせません。

整備と言っても、カー用品店で行っているような整備ではなく、スバルのディーラーでしっかりと行なわれて整備簿にもしっかり記録してもらえるような整備をしておくと、買取の際にプラスとなります。

中古のインプレッサを購入する方はロングドライブをする方も多いので、あまり走行距離は重視していません。

極論になりますが、性能さえきちんと担保されていればいいのです。

できるだけ純正に近い状態で

スポーツカーと言うと、車いじりの対象となる車でありますが、買取をしてもらう際にはできるだけ純正の状態の方が喜ばれます。

スポーツカーは走行性能を重視する車であり、武骨なインプレッサはその傾向がより強まります。

走行性能を妨げるようなカスタマイズがあらかじめ施されていると、マイナスポイントとなってしまうのです。

車いじりをしたい方は、できるだけまっさらな状態の車を自分好みにいじり倒したいものです。

排気量は2リッターで、ハイグレードだがカスタマイズはされておらず純正に近い状態、そのようなインプレッサでしたらかなり高額査定が期待できます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る