アウトランダーが高く売れる理由は?買取価格相場と高価買取してもらう方法

現在、三菱自動車で最も売れている登録車は何だと思いますか?

三菱といえばパジェロ、いやいや、ミニバンブームだからデリカあたりかと思った皆さん、それは間違いです。

現在、三菱自動車の登録車の稼ぎ頭、それは「アウトランダー」なのです。

アウトランダーとはどのような車か

アウトランダーの中でも売れ筋なのが、アウトランダーPHEVというモデルです。

PHEVとは、「Plug-in Hybrid Electric Vehicle」の略なのですが、簡単にいうと電気自動車とハイブリッドカーの中間のようなものです。

ハイブリッドカーは、走行する際にモーターのアシストを受けながらエンジンを回していきます。つまり、ハイブリッドカーとはいえ、ガソリンは常に消費しているというわけです。

一方の電気自動車は、完全に電気の力のみで走りますのでガソリンは全く消費しません。

しかし、バッテリー切れを起こしてしまう不安が付きまとっていました。そんな両者の不安を一気に解決するのがPHEVです。

通常は電気自動車のように電気の力だけで走行をしていますので、バッテリーがある限りガソリンは1適も消費しません。

いざバッテリー切れを起こしても、今度はガソリンエンジンの走行に切り替わりますので、バッテリー切れを起こしても立ち往生の心配がないのです。

このような性格を考慮すると、アウトランダーPHEVはハイブリッドカーよりも電気自動車寄りの車というわけですね。

特にヨーロッパで人気

アウトランダーPHEVは、特にヨーロッパにおいて高い支持を集めています。

ヨーロッパは車の環境対策に熱心なエリアで、特にドイツの車メーカーはクリーンディーゼルを積極的に導入しており、そのシェアもガソリンエンジンに肉薄するほどです。

そんなエコに熱心なヨーロッパの人々に、普段は電気自動車、いざという時にハイブリッドカーのアウトランダーPHEVはどストライクだったのでしょう。

走りはどうか

しかし、ベースがSUVであるアウトランダーPHEV、やはり走行性能が気になってしまいます。

車好きの人でしたら、路面に合わせて最適なモードを自分で選べるのがいいでしょうが、ほとんどの人はそんなの面倒と考えているでしょう。

アウトランダーPHEVは「Dレンジ」に入れたままで、車が街中や悪路、山道や高速道路など路面の状況を察知してくれ、それぞれに最適な走行モードを選んでくれるのです。自分が今どんな走行モードで走っているかは、ディスプレイやメーターでも確認できます。

バッテリーが残っていれば「Ev走行モード」でガソリンを1適も使わない走行が可能で、街中の運転などに重宝します。

パワーが必要な上り坂などではエンジンが主役でモーターがアシスト役の「パラレル走行モード」、エンジンで電力を発電し、その電力を使ってモーター走行を行なう「シリーズ走行モード」もあります。

生活シーンにも活躍するアウトランダー

アウトランダーPHEVは車としての活躍ももちろんですが、蓄電池としての活躍も大いに期待されています。

すでに日産のリーフが「LEAF to HOME」ということで、車を家の蓄電池として使うモデルを確立されていますが、アウトランダーPHEVも同様のことが可能です。

アウトランダーに充電をする際には、電気料金の安い夜間に行えばランニングコストを大幅に削減できます。万が一地域が停電になった時には、アウトランダーPHEVから電気を供給する「スマートハウス」も可能です。

いわば「動く大容量蓄電池」の期待も持てるアウトランダーPHEV、本体価格が350万円程度するのもこれを考えれば決して高くはありません。

アウトランダーは単なる車の範疇を越えた車だからこそ、買取でも高い人気を誇っているのです。

アウトランダー高価買取を実現するために

現在、三菱自動車で最も売れているのが、ミドルサイズのSUV「アウトランダー」です。

このジャンルは、日産エクストレイルやホンダのヴェゼル、スバルのフォレスターなどライバルも多いですが、2005年から製造されている古参のアウトランダーも決して負けてはいません。

