アクアが高く売れる理由は?買取価格相場と高価買取してもらう方法

トヨタのプリウスによって市場が一気に開拓された感のある「ハイブリッドカー」。

その後、ホンダのインサイトやフィットハイブリッドの登場などにより、トヨタのハイブリッドカーにおける牙城は盤石ではなくなりました。

割安なアクア

インサイトやフィットハイブリッドがプリウスと対峙する際に武器としたのが、車両価格の安さです。

ハイブリッドの燃費ではプリウスに及ばなくても、車両価格の安さで対抗してきたのです。そこでトヨタは、プリウスに次ぐ第二の矢を放ちました。

それこそが「アクア」です。

アクアはプリウスの弱点とも言われている、本体価格の高さを補う存在でした。

プリウスの本体価格が200万円を優に超える高めの設定だったのに対して、アクアの本体価格は170万円程度からと、比較的お求め安い価格帯にしました。

これは、低燃費で高級化を進めている軽自動車への対抗策とも言えますね。本体価格だけでなく、中古車購入後の維持費にも大きく影響してきます。

プリウスは3ナンバー、一方アクアは5ナンバーサイズですので、各種税金を比べてみますとアクアの方が当然安くなっています。

維持費を考えれば、アクアの方に人気がシフトしていくのです。新車の本体価格差は、もちろん中古車市場、そして買取価格にもしっかりと反映されています。

中古車市場でもアクアはプリウスより30万円程度は安い価格設定となっており、それが中古車ユーザーの目には魅力的に映りました。

程度の良いアクアが、中古車で150万円程度で買うことができるのですから、在庫不足になります。そうなると在庫確保のため、中古車販売店ではアクアの買取りに力を入れます。これが、アクアの買取好調につながっているのです。

ちょどいいサイズ感

日本の自動車づくりは、いま世界を向いています。

かつては5ナンバーの車が多く、3ナンバーといえば高級車くらいなものでしたが、今では3ナンバーの大きなサイズの車が増えてきました。

大きな車を求めるのは主に欧米市場であり、欧米市場を向いた自動車メーカー各社は車の大型化にかじを切っていったのです。プリウスが3ナンバーサイズになっていったのも、欧米市場と無関係ではありません。

しかし大型化した車は、日本の狭い道ではどうしても取り回しがよくありません。

日本人にちょうどいいサイズのハイブリッドカーとして、フィットハイブリッドが人気が出てきたため、トヨタもそれに対抗するサイズの車を出す必要性に迫られていました。

それが「アクア」です。

「プリウスだとちょっと大きいけどハイブリッドカーは気になる」、そんなユーザーの心を捕らえました。

ダウンサイジングしたハイブリッドカー、アクアは当然ながら燃費性能も向上。

リッター40キロメートルという驚異の燃費を誇りました。

ちょうどいいサイズ感とそれがもたらした驚異の低燃費、これもアクアの高価買取につながっています。

攻めたカラーリング

ハイブリッドカーというと、きわめて保守的なカラーリングしかない印象ですが、アクアはカラフルな車です。

カラーラインナップは10色以上もあり、ホワイトやブラックといった無難な色から、オレンジやライムグリーンといった派手な色までそろっています。

カラフルなラインナップが、特に女性受けしています。街中を見てみると、カラフルなアクアを運転する女性の姿を多く見ます。

もちろん、アクアの中でも人気色や不人気色はありますが、不人気だからと言って大幅な買取マイナスがないのが、アクアのメリットです。

そもそも人気の高い車ですから、色の違いくらいは大して影響がないのです。

アクアの買取をしてもらう際には、カラーはあまり気にする必要がないかもしれませんね。

アクア高価買取を実現するために

トヨタのアクアは、プリウスと並んでトヨタの国内での好調を支えるけん引役でもあります。

そんなアクアを買い取りに出す時、どのようにすれば買取価格をさらにアップさせることができるのでしょうか。

アクアは「売り手市場」

新車販売も好調なアクアですので、中古車市場でも当然人気車種の1台となっております。

中古車市場で好調ということは、中古車の仕入れ先となる買取市場でも高額で買取してもらえます。

現在、アクアの買取りは「売り手市場」となっております。つまり、アクアをお持ちのオーナーさんが交渉においては有利に立てるのです。

どこの買い取り専門店、中古車販売店も売れ筋であるアクアは喉から手が出るほどほしい車。

アクアを手に入れるためなら、多少無理をしてでもゲットしたいという思いも強いでしょう。オーナーさん側としては、その気持ちをうまく利用するといいでしょう。

原則として、1社に決めて買取査定を依頼することはしないこと。

最低でも3社程度には買取査定は依頼しましょう。

手間を惜しまないのであれば、一括査定を利用して3社以上の買い取り業者に一気に査定依頼をしてもらうこと。

その際、オーナーさんが車を店舗までもっていくのは大変ですので、5社以上になったら出張査定の利用をお勧めします。

同時に査定をしてもらって業者同士で買取価格を競えば、オーナーさんは何もせずして買取価格がオークションのように上がっていきます。

アクアには、競り合ってでも落札しがいのある魅力があるのですから。

アクアの下取りはもったいない

しかし、出張査定で5社以上の業者を呼んでその場で競り合わせるというのは、気の強い人でないとなかなかできることではありません。

普通の人でしたら、3社程度の業者に自ら持ち込んで査定をしてもらうことになるでしょう。

この際、新たに新車を購入するのであれば、ディーラーで下取りをしてもらう手もあります。ただし、ことアクアに関しては下取りはお勧めしません。

買取と比べて下取りは、査定が厳密に行われませんので、アクアの高価値までしっかりと加味した査定が出るとは限らないからです。

多少手間がかかっても、新車購入とアクアの買取は別の店舗で行った方がいいでしょう。

事故車でもアクアなら高額買取の可能性も

事故車ならば通常は廃車処分されるものですが、アクアならば廃車にしてお金を払うのはもったいないです。

可能であれば、事故車を買い取ってくれるお店も数軒はしごして選ぶといいでしょう。アクアは、事故車となってもなお高額査定をつけられる車なのですから。

ハイブリッドカーですので、さすがに水没してしまうと厳しいかもしれませんが、リア部分の損傷のみであれば高額買取は期待できます。

フロント部分にあるエンジンなど主要部分は無事である可能性が高いからです。

リアシートにまでダメージが及んでいなければ、リアシート下にあるバッテリーも無事な可能性が高いです。

パーツとして購入するとかなりの高額となりますので、この辺りは注目です。

グレードの高いアクアはやはり高額査定

アクアはどのグレードであっても買い叩かれる心配がない、安心の車です。

しかし、より高額査定を狙うならばグレードの高いアクアはやはり強いです。

比較的低いグレードのS、L、Gよりも、X-URBAN、ソフトレザーコレクションといったハイスペック、高級なグレードの方がやはり高額買取にはなります。

査定を行ってもらう際には、該当グレードであることをしっかりアピールするのを忘れないでください。

多くの人に人気のある車ですので、好みの分かれる社外パーツを装備するよりは、純正パーツを装着した方がリセールバリューも高くなります。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る