アルファード・ヴェルファイアが高く売れる理由は?買取価格相場と高価買取してもらう方法

トヨタの高級ミニバンの代名詞と言えば、「アルファード」「ヴェルファイア」です。

これらのミニバンは、新車販売はもちろん中古車販売も好調であり、中古車の供給源となる買取もそれに伴い高価買取が増えています。

ではなぜ、アルファードやヴェルファイアの買い取り金額は高いのでしょうか。

ターゲットを明確化してある

もともと、トヨタのミニバンと言えばエスティマでしたが、そこに新たに登場したのがアルファードです。

アルファードは「G」「V」などのラインナップがありましたが、2008年のモデルチェンジより、アルファードから分かれてヴェルファイアが誕生しました。

従来のGがアルファードとなり、Vがヴェルファイアとして生まれ変わって、アルファベットは名前からとれました。

それに伴い、それぞれの車種は販売店ごとの専売となり、アルファードはトヨペット、ヴェルファイアはネッツ店での販売となっております。ノアとヴォクシーと同じように、基本的には同じ構造を持つのが「アルファード」「ヴェルファイア」です。

ノアが大きくなったのがアルファード、ヴォクシーが大きくなったのがヴェルファイアと言えますね。

アルファードが落ち着きあるゴージャスで、ヴェルファイアはキラキラしているゴージャスといった感じでしょうか。

このように、ターゲットをある程度明確化しているアルファードとヴェルファイアは、そのコアターゲットに人気が高いため、買い取り金額が高くなるのです。

ゴージャスなインテリア

アルファードやヴェルファイアには、多くの人が乗ることが想定されています。

ですので、1列目だけでなく、2列目や3列目の居住性も大きなポイントです。アルファードやヴェルファイアの乗員定員は、8人乗りのほか7人乗りもラインナップされています。

8人乗る可能性のある場合には8人乗りをチョイスします。

8人乗る可能性がない場合には、より居住性を高めた7人乗りが賢明でしょう。

7人乗りの場合、2列目シートがベンチシートではなく独立したキャプテンシートとなります。

特にアルファードは、2列目シートが極上のファーストクラスのような居住性を実現させています。

より快適なドライブを楽しみたい人にアルファードやヴェルファイアは人気があり、それが高価買取のけん引役ともなっています。

シート以外にも、高級ミニバンならではのゴージャスな装備にも注目です。

HDDナビゲーションシステムにトヨタプレミアムサウンドシステム、といった高級な装備がオプションで装備できます。

ハイブリッドが魅力

そして、最近ではアルファードやヴェルファイアにもハイブリッドシステムが搭載されています。

ハイブリッドシステムの先駆けとして確固たる地位を築いているトヨタですので、アルファードやヴェルファイアのハイブリッドも相当なもの。

ハイブリッドと言えばまずは低燃費のメリットがありますが、それは言うまでもありません。

そのほかにもメリットがあり、高級ミニバンに必要な静粛性をハイブリッドシステムはより実現させてくれます。

加速時にはハイブリッドのモーターが作動して、車内は非常に静かになっています。

しかも、そのモーターは最大で電圧650Vもありますから加速も非常にパワフルで、重いアルファードやヴェルファイアもぐいぐい引っ張ってくれるのです。

さらに、エコであることもハイブリッドシステムのメリット。

排ガスも非常に少なく、その分税制面で優遇されています。

このように、トヨタの高級ミニバンであるアルファードやヴェルファイアは、中古車としても非常に人気があるため、買取りとしても高額査定が期待できます。

人気車種であるため、可能性も非常に大きいです。

アルファード・ヴェルファイア高価買取を実現するために

トヨタが誇るLLサイズのミニバン、アルファードとヴェルファイアは放っておいても結構な高値が付きますが、さらに高価買取を実現させるためにはどうすればいいのでしょうか。

買取り人気はヴェルファイアの方がアルファードよりも上

エクステリア以外は特にこれといった違いがみられないアルファードとヴェルファイアですが、こと買取においてはどちらかというとヴェルファイアの方が高値が付く傾向があります。

新車販売においてもヴェルファイアの方がアルファードより売れており、その傾向がそのまま買取市場にも持ち込まれた格好です。

新車でヴェルファイアの方が売れているのはやはり見た目の違いであり、中古車でLLサイズのミニバンを買おうと考えている人も、その傾向は変わりません。ちなみに、同じサイズの日産の「エルグランド」と比べると、同様のスペックであるにもかかわらず、買取価格はアルファードやヴェルファイアの方が高い傾向にあります。

これは、アルファードやヴェルファイアの方が人気が高いからです。

排気量の違い

アルファードやヴェルファイアには、エンジンの排気量が2.4Lと3.5Lの2種類ラインナップされています。

当然ながら、3.5Lの方が新車販売価格は高く、買取価格も当然ながら高値がついています。しかし中古車市場では、取り回しも良くなく維持費も結構かかる3.5Lよりも、2.5Lの方が人気が高くなっております。

よって、新車販売価格では開きのあった2.4Lと3.5Lですが、こと買取価格となるとその差は一気に縮まってくるのです。

3.5Lの場合、よりグレードの高いアルファードやヴェルファイアを持っていれば、極上のミニバンをほしがる人にとってはうれしいもの。

これは2.4Lにも言えることですが、グレードは高い方が買取価格で高値を期待できます。

モデルチェンジ後の買い取り価格の変動

アルファードとヴェルファイアは、2015年1月にフルモデルチェンジを行いました。

一般的に、フルモデルチェンジを行うと旧モデルの買い取り価格に大きな影響を及ぼすとされています。

しかしアルファードやヴェルファイアに関しては、今回のフルモデルチェンジで大きな影響は被りそうにありません。

というのも、パワーユニットや燃費といった「肝」となる部分には大きな変更・向上がなされていないからです。

エクステリアやインテリアの変更にとどまっており、それもあってか中古車市場でも大きな変動は見られません。

逆に、性能的には大差はないがお買い得な旧モデルの需要が高まる可能性もあり、むしろ買取にとっては好都合です。

アルファードやヴェルファイアの買取りを希望している方は、駆け込みで慌てて買取をしてもらう必要はありませんので、じっくりと査定してもらいましょう。

旧モデルののアルファードやヴェルファイアで注意をしたいのが、その年式です。

実は2011年に大きなマイナーチェンジを行っており、その前後で買取価格が大きく異なってきます。

マイナーチェンジ前と後では、同じグレードでも最大で60万円以上の買い取り価格の差があります。

ハイブリッドは別格

そんな状況の中でも、安定した高値買取を見せているのがハイブリッドです。

ハイブリッドによるガソリン代よりも、買取りの際のリセールバリューの高さがアルファードやヴェルファイアハイブリッドの特徴です。

ハイブリッドモデルでも、マイナーチェンジ前後で価格差はあり、それはガソリンエンジンよりもむしろ拡大しています。

ただし、新車販売価格からの寝落ちで比べてみると、ガソリンエンジンモデルよりは価格差がないので、マイナーチェンジ後のアルファードやヴェルファイアのハイブリッドをお持ちの方は、落ち着いて査定してもらいましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る