そんなアウトランダーですが、より高価買取をしてもらうにはどうすればいいのでしょうか。

PHEVは絶対に高値で売れる

アウトランダーで最も注目を集めているのが、プラグインハイブリッドカーであるアウトランダーPHEVです。

通常のアウトランダーと比べると、本体価格で100万円ほど高くなっているため、中古車市場にもなかなか出回っていません。

買取市場では厳しい立場にあるといえる三菱車ですが、アウトランダーはその中でも例外です。希少価値の高いPHEVならばさらに別格中の別格であり、250万円近い買取金額も期待できるのではないでしょうか。

電気自動車やPHEVでは、どのような充電のされ方をしているかも大きなポイントです。

街中でバッテリーがなくなった時、あるいはすぐに出かけなければならないときは急速充電が便利ですが、急速充電はバッテリーの消耗を早めます。

普段から急速充電を多用している人は、買取でも少し不利に働くでしょう。

ガソリンエンジンで走行もできますので、極力急速充電ではなく通常充電を使うようにしてください。

地域、シーズンによって傾向がある

SUV全般に言えることですが、特に悪路の多い地域での買取が高い傾向にあります。

北海道や東北、北陸といった雪が多い地域ではSUVの需要が多いからです。東北地方の沿岸部では、さほど雪は積もらなく晴天の日もあるため、PHEV向きともいえます。

家が太陽光発電を取り入れていれば、その電力をアウトランダーPHEVにためておけるからです。

ただし、寒い地域ではバッテリーの消耗も早いため、バッテリーの消耗が少ない状態のアウトランダーPHEVが好まれるでしょう。

また、アウトランダーをほしがる人は、本格的な冬が来る前に購入したいと考えるはず。そうなれば、それよりもちょっと前の時期に買取に出せば高価買取も夢ではありません。

ガソリンエンジンも買取需要が高い

PHEVと比べて本体価格が100万円以上安いアウトランダーのガソリンエンジンモデルですが、買い叩かれることはありません。

そもそも基本スペックが非常に高い車であり、7人乗りができる点が大きなポイント。大人数で乗れる車はほしいけどミニバンは嫌だ、そんな方にはうってつけの車なのです。

ライバルと比べてもお値打ちな点もポイントです。

ヨーロッパでアウトランダーが人気なのは、その燃費性能の良さですが、日本でアウトランダーが人気なポイントは安全性能の高さです。

衝突を回避し、万が一衝突しても被害を最小限にするアイアシストを搭載している「セーフティーパッケージ」は、買取市場でも高い人気を誇っています。

それ以外にも、安全性能を高めているグレードのアウトランダーは、全体的に買取金額が高いです。

初代よりも2代目がいい

現行のアウトランダーは2代目ですが、初代と比較すると2代目の方が買取金額は高いです。

アウトランダーが日の目を浴びるようになったのも2代目ですので。

人気の色は

日本で車を買い取ってもらう際、パール系やブラック系、シルバー系の人気が高いのですが、アウトランダーも決して例外ではありません。

アウトランダーにはホワイトパール、ブラック、グレーメタリックなどがあり、これらが人気カラーとなっています。

エクストレイルなどは赤が人気カラーですが、アウトランダーはもう少し落ち着いたカラーの方が人気が出るでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 車を見ただけで、乗ると思っただけでもう本当に酔ったような気分になってしまう方は案外と多いのかもしれま…
  2. イギリスBBCで放映されている大人気自動車番組「トップギア」。 これまでも気に入らない車は徹底…
  3. ドライバーとしてはある意味天敵とも呼べるパトカー。 クラウンやスカイラインなどセダンタイプの車…
  4. 大ヒットし多くの人から愛された車がある反面、人気が集まらず全く脚光を浴びないまま人知れず消えていった…
  5. このサイトでは、車を売る方法を色々と紹介していますが、安全に高く売るには車買取専門店が最も適していま…

最近の投稿

ページ上部へ戻る